KISS、『地獄の軍団』45周年記念盤が11/19発売決定&未発表音源「ベス(アコースティック・ミックス)」先行配信

2021年10月5日 / 10:00

 1976年にリリースされ、今年リリース45周年を迎えたKISSによる『地獄の軍団』(原題:Destroyer)の45周年記念エディションが、2021年11月19日にリリースされることが決定した。

 KISSにとって同作は、発売初年度に100万枚のセールスを記録した初のアルバムであり、彼らのスタジオ・アルバムの中で、歴代最高の売上を達成した作品でもある。「デトロイト・ロック・シティ」(原題: Detroit Rock City)や「狂気の叫び」(原題: Shout It Out Loud)、「雷神」(原題: God of Thunder)、「ベス」(原題: Beth)など、コンサートでお馴染みの定番曲や、“KISSアーミー”(ファン)お気に入りの人気曲がぎっしり詰まった内容で、超豪華5枚組スーパー・デラックス・ボックス・セット(4CD+1Blu-rayオーディオ / 日本では輸入盤のみ発売)の他、CD2枚組デラックス・エディション、通常版の黒盤LP2枚組、限定版のカラー盤(イエロー&レッド)LP2枚組及びデジタル配信にてリリースされる。

 アルバム『地獄の軍団』のレコーディングに際し、KISSはプロデューサーとしてボブ・エズリンを新たに起用。彼の力を借りて、音の面でも創造面でも、バンドは今までにないレベルに到達した。このアルバムでは、ミュージシャン及びソングライターとしてのKISSの成長が明らかになっており、「ドゥ・ユー・ラヴ・ミー」(原題: Do You Love Me?)のようなソフトな側面から、「地獄の遺産」(原題: Great Expectations)や米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”7位に輝いたヒット・シングル「ベス」といったオーケストラ・アレンジをふんだんに取り入れた曲に至るまで、それまでなかった新たなサウンドが試みられている。

 1975年にライブ・アルバム『地獄の狂獣 キッス・ライヴ』(原題: Alive!)が米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”で9位を記録するという目覚ましい成功を収め、大躍進を遂げたKISS。この『地獄の軍団』は、そんな彼らをさらにメインストリームの最前線へと導き、世界的なロック・アイコンにまで押し上げたアルバムだ。その名作の発売45周年を記念して、今回は驚くべき数のボーナス音源が用意されている。

 まず5枚組スーパー・デラックス・エディション(4CD+1Blu-rayオーディオ)のCD1には、アビイロード・マスタリングで新たにリマスタリングされたオリジナル・アルバムを収録。そしてCD2には、ポール・スタンレーとジーン・シモンズが個人的に保管していたアーカイブから15曲のデモ(うち9曲は未発表)が収められている。さらにCD3には、スタジオ・アウトテイクや、別ヴァージョン/ミックス、シングル・エディット等を収録。中でも注目は、装飾音を削ぎ落とした最新ミックス「ベス (アコースティック・ミックス)」だ。CD4には、未発表だった1976年5月22日に仏パリのオランピア劇場で行われた、痺れるようなパフォーマンスが収められている。

 またBlu-rayオーディオ盤では、スティーヴン・ウィルソンをリミキサーに迎え、オリジナル・スタジオ・アルバム『地獄の軍団』を初のドルビーアトモス音源と、5.1サラウンド・ミックスで収録。そこにボーナス・トラックとして、「ベス (アコースティック・ミックス)」と、スタジオ・アルバム・ヴァージョンには入っていないエース・フレーリーのオリジナル・ギター・ソロがフィーチャーされた「スウィート・ペイン (オリジナル・ギター・ソロ)」(2012年発売の『地獄の軍団 <リザレクテッド>』に収録)の2曲が加えられている。

 それに加え、5枚組スーパー・デラックス・エディション(4CD+1Blu-rayオーディオ)には、当時と同じフォルダーに下記アイテムを収めた<KISSアーミー・キット>(公式ファンクラブ・グッズ)のオリジナル完全復刻版を含む、KISSコレクター向け記念グッズが特典として贅沢に封入されている。特典は、恐らくロック界で最も象徴的なアルバム・ジャケットの一つと言える、ケン・ケリーが手掛けた『地獄の軍団』のカバー・アートを使用した蓋付き特製ボックスに収納されており、『地獄の軍団』の究極の記念品として本セットを際立たせている。

 あらゆるカテゴリーを総合し、アメリカのバンドとして米国で史上最多数のゴールド・ディスクを獲得しているKISSは、これまでに全世界で1億枚以上のアルバムを売り上げてきた。ライブ・アクトとしても無双の彼らは、記録破りの世界ツアーで輝かしい伝説を築き上げている。48年という驚異的なキャリアを経て、現在ポール・スタンレー、ジーン・シモンズ、エリック・シンガー、トミー・セイヤーの4人で活動を続けるKISSは、ただ今【エンド・オブ・ザ・ロード・ツアー】の真っ最中だ。

 なお、日本では5枚組スーパー・デラックス・エディション(4CD+1Blu-rayオーディオ)は、輸入盤のみユニバーサル ミュージック公式通販サイトで販売される。

◎リリース情報
先行配信曲「ベス(アコースティック・ミックス)」
配信中
https://umj.lnk.to/KISS_Beth

アルバム『地獄の軍団 – 45周年記念デラックス・エディション』
2021/11/19 RELEASE
UICY-79758/9 / 3,960円(tax incl.)
※日本盤のみSHM-CD仕様
※日本盤は2CDデラックス・エディションのみ発売
https://umj.lnk.to/KISS_Destroyer45


音楽ニュースMUSIC NEWS

山下達郎、46年ぶりに『オールナイトニッポンGOLD』パーソナリティを担当

J-POP2022年5月25日

 山下達郎が、2022年6月21日放送のニッポン放送『オールナイトニッポンGOLD』のパーソナリティを担当する。  ソロデビュー直前の1976年に『オールナイトニッポン』2部を担当していた山下達郎。今回は『オールナイトニッポン』55周年記念 … 続きを読む

M!LK、ももクロ・百田夏菜子の連ドラ初主演ドラマのオープニングを担当

J-POP2022年5月25日

 5人組ボーカルダンスユニット・M!LKの新曲「奇跡が空に恋を響かせた」が、2022年6月4日よりスタートする連続ドラマ『僕の大好きな妻!』のオープニング曲に決定した。  本曲は、太陽に光の輪がかかる奇跡を、大切な人と出会う恋の奇跡と繋げて … 続きを読む

星野源、映画『ゴーストブック おばけずかん』主題歌に新曲「異世界混合大舞踏会 (feat. おばけ)」書き下ろし

J-POP2022年5月25日

 星野源が、7月22日より全国東宝系にて公開の映画『ゴーストブック おばけずかん』の主題歌に新曲「異世界混合大舞踏会 (feat. おばけ)」を書き下ろした。  同映画は、『ALWAYS 三丁目の夕日』や『DESTINY 鎌倉ものがたり』を … 続きを読む

レトロな少女、新曲「アングラサブカルらぶ&らぶ」配信リリース

ジャパニーズロック2022年5月25日

2人組個性派音楽集団・レトロな少女が、公式音源としては1年7カ月ぶりとなる新曲「アングラサブカルらぶ&らぶ」を配信リリース。繰り返しがクセになるキャッチ―なメロディーと、独特な言語感覚でサブカルを歌う詞世界が、彼らの不思議な世界観を生み出す … 続きを読む

水瀬いのり、2022年秋のライブツアー開催を発表

ニュース2022年5月24日

水瀬いのりが9月より全国ライブツアー『Inori Minase LIVE TOUR 2022 glow』(ヨミ:イノリ ミナセライブツアー ニセンニジュウニ グロー)を開催することが決定した。ツアーファイナルは横浜アリーナにて開催され … 続きを読む

amazon

page top