福山雅治、5年ぶりのニューアルバム『HUMAN』試聴会を開催!

2014年3月22日 / 00:00

4月2日に約5年ぶり通算11作目となるオリジナル・フルアルバム『HUMAN』をリリースする福山雅治。そのリリースに先がけて3 月21日、JFN全国38局リスナーを招いた試聴会が東京、大阪、名古屋、福岡、札幌の5カ所で同時開催された。

「いい音で楽しんでいただきたい」という福山本人の希望のもと、東京では実際にレコーディングで使われたことがあるというスタジオでの試聴会。厳正な抽選のもと選ばれたわずか20名ほどのリスナーの静かな熱気に包まれるなか、作品の全貌は明かされた。「クスノキ」からスタートする2枚組アルバム。Disc1は、書き下ろしの新曲ばかりを収録している。

厚みと勢いのあるギター・リフが気分を高揚させ、またストイックな自身の音楽スピリットを表現したかのようなタイトル・チューン「HUMAN」。ドラマティックなサウンドで描いたバラード「暁」といった、ラジオやCM等でもOAになっている楽曲の他に、休日の午後にまったり聴きたくなるアコースティック・レゲエ、ホーンを駆使したファンキーなグルーヴと歌謡曲っぽいメロディが融合したスリリングなナンバー、ギターで甘く妖艶な世界を描くロック、さらにはノスタルジックな気分にさせるミディアム・フォークなど、多様なサウンドを駆使し彼自身の音楽性の幅広さを感じさせながらも、彼の声や表情がストレートに耳に響いてくる仕上がり。音響のいいスタジオで聴いていると、耳元で歌っていると思えるほどの臨場感を味わえたほどだ。また歌詞も、ストレートに愛を綴る楽曲もあれば、また普段着でリラックスしているような姿が浮かぶ内容もあるなど、彼の飾らない「人間味」を感じさせるものになっている。

いっぽうのDisc2では、2011年以降にリリースしたシングル曲を、再度ミックス、マスタリングをして収録。冒頭を飾る「家族になろうよ」に代表されるバラードでは、より歌の持つ美しさを強調。「GAME」といったアグレッシヴなナンバーは、ギターをはじめ音の粒だちがさらにくっきりとし、ライヴ感が上昇。そして「生きてる生きてく」など、グルーヴが印象的なナンバーはよりそれを強調させたものへと深化。どれも濃厚な仕上がりになっている。また、ラストにはKOH+で発表した「恋の魔力」をセルフカバー。オリジナルのポップ感を残しながらも、よりロックな世界に仕上げている。これら収録曲はシングル・ヴァージョンと聴き比べると、より面白さが伝わりそうだ。

全18曲、約80分におよぶボリュームがありながらも、さまざまな音で構成されているせいか、あっという間に聴き終えてしまう作品。そこからは(自身の脳内画像をアルバム・ジャケットにしたことからもわかるように)福山雅治の人間像に迫れると同時に、ギタリスト(演奏者)としてのポテンシャルの高さも感じられる。実は、本作Disc1のギターパートはほぼ全て自身のみで演奏、時には恍惚とさせる圧巻のテクニックを駆使するなど、全曲をより聴きごたえのあるものに昇華させている。

つまりアルバム『HUMAN』は、人間としてミュージシャンとし進化し続ける福山雅治の現在を余すところなくとらえた内容といえよう。

取材・文:松永尚久

アルバム『HUMAN』
2014年4月2日発売

【初回限定MUSIC CLIP COLLECTION DVD付盤】

UUCH-9050/¥5,100+税

【初回限定 グッズ付 盤】(2CD+特製グッズ)

※オリジナルデザイン スペシャルマフラータオル付き

UUCH-9051/¥4,600+税

【通常盤】(2CD)

UUCH-1078/9/¥3,600+税

<収録曲>

■DISC-1

1. クスノキ

2. Prelude

3. HUMAN (アサヒ スーパードライ CMソング)

4. とりビー!

5. ミスキャスト

6. 246

7. Cherry

8. 暁 (アサヒ スーパードライ ドライプレミアムCMソング)

9. 昭和やったね

■Disc2

1. 家族になろうよ( ゼクシィCMソング)

2. fighting pose (WOWOW開局イメージソング)

3. 生きてる生きてく( 映画ドラえもん「のび太と奇跡の島 ~アニマルアドベンチャー~」主題歌)

4. Around the world (アサヒ スーパードライ CMソング)

5. Beautiful life( P&G SK-II CMソング)

6. GAME (テレビ朝日系列ロンドン・ソチ五輪放送テーマソング)

7. 誕生日には真白な百合を( TBSテレビ 日曜劇場「とんび」主題歌)

8. Get the groove (アサヒ スーパードライ CMソング)

9. 恋の魔力 (フジテレビ系ドラマ「ガリレオ」主題歌)

アルバム『HUMAN』特設サイト

http://um-llc.jp/fukuyama/


音楽ニュースMUSIC NEWS

【ビルボード】JO1『The STAR』が16.6万枚でALセールス首位 BTS/浦島坂田船が続く

J-POP2020年11月30日

 JO1の『The STAR』が初動3日間で145,356枚、当週166,188枚を売り上げて、2020年12月7日付の週間アルバム・セールス・チャート“Billboard JAPAN Top Albums Sales”で首位を獲得した。 … 続きを読む

【ビルボード】=LOVE『青春“サブリミナル”』初週12.5万枚でSGセールス首位

J-POP2020年11月30日

 =LOVEの『青春“サブリミナル”』が初週125,003枚を売り上げて、2020年12月7日付の週間シングル・セールス・チャート“Billboard JAPAN Top Singles Sales”で首位を獲得した。  指原莉乃がプロデュ … 続きを読む

ビッケブランカ、岡崎体育と“つぶやき厳禁のシークレットパーティー”を生配信

J-POP2020年11月30日

 ビッケブランカが11月29日、岡崎体育とコラボシングル「化かしHOUR NIGHT」リリース記念生配信を行った。  「化かしHOUR NIGHT」は、日頃から音楽仲間・ゲーム仲間でもある2人が意気投合してリリースした友情ソングで、現在、ミ … 続きを読む

“千手観音”世界的ドラマー神保彰、サウンドも音楽性も異なるオリジナルアルバム3作を同時発売へ

J-POP2020年11月30日

 デビュー40周年を迎えた日本が世界に誇るトップドラマー、神保彰が2021年1月1日にオリジナルアルバム3タイトルを同時発売する。その詳細と最新ジャケット、アーティスト写真が公開された。  これまでのアルバム制作ではロスやNYへ飛び、現地ミ … 続きを読む

『プラスティック・ハーツ』マイリー・サイラス(Album Review)

洋楽2020年11月30日

 社会現象を起こしたドラマ『ハンナ・モンタナ』でブレイクしたのが、今から14年前の2006年。あのキュートなティーン・アイドルが、こういうカタチで変貌を遂げるとは誰が予想しただろう。そして今もなお、マイリーの進化は続いている。  同2006 … 続きを読む

page top