AKB48チームK 悔しさバネに臨んだ【最終ベルが鳴る】公演に大島優子サプライズ出演

2014年4月17日 / 18:30

 4月16日 AKB48劇場にて、チームKによる【最終ベルが鳴る】の千秋楽公演が行われ、大島優子がサプライズ出演した。

 最終日ながら、いつもと同じ雰囲気で進んだ本公演。しかし、最後の1曲「支え」を披露する際に1人ひとりファンへ感謝の想いを伝えていくと、堪えきれず涙を流すメンバーの姿も。そんな中、倉持明日香の「この大島チームKの千秋楽は、この人なしでは終われません!」という呼びかけから、元気な笑顔で大島が登場して会場を沸かせる。

 大島は「みんなの一言一言を聞いていましたが、「このチームで良かった」という言葉を聞けて、大島チームKのキャプテンで良かったと本当に思いました」とメッセージ。そして悔しい思いもしつつ【最終ベルが鳴る】の開催に臨んだことを振り返りながら、「みんなに約束してほしいのは、新しいチームを好きになって、メンバーを好きになって、更にもっとAKB48を好きになって、愛して、そして活動していってほしいということです。そうすればもっとみんなも輝くし、AKB48ももっと輝くし、どんどんどんどん盛り上がると思うんです。なので、「輝くことを約束してください」。自分の気持ちを大切にして、隣にいる人のことを大切にして、常に笑顔を絶やさず輝き続けてください。私も「みんながんばってるな」と思いながら自分の道を頑張っていきたいと思うので、宜しくお願いします」と伝え、チームKを応援してくれたファンに感謝の言葉を贈った。

 また、公演中には2月の【AKB48グループ 大組閣祭り】によってJKT48への移籍が決まっている近野莉菜の壮行会も実施。近野は「JKT48に行ってから目標があります。今年から始まったJKT48の総選挙に来年から参加できるので、JKT48では選抜を狙って、先に行っているはるごん(仲川遥香)という素敵なお手本がいるので、インドネシア語を教えてもらって歌もダンスも、みんなに溶け込めるようになって、選抜の上位を狙いたいと思います」と新天地での活躍を誓った。

 (C)AKS

◎大島優子 公演中のコメント(一部抜粋)
みんなの一言一言を聞いていましたが、「このチームで良かった」という言葉を聞けて、大島チームKのキャプテンで良かったと本当に思いました。
最初キャプテンを任された時はどうしようかと思っていたのですが、どんどん大島チームKとしての活動を増やしていったときに、大島チームKにしかできないことをしたいなと思って、常に毎日のようにメンバーの事を考えているときもありました。みんながあまりいい状態ではなかった時があったり、公演の評判が良くなかった時もありました。その時みんなで集まって、気持ちをぶつけ合おうと、みんなで涙しながら話した思い出があります。でもあの時、あの瞬間、あの時期を乗り越えた私たちはすごく強くなりました。ですが、私が卒業発表してすぐに組閣発表がありました。その時に「大島チームKのせいで組閣があるんだ」という声が聞こえてきました。すごく悔しかったです。だからこそそんな風に思っている人たちに、そんな風に思わせない私達力があるんだと思ってこの「最終ベルが鳴る」公演をやろうと決めました。あの時決断して良かったと思いました。「最終ベルが鳴る」は、アクの強かった2期生の印象もあるので、今の大島チームKでそれを乗り越えられる?頑張れる?とメンバーに聞いた時、「私達ならできると思う」と力強く言ってくれて、組閣5日前くらいにやることになりました。最初のリハーサルの時のみんなの意気込みとか姿勢、目の輝きとか全然違くって、私も、あぁ大島チームKをやっていてよかったと卒業発表してから思いました。
みんなに約束してほしいのは、新しいチームを好きになって、メンバーを好きになって、更にもっとAKB48を好きになって、愛して、そして活動していってほしいということです。そうすればもっとみんなも輝くし、AKB48ももっと輝くし、どんどんどんどん盛り上がると思うんです。なので、「輝くことを約束してください」。自分の気持ちを大切にして、隣にいる人のことを大切にして、常に笑顔を絶やさず輝き続けてください。私も「みんながんばってるな」と思いながら自分の道を頑張っていきたいと思うので、宜しくお願いします。
そしてみなさま、大島チームKを応援してくださってありがとうございました。

◎近野莉菜 公演中のコメント(一部抜粋)
明日からは「JKT48の近野莉菜」として活動していきますが、本当にAKB48に居た時間が濃くて、約7年居させていただき歌もダンスもできるようになって、年齢も20才と言う大人になって、皆さんに支えてもらって活動することができました。JKT48に行ってから目標があります。今年から始まったJKT48の総選挙に来年から参加できるので、JKT48では選抜を狙って、先に行っているはるごん(仲川遥香)という素敵なお手本がいるので、インドネシア語を教えてもらって歌もダンスも、みんなに溶け込めるようになって、選抜の上位を狙いたいと思います。そのためには皆さんの応援も必要です。私がJKT48に行ったからといって推し変しないでください。今は不安の気持ちもありますが、向こうに移住して一所懸命、今ジャカルタで勢いのあるJKT48に食らいついて自分なりに頑張りたいと思うので、引き続き変わらず応援宜しくお願いします。


音楽ニュースMUSIC NEWS

Leola新曲がクイズ番組『トリニクって何の肉!?』7月・8月度エンディングソングに決定

J-POP2020年7月7日

 10代~20代を中心に人気のシンガー・Leolaの最新曲「ふたり feat. JAY’ED」が、本日7月7日に配信リリースされた。  自身初となるLDH所属アーティストとのコラボレーション楽曲である「ふたり feat. JAY … 続きを読む

チャート好発進のBLACKPINKをプッシーキャット・ドールズが祝福

洋楽2020年7月7日

 BLACKPINKの新曲「How You Like That」が米ビルボードのデジタル・ソング・セールス・チャートで女性グループ最高位を獲得した。  7月11日付の同チャートで初登場2位を記録した同曲は、プッシーキャット・ドールズの「ドン … 続きを読む

石崎ひゅーい、宮沢賢治『銀河鉄道の夜』を朗読

J-POP2020年7月7日

 石崎ひゅーいによる宮沢賢治『銀河鉄道の夜』の朗読が配信される。  あらゆるジャンルの出演者が、名作文学作品を朗読する新感覚の配信企画「深夜文学」がスタート。第1弾となる石崎ひゅーいは、孤独な少年ジョパンニが、友人カムパネルラと銀河鉄道の旅 … 続きを読む

『シュート・フォー・ザ・スターズ、エイム・フォー・ザ・ムーン』ポップ・スモーク(Album Review)

洋楽2020年7月7日

 今年2月、米ハリウッド・ヒルズの自宅で、何者かに射殺されたポップ・スモーク。2019年にデビューしたばかりということもあり、誰もが知る大ヒット曲はないままその生涯を終えたが、ニッキー・ミナージュとスケプタをフューチャーしたデビュー曲「We … 続きを読む

スターダスト☆レビュー、“新型コロナ対策ライブ”を8月に野音で開催

J-POP2020年7月7日

 7月22日にアルバム『年中模索』をリリースするスターダスト☆レビューが、8月30日に日比谷野外大音楽堂でライブを行う。  全国野外ツアー9公演を含む18公演が中止・延期となる中、5月にはソーシャルディスタンス☆アコースティックライブの生配 … 続きを読む

page top