MY FIRST STORYが『マトリックス レザレクションズ』日本版インスパイアソング書き下ろし

2021年11月30日 / 11:35

 MY FIRST STORYが映画『マトリックス レザレクションズ』のために書き下ろした新曲「PARADOX」が日本版インスパイアソングに決定した。

 12月17日から全国公開される同作は、アクション超大作『マトリックス』の新章。同じく12月17日に配信リリースされる新曲「PARADOX」は今後テレビCMなどで使用。「マトリックス」の世界観をイメージして制作されたアップテンポな楽曲となっている。

◎Hiro(MY FIRST STORY) コメント
日本版インスパイアソングのオファーを受けたときは、シンプルにすごくうれしくて、とても光栄でした。小さい頃から見ていた『マトリックス』シリーズに携われるというか、一緒に何かできるというのがすごく自分にとって光栄なことだなと思いました。
『マトリックス』は、僕にとってはやっぱり洋画の代名詞というか。日本でも知らない方がいらっしゃらないぐらい有名だと思うのですが、青春の思い出として残っています。初めて観たときは、アクロバティックでCG もすごくて、「なんかすごい映画があるな」という印象だったんですけど、改めて大人になって観てみるととても深くて。仮想空間なのか現実なのかという線引きだったり、ボーダーラインがちゃんと描かれていて、大人になって観るとより面白いなと思いました。
「PARADOX」を制作する上では、『マトリックス』の世界観にどこまで近づけているか分からないんですけど、僕の中ではストーリーがあって。例えばネオだったらどう考えるのかとか、トリニティーだったらどう考えるのかとか、モーフィアスだったらどう考えるのかという視点で考えたり、全体像で物語を俯瞰的に見て制作しました。歌詞を書くにあたっては、『マトリックス』シリーズを観直しました。ワードやセリフなど、歌詞が要所要所に散らばっていたりするので、そこに注目して見てもらえたらなと思います。今までの僕らの楽曲とはちょっと違った感じになっていると僕は思っているので、新しいMY FIRST STORY を楽しんでいただけたらなと思っています。
『マトリックス』は三部作で完結はしている中で、結構期間が空いて今回の新作が登場します。CG の技術や作品としての完成度がどんどん高くなっていると思うのですごく楽しみです。

◎リリース情報
配信楽曲「PARADOX」
2021/12/17 RELEASE

https://youtu.be/0kXCWZ2G2b4


音楽ニュースMUSIC NEWS

アリス、34年ぶりのニューシングル『告白 / キセキフルヨル』3月リリース

J-POP2022年1月22日

 アリスが、ニューシングル『告白 / キセキフルヨル』を、2022年3月30日にリリースする。  34年ぶりのシングルとなる本作には、昨年12月25日にアリス50周年のプレスタートとして配信された、力強いツインボーカルによるノリのいい王道の … 続きを読む

SHE'S、アニメ映画『ブルーサーマル』の主題歌&挿入歌をシングルリリース

J-POP2022年1月21日

 SHE’Sが、ニューシングル『Blue Thermal』を、2022年3月2日にリリースする。  本シングルには、アニメーション映画『ブルーサーマル』の主題歌「Blue Thermal」と、挿入歌「Beautiful Bird … 続きを読む

BiSH、ニューシングル『ぴょ』ビジュアル&詳細を公開 連続リリース第3弾は『愛してると言ってくれ』

J-POP2022年1月21日

 BiSHが、ニューシングル『ぴょ』のアーティストビジュアルと商品詳細情報を公開した。  本作は、2022年連続リリース第2弾。CDには「ぴょ」と「HONESTY」の新曲2曲が収録。初回生産限定盤のBlu-rayとDVD盤には、2021年5 … 続きを読む

BTS「DNA」MV、通算2作目となる14億回再生突破

J-POP2022年1月21日

 BTSの「DNA」ミュージックビデオが、YouTubeで14億回再生を突破した。  2017年9月に発売された『LOVE YOURSELF 承 ‘Her’』のリード曲「DNA」は、導入部の口笛と強烈なサウンドが特徴 … 続きを読む

清 竜人、初監督作品となる小林私「どうなったっていいぜ」MV公開&配信ライブを再アップ

ニュース2022年1月21日

1月21日(金)、清 竜人が作詞・作曲・編曲を担当した小林私の「どうなったっていいぜ」が配信スタート。20:00には、清 竜人が監督を務め、企画や映像編集も自らが監修したMVが公開された。これが自身初の監督作品となる。 さらに、2021年末 … 続きを読む

amazon

page top