波瀾万丈! 世界も認める日本のロック、50回転ズとは

2012年11月28日 / 18:00

 今年の2月に映画『荒川アンダー ザ ブリッジ』でまさかの主題歌大抜擢を受けた3人組 ザ50回転ズが、11月28日にロマンチシズムの結晶となるミニアルバム『Do You Remember?』をリリースした。

 THE BLUE HEARTSやRC サクセション、SONHOUSEにクラッシュ、ピストルズ……。10代の頃、パンクロックに憧れた3人が結成したザ50回転ズは、ラモーンズ譲りのおかっぱ頭に揃いの衣装、コンバースを履いた両足で各地のライブハウスを行脚し、騒がしい一夜を届けているロックンロールバンドだ。

 2010年のレーベル移籍以降、“ロックンロール3部作”と称して3枚のミニアルバムを発表。音楽不況の時代もあってセールス面では厳しい勝負が続いているが、骨っぽくも時にコミカルで、何処かいなたいサウンドを貫き通す姿勢は、シーンからの評価も高い。事実、先の映画主題歌に抜擢された際も、前々からファンだったという監督から直々にオファーを受けたほどだ。

<世界が驚嘆! 郷ひろみやAKB48とのコラボも>

 過去を顧みれば、彼らの凄みをより理解してもらえるだろう。2004年にバンドを結成した彼らは、自主制作したCDを手に関西方面で活動を開始。そのアグレッシヴなライブパフォーマンスが評価され、翌05年には早くもテレビ初出演を遂げてしまう。

 さらに、同年秋に本場NYでの初ライブを敢行すれば、帰国後にはフジテレビ『FACTORY』にまで初出演。オーストラリアやカナダのFM局でも高評価を獲得と、まるでレジェンドバンドのようなサクセスストーリーを持つ。他にも、アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』での主題歌起用、『僕らの音楽』での郷ひろみとの共演、音楽番組でのAKB48とのコラボなどなど。節々で印象的な地上波進出を果たしている逸材なのだ。

<セールス面での苦戦>

 しかし、前述通りセールス面については苦戦続きだ。2006年にメジャーデビューしたワーナーミュージック・ジャパン時代は、4年間でフルアルバム3枚、シングルとミニアルバムを2枚ずつリリース。その上、年に二度三度と続くツアーと活動は多忙を極めたが、ライブ動員数の増加がCDセールスに反映されていかない。結局、2009年1月の3rdアルバムを最後に、彼らはレーベルから契約を切られてしまう。

 2010年の秋には、ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズへ移籍。“新しい方向性を……”というレーベルからの要望に応えて、『ロックンロール・マジック』よりミニアルバム3部作を発表する。

 中でも世界の音楽を題材にした『ロックンロール世界旅行』は、相当な自信作だったそうだ。ダニー(vo,g)は「世の中が変わるかもしれん!」と胸躍らせるほどの手応えをもって世に送り出したが、その反応はやはり厳しかった。

<止まったレコードが また回り出すように>

 こうした波瀾万丈!?な軌跡を経て、ザ50回転ズが11月28日にリリースするのがミニアルバム『Do You Remember?』だ。“俺、あの頃嫌いだった大人になってないかな?”というキャッチがつけられている本作だが、一番の推し曲はやはり1曲目「あの日のロックンロール」。以下、ダニーの言葉だ。

 「7~8年やってきて、音楽を離れていく友だちがいれば、お客さんの顔ぶれも変わってきて。俺たちはずっとココにいるのに、変わっていく環境があって。“俺たちは本当に変わってないのかな?”って、ふと立ち止まる瞬間もあったりするので、自然に出てきた歌詞なのかもしれませんね」

 「あの日のロックンロール」では、誰の胸にも残る昔の青臭さを照れることなく、センチメンタルにロマンチックに歌い上げられていく。“止まったレコードが また回り出すように 何度も歌うんだ”というサビは、彼らのこれまでや現状を知った上で聴くと、なかなか泣ける歌詞だ。

 ミニアルバム『Do You Remember?』には他にも5曲の新曲を収録。こちらはスタジオライブ録音という、彼らの醍醐味をそのままパッケージした音源になっている。発売日の11月28日からはこの作品を引っ提げての全国ツアーもスタートするので、“最近、骨のあるロックがない……”とお嘆きの人は、是非一度ザ50回転ズのロックンロールに触れてみては如何だろうか。

◎ザ50回転ズ 『あの日のロックンロール』
http://youtu.be/r7qp7U4zMvY

◎ミニアルバム『Do You Remember?』
2012/11/28 RELEASE
AICL-2459 1680円(tax in.)


音楽ニュースMUSIC NEWS

水樹奈々、ニューアルバムの収録曲をコメントムービーで全曲紹介!

ニュース2019年12月11日

水樹奈々が約3年ぶりとなるニューアルバム『CANNONBALL RUNNING』をリリースを記念して、本人によるアルバム全曲を紹介したコメントムービーを公開! 楽曲制作の裏話や聴きどころなどを水樹が熱く語っているので、ぜひチェックしてみよう … 続きを読む

デイヴ・グロール、ステージ上でファンとビールを一気飲み

洋楽2019年12月11日

 現地時間2019年12月7日、米ラスベガスの【Intersect Music Festival】にヘッドライナーとして出演していたフー・ファイターズのデイヴ・グロールが、ライブの途中でファンとビールを一気飲みする一幕があった。  サンタ帽 … 続きを読む

キンモクセイ、アルバム『ジャパニーズポップス』全曲試聴トレーラー公開

J-POP2019年12月11日

 キンモクセイのニューアルバム『ジャパニーズポップス』の全曲試聴トレーラーが公開された。キンモクセイのメンバーが愛聴してきた日本のポップス史への憧憬とリスペクトが込められた全11曲が収録されている。  また、本日12月11日に新曲「都市と光 … 続きを読む

キンモクセイ、14年ぶりとなるアルバム『ジャパニーズポップス』の全曲試聴トレーラーを公開

ジャパニーズロック2019年12月11日

キンモクセイが12月25日にリリースする14年ぶり5作目のオリジナルアルバム『ジャパニーズポップス』の全曲試聴トレーラーを公開した。収録曲全11曲はキンモクセイのメンバーが愛聴してきた日本のポップス史への憧憬とリスペクトが込められた、【キン … 続きを読む

Helsinki Lambda Clubの新シングル配信&「とにかく狂った感じ」のMV公開

J-POP2019年12月11日

 Helsinki Lambda Clubのニューシングル「Good News Is Bad News」が、本日12月11日に配信リリースされた。  2月からライブ会場限定で販売するTシャツには、同シングルの音源を付属する予定。  発表とあ … 続きを読む

page top