第5回目となる【HCW】広がるインディーの無限の可能性

2013年6月14日 / 13:00

今年で5回目を迎えた【Hostess Club Weekender】が、6月8、9日の2日間に渡って恵比寿ガーデンホールにて開催された。

 一日目、トップバターを託されたのは、インディアンズ。ステージ中央にスポットライトを浴び現れた彼らは「ニュー」からラストの「ディス・モーメント」までの間に、彼の美しき歌声とシンセイザーを巧みに操り、センセーショナルで壮大な世界観を、いともたやすく、たった一人で創り上げてしまう圧巻のアクトで幕をあける。

 次に登場したインクのエイジド兄弟も負けじと、兄、アンドリューが奏でるファンクでソウルフルなギターに、弟のダニエルが、幻想的でエレクトリックなシンセの音色を交錯させ、次世代のR&Bの形を予感させてくれるようなサウンドをオーディエンスに届けてくれた。

 3番手でステージインしたUKバンド、ジーズ・ニュー・ピューリタンズ。スペシャルゲストSalyuとのセッションは、緊張感と高揚感が入り混じるステージで、終始会場を魅了し続けた。

 ノルウエー出身バンド、チーム・ミーは、色とりどりのバルーンが飛び交う中、ステージ上ではフロアタムが鳴り響く「アップ・アゲインスト・ザ・ウォール」を披露。彼らの生みだす、会場を巻き込むほどのグル―ヴは、まるでお祭りにでも参加しているかのような、エキセントリックな幸福感を味あわせてくれる素晴らしいステージであった。

 一日目のトリを飾ったのはムーム。神秘的な歌声、生楽器の巧みな演奏と妖艶なエレクトロ音で、ベースとなるカントリーサウンドを上手に包み込むノスタルジックな世界観を演出し、1日目をしっかりと締めくくった。

 二日目、6月9日、ロックの日は初日とは打って変わり、新鋭から大御所まで、英国ロックバンドたちが大集結。最初に登場したブリティッシュ・シー・パワーが二日目の口火を切る。ヴィオラとピアノの音色が心地良く漂う「ウィービング・フラッグス」をヴォーカルのヤンがワイルド、かつセクシーに歌い上げ、会場をUKサウンドで染め上げた。

 2番手で登場したのは、現在プライマルスクリームのギタリストとしても活躍するバーリーがフロントマンを務めるリトル・バーリー。小細工など必要ないと言わんばかりに、3ピースとは思えない破壊力と彼らの卓越した技術光るソロパートが湧いた「プレシャス・プレジャー」。複雑に絡み合う3人の絶対的ユニゾンは、会場中を歓喜で包み込んだ。

 UKロックバンドが2日目を形作っていく中、唯一、サンディエゴ発のウェーヴスがその雰囲気を一閃する。「イディオット」の豪快なメタルパンクで観客を攻め立てたかと思えば、ソニックユースの「100%」のカバーでアメリカングランジロックの、重厚感のある、シリアスな音を最大限まで引き出す、強烈なインパクトを放った。

 そんな一変した空気を引き戻すかのようにエディターズがステージイン。相も変わらず、完璧なまでの王道UKロックをベースに、サイケサウンドを絶妙にブレンドした「パピヨン」は新たなUKロックの片鱗を見せたくれるアクトとなった。

 そして大トリとして登場したのは4年ぶりの来日となったトラヴィスだ。王道ブリティッシュロックを体現し続ける彼らの1曲目は、8月に発売予定の新作『ウェア・ユー・スタンド』からのナンバー「マザー」。会場に詰めかけたトラヴィスファンの度肝を抜いた。そこからは、従来の名曲や新アルバムのナンバーを上手く折り込みながら、徐々に会場のボルテージを上げていく。そして「クローサー」の大合唱から本編ラストの「ターン」が終わるころには、溢れ出すシンガロングが会場を覆い尽くしていた。

 アンコールで登場した彼らは、アコギを抱えたヴォーカル、フランをメンバーが取り囲むようにし生歌、生音の「フラワーズ・イン・ザ・ウィンドウ」をオーディエンスとともに大合唱。ラストは「ホワイ・ダズ・イット・オールウェイズ・レイン・オン・ミー?」で2日間に渡った【Hostess Club Weekender】の幕を閉じた。

 そして、11月30日、12月1日に6回目となる【Hostess Club Weekender】の開催も決定、ディアハンター、ニュートラル・ミルク・ホテルらが出演アーティストとしてラインナップされている。


音楽ニュースMUSIC NEWS

ママズ・ガン、約4年ぶりとなるニューAL『Cure The Jones』完成

洋楽2022年1月24日

 その類まれなメロディ・センスで、ソウル/ファンクのリスナーに留まらず幅広い層から絶大な支持を受けるUKのニュー・ソウル・バンド、ママズ・ガンが、約4年振りとなるニュー・アルバム『Cure The Jones』を2022年4月1日にリリース … 続きを読む

【ビルボード】ジャニーズWEST『黎明/進むしかねぇ』初週19.7万枚でシングル・セールス首位

J-POP2022年1月24日

 2022年1月26日公開(集計期間:2022年1月17日~1月23日)のBillboard JAPAN週間シングル・セールス・チャート“Top Singles Sales”で、ジャニーズWESTの『黎明/進むしかねぇ』が初週197,400 … 続きを読む

【ビルボード】木村拓哉『Next Destination』初週70,503枚を売り上げてアルバム・セールス首位

J-POP2022年1月24日

 2022年1月26日公開(集計期間:2022年1月17日~1月23日)のBillboard JAPAN週間アルバム・セールス・チャート“Top Albums Sales”で、木村拓哉の『Next Destination』が初週70,503 … 続きを読む

<ライブレポート>和楽器バンド 新旧ナンバーで日本武道館を紫色に染めた【大新年会2022】

J-POP2022年1月24日

 今年4月に満デビュー8年を迎える和楽器バンドが、【和楽器バンド 大新年会2022 日本武道館~八奏見聞録~】を1月9日に開催した。  毎年恒例となった新年ライブは、昨年に続き、国内外アーティストが“ライブの聖地”と呼ぶ日本武道館で開催され … 続きを読む

Saucy Dogが新曲「ノンフィクション」リリース記念番組を生配信へ、MV撮影秘話など

J-POP2022年1月24日

 Saucy Dogが新曲「ノンフィクション」を1月26日に配信リリース。同日21時より、リリース記念生配信番組を実施する。  『Saucy Dogの控え室番外編 「ノンフィクション」リリースSP』と題された同番組は、LINE LIVE ミ … 続きを読む

amazon

page top