YouTuberに嫌われる可能性大? 映画『神は見返りを求める』吉田恵輔監督×空白ごっこセツコ対談

2022年6月22日 / 19:00

 ムロツヨシのキレる姿が真新しく、そして多くの人の生活に欠かせないツールとなっているYouTubeがテーマの映画『神は見返りを求める』は、観た後、「果たして、どこで間違えてしまったのだろうか?」と深く考えさせられる作品だ。見返りを求める男・田母神(ムロツヨシ)と、恩を仇で返す女・ゆりちゃん(岸井ゆきの)の遠い話のようで意外と身近に潜んでいるストーリーを描いた本作の主題歌と挿入歌には、インターネットシーンを中心に活動する3人組バンド・空白ごっこが初めて書き下ろした「サンクチュアリ」「かみさま」が起用されている。

 この度、映画公開を前に、監督と脚本を務めた吉田恵輔と空白ごっこのセツコ(Vo.)の対談が実現。その日は、監督とセツコの人柄もあって、かなり和んだ雰囲気のなか、巷で話題の暴露系YouTuberの話に花が咲いていた流れでインタビューはスタートした。

――暴露系YouTuberのお話で盛り上がっているのが聞こえましたが、本当に今の日本の雰囲気にタイムリーな映画だと思います。

吉田恵輔:俺、その逆だと思ったんだ。人をディスる系、特定の人を名指しして発信するものはYouTubeではダメになるって聞いていたから、どんどんBAN(規制)されて、この映画が公開される頃には、「この映画はあり得ない」っていう雰囲気になっているかと思ってたから。でも、もっとひどいやつが出てきて(笑)。それに比べたら、俺のゴッティー(劇中に登場するムロが演じる暴露系YouTuber)は弱いなって(笑)。

――ドッキリ系から食べる系まで、いろんなYouTuberがいますが、この映画はYouTuberに見せられないんじゃないかと正直思いました。

吉田:下手したら、YouTubeから訴えられるんじゃないかとも思ってる(笑)。映画業界はYouTubeに対して、「YouTubeが取って代わるわけねぇじゃん」って少し上から目線なところがあるんだけど、今のZ世代って映画よりYouTubeを見てるじゃない? ラジオの時代にテレビ、舞台がメインだった時代に映画が出てきた時と同じで、(新しいものに対して)悪口言うんだよ。正直、俺にもあるんだけど、YouTubeって未来でもあるから、リスペクトしないといけないと思ってる。YouTuberから叩かれても、リスペクトする気持ちで描いてる。でも、怒る人はいるだろうな。

――セツコさんは、この映画を見てどう思いましたか?

セツコ:「私だったらこういう言い方するのにな」って思いました。なにか大きな失敗をしたとして、その失敗を踏み台にしたとしても、急に右フックが来たら避けられないじゃないですか? そういうモノに慣れていない2人だったんだと思います。経験がないからこそ、折り合いが自分の中でつけられないまま、落ちるとこまで落ちて初めて気づいたんだと思いましたね。

吉田:求めちゃったから失望したのかもしれないっていうのはあるよね。ゆりちゃんはバズったものを田母神に褒めてほしかっただけ。若い子って、自分が興味あるものの最先端を行ってる人との出会いって、ものすごく刺激的じゃない? 若い時は、それを吸収して成長していくから、田母神を超えるレベルの人とゆりちゃんは、出会うべくして出会ったんだよ。新しいものが生まれるってことは、それだけ古いものが捨てられるってことなんでしょうね。

――田母神は後輩からは表向きには尊敬されていますが、裏で影口を言われてるのが悲しかったです。

吉田:自分の場合、学生時代に見ていた作品の映画監督が、今ではおじいちゃんになってて。「まだ作ってたんだ」とか「センスが古くてダサい」って言われたりするわけじゃない? でも、それって「何様だよ。お前がひよっこの頃から、こっちは第一線でやってるんだ」っていう話でもあって。いずれ何年かしたら、俺も「吉田の映画ってもう古いよね」って言われる順番が回ってくる。ただ、そうなったとき、俺は覆面かぶって追いかけ回したりしないけどね(笑)。

――監督は脚本も手掛けられてます。この映画を作ろうと思ったきっかけを教えてください。

吉田:実体験をベースにしてるんです。恩をあだで返す女性と見返りを求める男性……男女だけでなく、男同士でも、そういう経験を何度もしてきたので、自分のやましい部分を面白おかしくできたらなと。自分の恥ずかしいところを広げて見せるのが好きなんです。

――セツコさんは、映画を一度観てから主題歌と挿入歌を作られたそうですが、どういうことを歌詞で表そうと思いましたか?

セツコ:両方とも、もう本当に、映画の隅っこみたいな感じの曲にしたくって。私はただの一視聴者という前提がまずあって、その視聴者が映画の中に入り込んで、何かを決めつけることは野暮だと思ったんです。なので、「こう思ったので、こういう詞を作りました」って提示するよりかは、あいまいな感じで、「あんなにボロボロになっても、思い出すのは楽しかったあの日々」みたいなものを歌詞にしました。あんな終わり方をしたけど、まだ未練がましいというか。

――肯定的な青春ラブソングと捉えてもいいでしょうか?

セツコ:詞を書いてる時は、「あの頃は楽しかったな~」っていう田母神さんとゆりちゃんの気持ちになって書いたんです。それがベストだと思ってたんですけど、曲と一緒に映画を観た時に、第三者目線で考えたら、この曲も「気分の悪い出来事の一連でしかない」という気持ちにもなって。どっちもすごくいいと思ってて、変に歌で映画に色を付けるよりかは、特に何も決まりなく終わってほしいです。なので、「こう感じてほしい」という希望はあまりないですね。

――なるほど。監督はこの映画からオーディエンスに何を受け取ってもらいたいですか?

吉田:今の世の中は攻撃的で、わりと閉塞感もあると思っているんです。しかも、誰もそれを自分がしてるという自覚がない気がしていて。この映画には、「それ、お前だからね」って伝えたい気持ちが非常にあるんです。非難しているわけではないし、それが人間でもあるので、「そんな自分、ちょっと恥ずかしいな」って、みんなが自覚して、「だから、ツイートも優しめにしよう」って思ってくれたら、世の中も少しだけよくなるんじゃないかなと思います。

※吉田恵輔監督の「吉」は土の下に口が正式表記
Interviewed by Mariko Ikitake
Photographed by 辰巳隆二

◎公開情報
『神は見返りを求める』
2022年6月24日(金)より、全国公開
監督・脚本:吉田恵輔
出演:ムロツヨシ、岸井ゆきの、若葉竜也、吉村界人、淡梨、栁俊太郎ほか
主題歌:空白ごっこ「サンクチュアリ」
挿入歌:空白ごっこ「かみさま」
配給:パルコ
(C) 2022「神は見返りを求める」製作委員会


音楽ニュースMUSIC NEWS

ENHYPEN、新曲「Future Perfect (Pass the MIC)」2個目のMVティザー公開

洋楽2022年7月4日

 ENHYPENが新曲「Future Perfect (Pass the MIC)」2個目のミュージックビデオティザーを公開した。  今回公開されたティザー映像は、広大な滑走路を背景に7人のメンバーの反抗期の雰囲気漂う姿を見せた最初のティザ … 続きを読む

「melt bitter」が話題、さとうもか新曲「魔法」TikTok先行配信スタート

J-POP2022年7月4日

 岡山出身シンガーソングライター、さとうもかの新曲「魔法」がTikTokにて先行配信スタートした。  本曲は6月にさとうのTikTokで弾き語り披露されていたもので、自身の生配信でも度々披露されていた。現在話題になっている「melt bit … 続きを読む

アデル、米ラスベガス常設公演を直前に延期したことについて語る「あの決断を固守します」

洋楽2022年7月4日

 2022年7月3日に公開された英BBCのポッドキャスト『Desert Island Discs』に出演したアデルが、今年初めに開始予定だった米ラスベガスでの常設公演を直前になって延期したことに言及した。  34歳の英国の歌姫が、1月から4 … 続きを読む

栗山夕璃(ex.蜂屋ななし)率いるVan de Shop、8月発売のミニALより「アグリースワン」配信

J-POP2022年7月4日

 栗山夕璃率いるVan de Shop(ヴァン・デ・ショップ)が3rd配信シングル「アグリースワン」を配信リリースした。  Van de Shopは、人気ボカロP“蜂屋ななし”を卒業しシンガーソングライターとして名義を変えて復活、人気歌い手 … 続きを読む

ガンズ・アンド・ローゼズ、ロンドン公演にキャリー・アンダーウッドがゲスト出演

洋楽2022年7月4日

 現地時間2022年7月1日、英ロンドンのトッテナム・ホットスパー・スタジアムにて行われたガンズ・アンド・ローゼズのコンサートにキャリー・アンダーウッドがサプライズ・ゲストとして出演した。  米カントリー界のスーパースターで、長年ガンズのフ … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top