SPYAIR脱退騒動、AKB総選挙速報首位は指原、EXILEが新体制は津SG、チャートはセクゾン&嵐が上位独占:今週の邦楽まとめニュース

2014年5月24日 / 11:00

 今週はバンドシーンのニュースからお届け。全国ツアー中だったSPYAIRだが、ボーカルのIKEがTwitterで突如脱退を表明し、ファンは一時騒然。その後、オフィシャルHPにて予定していたツアーの全日程を発表。IKEの脱退については「ボーカリストとしての責任の重大さと、病状が悪化したことによる理由からのものであり 今後のSPYAIRの活動についてはIKEの回復状況を診つつ、改めて当サイトにて報告いたします。」と説明した。

SPYAIRのボーカルIKEがTwitterでバンド脱退を表明
SPYAIRがツアー全日程の中止を発表、IKE脱退については「改めて報告」

 初の全世界ベストアルバムのリリースを控えるX JAPANが、CD発売に先駆け5月21日よりiTunes Storeにて一部内容が変更されている『X JAPAN WORLD BEST』を、全世界111か国で配信スタート。HIDEのために書き下ろされた名曲「Without You」も収録されている。また、鬼龍院翔が作詞作曲を手掛けたゴールデンボンバー「女々しくて」が、JASRACの著作物使用料の分配額が多かった作品に贈られる【2014年 JASRAC賞】の金賞に輝いている。新作関連ではONE OK ROCKが、7月30日に約1年半ぶりとなるニューシングル『Mighty Long Fall / Decision』をリリースすることが明らかに。キリンジも新体制となって初のアルバムをリリースするようだ。

X JAPAN ベスト盤発売前にHIDEのため書き下ろした「Without You」などを世界配信
インディーズ初、ゴールデンボンバー「女々しくて」がJASRAC賞金賞に
ONE OK ROCK 約1年半ぶりとなるシングル『Mighty Long Fall / Decision』発表
UVERworld 夢の世界をもとに描き出した「7日目の決意」シングル発売へ
MUCCのライブに“ムック”らが乱入、ガチャピンとは初共演に
KIRINJIが新体制となって初のアルバム発売決定&9月からは全国ツアーも
パスピエ 『幕の内ISM』から意味深な新作ティザーMV公開
テスラは泣かない。 最新アルバムを引っさげての東名阪ツアー発表
ナカコー 新ツアーに田渕ひさ子、345、沼澤尚を再び招聘
覆面天狗バンド“ディスビズ”同じ曲3発&エルレ「ジターバグ」カバー

 アイドルシーンではやはりAKBの選抜総選挙に注目が集まる。総選挙の投票用シリアルナンバーカードが封入されている最新シングル『ラブラドール・レトリバー』がリリースされ、速報が発表。指原莉乃が首位スタートし、留学という形で初参加となった乃木坂の生駒里奈(56位)といった注目メンバーがランクイン。最終結果は6月7日 東京・味の素スタジアムで行われる開票で明らかになる。

AKB48 指原が総選挙V2へ向け1位発進、新作『ラブラドール~』は初日売り上げ更新
AKB48春の国立公演 ライブDVDからダイジェスト映像公開

 現在ラストツアー開催中のBiSは最後の関西遠征を実施。某大物アーティストのお面をつけた彼女たちは「ダメ、ゼッタイ」と言った直後に拳を振り上げながら、かの名曲を禁断カバー。“BiSなりの覚醒剤撲滅キャンペーン”を見せつけた。また、でんぱ組.incは、7月30日にニューシングル『ちゅるりちゅるりら』と、ライブDVD『ワールドワイド☆でんぱツアー2014 in 日本武道館~夢で終わらんよっ!~』をリリースすることが決定している。

BiS 前代未聞の生誕祭&覚醒剤撲滅キャンペーンであの名曲を禁断カバー
でんぱ組 『カップヌードル』CMソングをCD化&武道館公演をライブDVD化
Cheeky Parade お笑い芸人らとコラボステージで新たな才能開花?
アップアップガールズ(仮) 中野サンプラザ決戦から1か月後に新作発売
攻めるアイドル“ゆるめるモ!” 初のフルアルバム&ワンマン公演発表

 男性陣からは新メンバー5名が加入し19人体制となった新生EXILEが7月23日にニューシングル「NEW HORIZON」をリリースすることを発表。フジテレビ開局55周年記念イベントのテーマ曲にも起用され、大人気企画「居酒屋EXILE」もオープンすることが発表された。今年のサマソニに初登場することも話題のTOKIOだが、メンバーの城島茂が日本テレビ系『24時間テレビ』のチャリティーマラソンランナーに決定した。

EXILEが19名となった新体制で7月新曲リリース&居酒屋えぐざいるも
関ジャニ∞、10周年ライブ「十祭」開催を発表 村上信五「にぎやかに盛り上げていきたい」
TOKIO城島24時間テレビのマラソンランナーに決定 「ワクワクしています」
日本レコード史上初のミリオン達制作、井上陽水『氷の世界』40周年盤が登場
平井堅 コンセプトカバー集から「切手のないおくりもの」のMV公開
蜜矢 BiS先輩に遠く及ばず、自転車ツアーに心折れるも「歌うしかない」

 女性陣からは新作の話題が続々。浜崎あゆみが7月2日にリリースするニューアルバムからの新曲6曲をファンクラブ会員限定で先行配信をスタート。6月4日にコラボシングルをリリースする“ミカミリ”こと中島美嘉×加藤ミリヤは2014 FIFAワールドカップ公式アルバムアジア代表ソング「Fighter(Tachytelic World Cup Brazil 2014 Remix)」と「Gift」のミュージック・ビデオを公開している。5月27日 東京・SHIBUYA-AXにてワンマンライブを開催する後藤まりこは5月10日に都内各所にて軽トラック上でのライブを行い、動画配信などでPR。果たしてAXは埋まるのか?

浜崎あゆみが7月リリース最新ALから6曲をファンクラブ限定で先行配信
中島美嘉×加藤ミリヤ 2014 FIFAワールドカップ公式曲のMV公開
中島美嘉×加藤ミリヤ 共同作詞のコラボ曲「Gift」のMV公開
後藤まりこ 閉館間近のSHIBUYA-AXで奇跡の大入りなるか?

 最後はチャートニュース。シングル総合チャート“Billboard Japan Hot100”はSexy Zone「King & Queen & Joker」がシングル・セールスで他を圧倒し首位に。更に2、3位には嵐の楽曲がチャートインし、ジャニーズ勢が上位を独占する結果となった。アルバムチャート、アニメチャートでは『アナと雪の女王』が強さを見せつけた。

Sexy Zone「King & Queen & Joker」首位、嵐2、3位とジャニーズ勢上位独占
雪の女王が再びアニメチャート首位返り咲き、fripSideは初登場4位に
アナ快進撃止まらず3週連続1位! シングル部門はファンキー加藤が善戦

その他今週の邦楽ニュースはこちら
ビルボード×新代田FEVER コラボイベントが7月に始動、第一弾にLEO IMAIとSchroeder-Headz
TM NETWORK 小室哲哉も大暴れの千秋楽「THANKS The FANKS!!」次は今冬
AAA 20万人動員の全国アリーナツアー開始、「ワンピース」主題歌も披露
FLOWER FLOWER 配信リリース曲「神様」の未発表映像公開


音楽ニュースMUSIC NEWS

城 南海、「産声」MV公開&初のYouTube生配信を実施

ニュース2021年1月27日

城 南海が1月27日(水)にリリースした10thアルバム『Reflections』より、森山直太朗作詞作曲の「産声」のミュージックビデオが解禁された。 ディズニー実写映画『ムーラン』の日本版主題歌に抜擢され、注目を集める奄美大島出身の歌姫・ … 続きを読む

AK-69、『LIVE : live from NAGOYA』のライブDVDをリリース! ¥ellow Bucks、R-指定、SWAYらのコメントが到着

ニュース2021年1月27日

AK-69が地元愛知のシンボルかつ国の重要文化財でもある“名古屋城”を背負って開催した配信ライブ『AK-69 LIVE:live from NAGOYA』のライブDVDと配信限定でライブ音源をリリースした。 エンターテイメント業界全体がコロ … 続きを読む

PLASTICZOOMS、アルバム『Wave Elevation』から「The Letter」のMV公開

ジャパニーズロック2021年1月27日

PLASTICZOOMSが1月27日(水)にアルバム『Wave Elevation』を配信リリースした。 今作は”気の上昇”をテーマにグラデーションを魅せる全12曲を収録。80’s~現在のアンダーグラウン … 続きを読む

『SUCCESS STORY』から振り返る広瀬香美が“冬の女王”と成った必然

ジャパニーズロック2021年1月27日

広瀬香美の新作『歌ってみた 歌われてみた』が1月27日に発売となった。カバー(=歌ってみた)を5曲、他アーティストとのコラボによる自身のセルフカバー(=歌われてみた)を5曲、さらには過去YouTubeやTV番組で披露された即興曲、通称“作っ … 続きを読む

ビッケブランカ、5thシングル「ポニーテイル」の新ビジュアル&アートワークを公開

ジャパニーズロック2021年1月27日

ビッケブランカが、3月17日(水)にリリースするシングル「ポニーテイル」のジャケット写真とアーティスト写真を公開した。 今作のアートワークも、ファッションや広告などあらゆるシーンで幅広く活躍するアートディレクターのとんだ林蘭が担当。表題曲の … 続きを読む

page top