有村竜太朗、『有村竜太朗 5th Anniversary Tour-トライアングル-』のライブレポートが到着!

2021年11月1日 / 21:00

『有村竜太朗 5th Anniversary Tour-トライアングル-』 (okmusic UP's)

 Plastic Treeのボーカリスト、有村竜太朗がソロとしてミニアルバム『個人作品集1996-2013「デも/demo」』をリリースしたのは2016年11月23日のこと。気づけばこの11月で、彼の個人活動も5周年を迎えた。そんな節目に発表された『有村竜太朗 5th Anniversary Tour-トライアングル-』。“トライアングル”という言葉が示すように、東京、大阪、京都の3ヶ所をめぐるソロとしては久々のツアーである。本来、9月に行われる予定だったが、有村自身の新型コロナウィルス感染のため、延期となり、振替公演として10月から11月にかけての日程で行われることになった。“トライアングル”には“夏の大三角形”の意味も込められていたが、当初予定されていた時期に比べ、グッと秋が深まったタイミングでの開催に……。ただ、結果的には彼の楽曲の持つノスタルジックな世界観とマッチする季節でのライブになったと思う。ここでは初日となった10月23日、夜の部の模様をお伝えしたい。

 実は東京・Zepp Tokyoは2022年1月1日をもって営業が終了することが決定している。その前に、慣れ親しんだ会場のステージに立てるとは、まさに出来すぎのお膳立てだったのではないだろうか。開演時間となり、有村の活動には欠かせないDEMONSTRATIONs(デモンストレーションズ)のバンドメンバーがステージへ。最後に有村が登場し、ステージ中央にセットされたキーボードで「幻形フィルム/genkeifuirumu」のイントロを弾き始める。会場には独特の緊張感が流れ、どこか懐かしく、意識の深いところを刺激する音世界に引き込まれていく。2曲目は有村の繊細な歌声と歪んだギターサウンドが見事なコントラストをなす「19罪/jukyusai」。じっくり聴かせたあとは、軽快なテンポで展開する「くるおし花/kuruoshibana」で、観客をジワジワと熱くしていく。

 最初のMCでは、「延期してしまった公演なので、胸にたぎる思いもありますので――」と、ライブへの思いを語った。そして「今日は月も綺麗だと思います。秋晴れですから」と、前置きして「また、堕月さま / mata,otsukisama」へ。ライブは再びゆったりとしたテンポで流れ始めたが、続く「猫夢 / nekoyume」ではバンドも一体感のあるプレイを聴かせ、グッとテンションを高めていく。穏やかに展開する「鍵時計 / kagidokei」も、ステージのエネルギーが遠赤外線のように客席に浸透。どの曲もこの5年のあいだに、熟成されてきた印象だ。

 後半にさしかかるところで2回目のMCタイム。

「今日は2部構成ということで、結構早起きしました。早起きって言っても8時くらいですけど……早起きは1日が長くていいですね」と、前置きして後半ブロックへ。軽快な「憑影と月風/tsukikagetotsukikaze」では、観客も手を動かすなど、体で反応していく。郷愁感炸裂の「日没地区/nichibotsuchiku」では後半、エモいギターが場内に響き渡り、幻想的なライブ空間を盛り立てる。こうして本編は「浮融/fuyuu」でクライマックスとなった。浮遊感と轟音のはざまで漂う有村のボーカルは圧巻。酔いそうなまでのノイズの余韻を残し、本編は終了。この5年間、何度となくライブで磨かれてきた曲達の成長ぶりも頼もしく感じられた。

 アンコールでは「猫夢/nekoyume」と「19罪/jukyusai」をアコースティックバージョンで披露。本編ではバンドセットで聴かせた2曲が、また違う印象で会場に響く。温もりのあるアンコールを終えても、なお拍手は鳴り止まず、そのままダブルアンコールへ。この日、ラストナンバーに選ばれたのは「恋ト幻/rentogen」。穏やかな出だしから、ハードな間奏につながるスリリングな楽曲だ。有村はライブが終わるまで濃密な時間を紡ぎ出し、“トライアングル”ツアーの初日を締めくくった。このあと、ツアーは11月19日にumeda TRAD、11月21日に京都FANJへと続く。ソロとしても久々の地方公演となるだけに、お時間のある方はぜひ足を運んでいただきたい。

 終演後、ファンには嬉しい告知がスクリーンに映し出される。2022年1月22日、有村竜太朗 5th Anniversary Single「円劇/engeki」のリリースがアナウンスされたのだ。この曲がまた、ライブでどのように育っていくのか……。引き続き注目したいと思う。


音楽ニュースMUSIC NEWS

セカオワ&Stray Kidsが総合首位、BTSが3曲目の3億再生突破、米津×プレステが世界最大の広告賞入賞:今週の邦楽まとめニュース

J-POP2022年7月2日

 2022年6月29日公開のBillboard JAPAN 総合ソング・チャート“JAPAN HOT 100”で、SEKAI NO OWARIの「Habit」が総合首位を獲得した。前週総合2位にランクアップしていた「Habit」は、5週連続 … 続きを読む

米最高裁が中絶禁止容認する判決、C.マーティンがカップルのために演奏、B.アイリッシュがキャリアを振り返る:今週の洋楽まとめニュース

洋楽2022年7月2日

 今週の洋楽まとめニュースは、米最高裁の中絶禁止を容認する判決に関する話題から。現地時間2022年6月24日に米最高裁が、女性が中絶をする権利を保護した約50年前の「ロー対ウェイド裁判」の判決を覆し、全米に衝撃が走った。これに対し様々なアー … 続きを読む

ポイズン、ブレット・マイケルズの緊急搬送に伴いライブ出演をキャンセル

洋楽2022年7月1日

 現地時間2022年6月30日、ポイズンがデフ・レパード、モトリー・クルー、ジョーン・ジェットとの合同スタジアム・ツアーの米ナッシュビル公演への出演をキャンセルした。  第一報を報じた米TMZによると、メンバーはステージに登場し、観客にフロ … 続きを読む

ときのそら、ニューアルバム『Sign』発売日変更 広瀬香美が書き下ろした「そらのとき」先行配信へ

J-POP2022年7月1日

 ときのそらが、新曲「そらのとき」を2022年7月6日に配信リリースする。  新曲「そらのとき」は、発売日が7月20日から9月7日に延期となったニューアルバム『Sign』の収録曲で、広瀬香美が書き下ろした。“THE 広瀬香美”とも言えるポッ … 続きを読む

GOOD ON THE REEL、5thフルアルバムのリリース&全国ツアーの開催を発表

ジャパニーズロック2022年7月1日

GOOD ON THE REELがアルバム『P.S. モノローグ』(読み:ピーエス モノローグ)を8月31日(水)にリリースし、同アルバムを引っ提げた全国ツアーを開催することを発表した。 『P.S. モノローグ』」は昨年2021年6月にリリ … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top