T-BOLAN、初のドキュメンタリー映画記念上映会にて舞台挨拶

2014年2月25日 / 12:00

T-BOLAN 初のドキュメンタリー『T-BOLAN THE MOVIE ~ あの頃、みんなT-BOLANを聴いていた ~』の記念上映会が行われ、メンバーによる舞台挨拶が2月22日東京・新宿ピカデリー、翌23日大阪・なんばパークスシネマで行なわれた。

これは3月21日にリリースされる彼らのドキュメンタリーDVDの完成を記念しての上映会で、予てより報じられていた“初めて明かされるメンバーの本音”を我先に確かめようとするファンの姿で会場は満員となった。ロックなタキシード姿で4人が登場すると会場は歓声につつまれ、30分にわたるトークや集まったファンと記念撮影するなど盛り上がりをみせた。

T-BOLANは、ヴォーカル・森友嵐士の心因性発声障害により、1999年に一度は解散。13年の時間を経て、2012年に復活を宣言した。ドキュメンタリーを作ることになったきっかけについて森友は「復活してようやく来月ライヴをする上で、あまりに長い空白ができてしまった。90年代のT-BOLANというものと、その後のメンバーひとりひとりの想い、そしてファンの皆さんの気持ちが一つにつながって、時間を埋められたらいいなという気持ちで作った」と明かすと、集まったファンに対し「映画館の舞台に立つということは想像もしていなかった。でも、皆さんに会えてとても嬉しい」と感謝を述べた。

その後、トークは来月行なわれる19年ぶりのワンマンライヴの内容へとフォーカスし、ベースの上野博文は「自分自身が楽しんでいる姿を見て欲しい」、ドラムの青木和義は「皆さんが待っててくれたように、僕も待っていました。身体がぶっ壊れようがやりきるのでよろしくお願いします」と意気込みをみせた。さらに解散前のラストライヴを行なった大阪・厚生年金会館(現・オリックス劇場)のステージに再び立つことに関し、ギターの五味孝氏から「ツアーでいろいろな地方を巡ったけど、大阪はとくに強い思いがある。1995年3月26日にライヴがストップして、今そこからスタートできることを嬉しく思っています。ぜひ楽しんでください」と“あの頃”を振り返ると、森友は「メンバーが再会して音を出しあったとき、不思議なくらいまったく違和感を感じなかった。19年ぶりのワンマン。俺たち自身、その日になるまでどうなるかわからないけど、それもドキュメント。あの当時の続きがそこにあるようなライヴにしたい。皆さんもあの時の自分と今の自分の両方を思い出しながら楽しんでください」とドキュメンタリーとライヴをリンクさせた内容でまとめあげた。

ドキュメンタリー鑑賞後のファンからは、「T-BOLAN復活を信じ続けていて良かった。想いを貫くことの難しさや夢の儚さはもちろんあるけれど、それでも本気で向き合えば叶うことを、彼らが身を持って教えてくれた」「自分の人生の中にT-BOLANがあってよかったと心から思える」「10年以上も戦い続けていたというのがリアルすぎて、復活のエピソードでは泣いてしまった。4人が揃ってくれて本当に嬉しい」などの感想が寄せられ、彼らが作品に込めた願いはきちんと届いているようだった。

T-BOLANドキュメンタリー『T-BOLAN THE MOVIE ~ あの頃、みんなT-BOLANを聴いていた ~』は、新宿ピカデリー(東京)、なんばパークスシネマ(大阪)において2月28日まで上映。また、単独ライヴ「T-BOLAN LIVE HEAVEN 2014 ~ Back to the last live !! ~」は、3月8日(土)大阪・オリックス劇場、3月21日(金・祝)東京・渋谷公会堂で開催。両公演ともチケットは既に完売している。

『T-BOLAN THE MOVIE ~ あの頃、みんなT-BOLANを聴いていた ~』詳細
バンド絶頂期、そしてボーカル森友嵐士の心因性発声障害による活動停止期間を経て、1999年の解散を決断。そして一度違う道を選んだメンバーは紆余曲折を乗り越え、2011年に声を取り戻した森友のもとで再会。本作はいくつもの栄光と苦闘を乗り越えたメンバーの想いと、T-BOLANというアーティストとともに時代を歩んだファンの声や著名人へのインタビュー、さらには貴重なライヴ映像や、解散から13年を経た今だからこそ語ることが出来た最新のメンバーインタビューを交えながら、彼らの栄光と苦闘の全てをドキュメンタリーにした映像となる!

 (2014/日本/約90分/カラー/16:9/5.1ch/DCP)

■『T-BOLAN THE MOVIE ~ あの頃、みんなT-BOLANを聴いていた ~』 オフィシャルサイト

http://www.beinggiza.com/zain/t-bolan/movie.html

■上映会・DVD発売情報

http://l-tike.com/cinema/t-bolan/

「T-BOLAN LIVE HEAVEN 2014 ~ Back to the last live !! ~」
3月08日(土) 大阪 オリックス劇場

開場17:15/開演18:00

3月21日(金・祝)  東京 渋谷公会堂

開場17:15/開演18:00 


音楽ニュースMUSIC NEWS

故ジュース・ワールド、死因が明らかに

洋楽2020年1月23日

 2019年12月8日に21歳の若さで亡くなったジュース・ワールドの死因が、オキシコドンとコデインの過剰摂取だったことが、米イリノイ州クック郡の検視局によって発表された。  同検視局によるツイートには「検視局は、当時21歳のジャラード・アン … 続きを読む

日向坂46、4thシングル表題曲「ソンナコトナイヨ」MVが解禁

J-POP2020年1月23日

 日向坂46の最新作である4thシングル表題曲「ソンナコトナイヨ」のミュージック・ビデオが解禁となった(https://youtu.be/7njC5lgL61c)。  4thシングル表題曲「ソンナコトナイヨ」は、前髪を切りすぎて落ち込んでい … 続きを読む

ドレイク、米ソング・チャートに通算207曲を送り込む快挙 『グリー』キャストの歴代最多記録にタイ

洋楽2020年1月23日

 現地時間2020年1月21日、ドレイクとフューチャーのコラボ曲「Life Is Good」が、最新の米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”で2位に初登場したことが発表された。  これをうけて、ドレイクは人気ドラマ『glee/グリ … 続きを読む

Sano ibuki「マリアロード」MV公開、宮沢氷魚×藤原季節『his』の主題歌

J-POP2020年1月23日

 Sano ibukiの楽曲「マリアロード」のMVが公開された。  同曲は今泉力哉監督の映画『his』の主題歌。MVは番場秀一とタッグを組んで制作されたもので、凍てつく空気と静寂を感じさせる白銀の世界を舞台に、若い男女の物語が描かれている。 … 続きを読む

ウルフルズ、LINE LIVE生配信&Creepy Nutsと対バンライブ決定

J-POP2020年1月23日

 ウルフルズが、今年一発目となるLINE LIVE番組を1月23日20時より生配信することが決定した。  同番組では、2019年に配信した楽曲「続けるズのテーマ」をモチーフにしたオリジナル・カードゲームの詳細も発表される予定とのこと。  さ … 続きを読む

page top