島田昌典、活動30周年記念ライブにていきものがかり・秦 基博・back numberと共演!

2014年11月5日 / 17:00

音楽プロデューサー 島田昌典が今年で活動30周年を迎えたことを記念し、氏が楽曲を手掛けるいきものがかり、秦 基博、back numberが出演するライブが11月4日(火)に日本武道館で行なわれた。

チケットがSOLD OUTとなった本公演の会場は、バックスタンド席を含め1万人のファンで埋め尽くされ、ステージには氏のプライベートスタジオ「Great Studio」を再現し、そこにアーティストが訪ねてくるという他に無いコンセプトに沿って3つのソファが置かれており、アーティストがステージに登場すると、そのソファで島田氏と談笑するシーンも見られた。

ライブ前半はアコースティックセッションとなり、back numberはインディーズ時代に作られた島田氏初プロデュース曲「風の強い日」をアコースティックのギターとベース、カホンというバンドセットで島田氏のピアノと共演。スタジオで始まったセッションを覗いているかのようなコンセプトにふさわしい幕開けとなった。続くいきものがかりは島田氏のプロデュースによってデビューから大ヒットとなり、いきものがかりの、そして日本の桜ソングの代表曲となった「SAKURA」を、島田氏のピアノといきものがかり3人で、ストリートライブ時代を思い出させるアコースティックセッションで熱唱し、会場に集ったファンの心を惹きつけた。秦 基博はこの夏No.1大ヒット映画となった『STAND BY ME ドラえもん』の主題歌で、現在ロングヒット中の「ひまわりの約束」を、こちらも島田氏のピアノとスペシャルセッションで披露した。本楽曲はアコースティックギターがとても印象的な曲だが、この日のピアノアレンジバージョンでは、ピアノの美しい音色に甘く力強い歌がのることで、涙を流すファンも見られる特別な時間となった。アコースティックセッションのラストは島田氏、いきものがかり吉岡、秦 基博、back number清水でaikoの「カブトムシ」を演奏。5年前に島田氏、いきものがかり、秦 基博による島田会で演奏した同曲はもはや伝説となっていたが、そこにback number清水が加わったことでより力強さが増し、アーティストと島田氏のみのアコースティック演奏というシンプルな編成だけに、3人のボーカルのハーモニーをより感じることが出来、会場を包み込んだその歌は奇跡的な空間を演出していた。

その後はバンドセッションとなり、秦 基博といきものがかり吉岡による「朝が来る前に」、back numberと秦 基博による「花束」等、この日しか見られないコラボレーションのオンパレード! 「茜色の約束」ではいきものがかりとback number清水という今回新たに見られる島田会コラボとなり、吉岡の歌声に重なりあう清水のコーラスは非常に心地よく、全く目が離せないステージとなった。最後はいきものがかりの「KIRA☆KIRA☆TRAIN」を出演者全員で演奏し、大歓声の中ライブは終了した。しかし鳴り止まないアンコールに出演者が登場し、会場は再び沸き返る。

アンコールでは「僕には音楽しかないので、最後に皆とこの曲をやろうと思います!」と島田氏が言うと、出演者全員によるいきものがかりの「帰りたくなったよ」を披露した。島田氏による印象的なピアノに壮大な弦の音が広がる名イントロが再現され、吉岡、秦、清水の歌が重なりあう光景はまさに奇跡の一夜に居合わせたように感じられ、音楽で繋がった島田会の全てが詰まった濃厚な時間をもってライブは幕を閉じた。本公演はWOWOWでの放送が決定しているので、そちらも是非チェックしてほしい。

ライブで大きな感動を生んだ名曲たちが詰まった『島田印-島田昌典ワークス・ヒットコレクション-』。是非このCDも手にとって、アーティストの楽曲が持つ力強さや美しさを最大限に引き出す島田氏の名プロデュースワークを堪能して欲しい。一家に一枚は置いておきたい必聴盤だ。

photo by 冨田望

【セットリスト】
01.風の強い日

02.SAKURA

03.ひまわりの約束

04.カブトムシ

05.島田昌典プロデュース作品インストメドレー

06.fish

07.恋

08.朝が来る前に

09.茜色の約束

10.青い蝶

11.花束

12.マイサンシャインストーリー

13.グッバイ・アイザック

14.KIRA☆KIRA☆TRAIN

15.帰りたくなったよ

アルバム『島田印-島田昌典ワークス・ヒットコレクション-』
発売中

BVCL-588/¥2,500+税

<収録曲>

01. 「SAKURA」 いきものがかり

02. 「あとひとつ」 FUNKY MONKEY BABYS

03. 「グッバイ・アイザック」 秦 基博

04. 「YOU -Single Version-」 JUJU

05. 「花束」 back number

06. 「歓びの種」 YUKI

07. 「ツバサ」 アンダーグラフ

08. 「ギブス」 JUJU

09. 「春夏秋冬」 スガ シカオ

10. 「フルール」 近藤晃央

11. 「遠い匂い」 YO-KING

12. 「帰りたくなったよ」 いきものがかり

13. 「朝が来る前に」 秦 基博


音楽ニュースMUSIC NEWS

Mary’s Blood、3カ月連続ライブ『鋼鉄伝説』でゲストの小野正利とコラボパフォーマンスを披露

ジャパニーズロック2021年9月29日

Mary’s Bloodのシリーズ・ライヴ『鋼鉄伝説・下』が9月23日に目黒鹿鳴館にて開催された。この『鋼鉄伝説』シリーズは、7月に『上』、8月に『中』、今回の9月の『下』に渡るマンスリーライブとして完結する、企画色の高いライヴ … 続きを読む

森 大翔、ギタースキルが垣間見える「日日」MV公開

J-POP2021年9月29日

 森 大翔のデビューシングル「日日」のミュージック・ビデオがYouTubeで公開された。https://youtu.be/T-S61PIlDEw  本日9月29日にリリースされた「日日」は、歌とギターのみのシンプルな弾き語りナンバー。森 大 … 続きを読む

HANCE、季節の変わり目をテーマにした大人のラブソング「left」配信リリース 海辺を舞台としたMVティザーも公開

J-POP2021年9月29日

 シンガーソングライター・HANCEの7thシングル「left」が、配信リリースされた。  本作は、大人の男の色気を漂わせた、秋を感じさせるメロウで切ないミディアムナンバーだ。HANCEは「大人のラブソングを私小説風にイメージして作った」と … 続きを読む

森 大翔、デビューシングル「日日」のMV公開

ジャパニーズロック2021年9月29日

9月29日に配信リリースとなった森 大翔のデビューシングル「日日」のMVがYouTubeで公開された。 「日日」は、歌とギターのみのシンプルな弾き語りナンバー。MVでは、ギターを演奏して歌う森 大翔をシンプルに撮影した内容で、『Young … 続きを読む

Mary’s Blood、目黒鹿鳴館にてシリーズライブ「鋼鉄伝説」2回目を開催!小野正利と奇跡のコラボを披露!

ジャパニーズロック2021年9月28日

Mary’s Bloodのシリーズ・ライヴ“鋼鉄伝説・下”が9月23日に目黒鹿鳴館にて開催された。この“鋼鉄伝説”シリーズは、7月に「上」、8月に「中」、今回の9月の「下」に渡るマンスリーライブとして完結する、企画色の高いライヴ … 続きを読む

amazon

page top