M!LK、これまでの集大成となるZeppツアーを完走!終演後にはサプライズで発表も!?

2021年8月20日 / 22:45

8月20日(金)@東京・Zepp Tokyo (okmusic UP's)

変幻自在の5人組ボーカルダンスユニット、M!LKが8月20日(金)に東京・Zepp Tokyoで全国5都市7公演に及んだZeppツアー「M!LK BEST L!VE TOUR 〜Thank you for your smile〜」のファイナルを迎えて、アンコールで結成7周年の記念日である2021年11月24日(水)にビクターエンタテインメントよりメジャーデビューすることを発表した。

佐野勇斗、塩﨑太智、曽野舜太、山中柔太朗、吉田仁人の5人からなるM!LKは、2014年11月24日に結成。これまでに4枚のアルバムと11枚のシングルを出しているが、「M!LK BEST L!VE」と銘打った本ツアーでは、その名の通り、全シングル曲をパフォーマンスし、7月28日に配信した新曲「月明かりの透明」も披露。過去、現在、未来をまたぐセットリストで、どんな時でも笑顔で応援してきてくれたみ!るきーず(ファンの愛称)に“これまで”の感謝の気持ちを伝えるとともに、メジャーデビューに向けた“これから”の活躍に期待が高まるような内容となっていた。

ライブは2015年3月にリリースされたインディーズ1stシングル「コーヒーが飲めません」でフレッシュな笑顔と共に幕を明け、佐野はダイナミックな前方宙返りを見せた。可愛く舌を出す「反抗期アバンチュール」から自己紹介ソング「新学期アラカルト」と学校を舞台にした初期楽曲を続ける中で、山中が「愛される準備はできてるか?」と甘い言葉を囁くと、塩﨑は「みんなに会いたかったです!」と続け、佐野が「行くぞ!後悔のないように、ペンライトをあげていこうぜ!!」と絶叫。タオルの代わりにペンライトを回した「サマーガンバ」を経て、「夏味ランデブー」ではピンスポットに照らされた吉田が「み!るきーずのみんな、愛してるよ」と告白し、満員の観客を魅了した。

冒頭は、まるで夏祭りのような陽気で賑やかな時間となっていたが、吉田・佐野・山中のユニット曲である新曲「月明かりの透明」で場内のムードは一気に夏の夜へと変化。アーバンR&Bナンバーを切なくしっとりと歌いあげたあと、本ツアーのために結成されたM!ダンサーズを従えた塩﨑が踊るハードなエレクトロナンバーを合図にメドレーへと突入。17歳のラッパー・さなりが手がけた「energy」をはじめ、トラップやフューチャーベース、ヒップホップやトランスなど、最新のサウンドメイクが施されたダンストラックでクールかつセクシーな仕草や表情も垣間見せ、ウィクリーチャートで2位を獲得した8thシングル「Over The Storm」では困難を打ち破るように激しく力強く歌い踊ることで、楽曲のエッジーさをより際立たせていた。

中盤では再び笑顔が輝く王子様のような5人がカムバック。「白黒Brand New Day」ではソロダンスを踊った曽野が美しい回転ボレーシュートを決め、山中がカメラ目線でウィンクを送った「恋がはじまる」では四季折々をめぐる爽やかなラブストーリーを繰り広げ、アカペラから始まるバラード「イチニノサン」ではメンバー同士がしっかりとアイコンタクトを取り、カラフルな個性を湛えた5人でしかなし得ないハーモニーを響かせた。

結成からの6年間の集大成とも言える本編の後半は、ヒット曲を中心にエモーショナルに駆け抜けていった。「My Treasure」では、同じ時間と場所を共に楽しんでくれたみ!るきーずへの感謝の気持ちを<Thank you for Smile>というフレーズに込めて全力で歌い、「疾走ペンデュラム」や「テルネロファイター」「ボクらなりレボリューション」では、会場全体が1つとなって牛のツノのようにペンライトを掲げ、揺らし、ジャンプし、盛大なクラップを鳴らして盛り上がった。そして、青春ギターロック「ERA」では新しい時代を掴んでいくんだという強い意思を込めて熱唱。ステージの最前線まで足を進めて情熱的に歌ったラブソング「かすかに君だった」を経て、メンバーを代表してリーダーの吉田が「M!LKは活動してきて7年になります。姿、形を変えながらも、たくさんの方に応援していただきながら、ここまで進んでくることができました。このツアーはその7年の集大成だと思っています。でも、ゴールではなくて、僕たちの夢である<ドームツアー>を、僕の大好きなメンバーと、僕たちの愛するみ!るきーずのみんなとできるように、これからも頑張っていきたいと思います。僕は、この5人でM!LKでほんとに幸せだなと思いました」と、ライブで初めて“ドームツアー”という夢を公言し、メンバーへの思いを語り出したところで号泣。佐野に背中をさすられても涙が止まらず、佐野が「メンバーで一回、集まろう」と呼びかけて円陣を組み、気を取り直して「だから、みんなでもっといい景色を見に行きたいなと思っているので、応援よろしくお願いします」とメンバー揃って深々とお辞儀をすると、会場からは温かい拍手が沸き起こった。そして、「これまでの僕たちが、これからの僕たちの背中を押してくれることを祈りながら歌います」という言葉の後、本編の最後に、涙ながらに歌われたのは「まっしろサンライズ」だった。4thシングル「夏味ランデブー」のアイス盤のカップリングに収録されていたレア曲だが、この5人で新しいスタートを切るんだという決意と覚悟が滲み出ていたように見えた。

アンコールではメンバーの名前が書かれたくじを使った即興芝居で楽しませ、「Special Thanx」では改めて、ファンに感謝を込めた歌声を投げかけ、最後は5人が仲良く肩み、くしゃくしゃの笑顔を見せ合いながら、最後まで一緒に夢をみよう、笑い合おうよというメッセージを込めたアンセム「Around The World」を歌いあげ、ベストライブは大団円を迎えた。吉田の「ツアーが完走できて本当に良かった!」という雄叫びを持ってライブは全て終了かと思いきや、ステージ上のスクリーンに、ビクター本社に忍び込む映像が映し出され、結成7周年記念日にメジャーデビューすることが発表された。場内が歓喜に湧く中で、ステージに<祝*メジャーデビュー>のタスキをかけたニッパーくんが登壇し、メンバーと記念撮影会を開始。さらに、2月13日(日)にパシフィコ横浜 国立大ホールでのワンマンライブを開催することもアナウンスされた後、メンバーは最後の挨拶を行ったのだが、佐野が「いろんな活動をさせていただいてる中で、しんどいことや悲しいこともあるけど、ステージに立って、みんなの顔を見るともっと頑張ばらなきゃなと思います」と語った後、メンバーにも面と向かって感謝を伝えたところで涙を流しはじめた。3年前に新メンバーとして加入した曽野と山中は「M!LKになってくれてありがとう」と伝えられた瞬間に号泣。み!るきーずも感動の涙を流すなかで、佐野は「卒業して行った3人のメンバーと約束したドームツアーを必ず叶えます」と力強く宣言。最後にマイクを外し、生声で「ありがとうございました」と声をあげ、ステージ上を降りようとしたところで、突然、会場の照明が暗転。メジャーデビューへ向けた強化合宿が行われることがメンバーにもサプライズで発表され、あっけに取られたメンバーは、「やられたー」「もういくの?」「聞いてないよー!」「いやだー」「いってきまーす」とそれぞれの感想を叫びながら、そのまま合宿所へと連れて行かれた。

なお、2021年11月24日(水)リリースとなるメジャーデビューシングル「Ribbon」は本日より予約開始。早期予約特典も発表されているので、詳細はM!LKオフォシャルサイトまで。

【セットリスト】

M1.コーヒーが飲めません

M2.反抗期アバンチュール

M3.新学期アラカルト

M4.サマーガンバ

M5.夏味ランデブー

M6.月明かりの透明(7月28日配信)

M7.Daichi Dance

M8.メドレー / 上昇思考クライマー

M9.メドレー / MAGIC CARPET

M10.メドレー / energy

M11.メドレー / May

M12.Over The Storm

M13.SAY YEAH(春ツアーver.)

M14.白黒Brand New World

M15.恋がはじまる

M16.イチニノサン

M17.My Treasure

M18.疾走ペンデュラム

M19.テルネロファイター

M20.ボクラなりレボリューション

M21.ERA

M22.かすかに、君だった

M23.まっしろサンライズ

<ENCORE>

EN1.愛と合図

EN2.Special Thanx

EN.3Around The World
シングル「Ribbon」
2021年11月24日(水)発売

【初回限定盤A】(CD+Blu-ray)

VIZL-1965/¥3,300

<収録曲>

■CD

M1, Ribbon

M2,タイトル未定B

■Blu-ray

※後日発表

【初回限定盤B】(CD+Blu-ray)

VIZL-1966/¥3,300

<収録曲>

■CD

M1, Ribbon

M2,タイトル未定B

■Blu-ray

※後日発表

【通常盤】(CD)

VICL-37613/¥1,100

<収録曲>

M1, Ribbon

M2,タイトル未定A

◎ご予約はこちら:

https://www.jvcmusic.co.jp/MILK/Ribbon/
【ライブ情報】
『タイトル未定』

2022年2月13日(日) 神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホール

開場:16:30 開演:17 :30

https://sd-milk.com/pacifico2022


音楽ニュースMUSIC NEWS

【ビルボード】ジャニーズWEST『黎明/進むしかねぇ』初週19.7万枚でシングル・セールス首位

J-POP2022年1月24日

 2022年1月26日公開(集計期間:2022年1月17日~1月23日)のBillboard JAPAN週間シングル・セールス・チャート“Top Singles Sales”で、ジャニーズWESTの『黎明/進むしかねぇ』が初週197,400 … 続きを読む

【ビルボード】木村拓哉『Next Destination』初週70,503枚を売り上げてアルバム・セールス首位

J-POP2022年1月24日

 2022年1月26日公開(集計期間:2022年1月17日~1月23日)のBillboard JAPAN週間アルバム・セールス・チャート“Top Albums Sales”で、木村拓哉の『Next Destination』が初週70,503 … 続きを読む

優里が「ドライフラワー」を英語でセルフカバー、「Dried flower(English ver.)」配信リリースへ

J-POP2022年1月24日

 優里が自身の大ヒット曲「ドライフラワー」を英語でセルフカバーした「Dried flower(English ver.)」を2月1日に配信リリースする。  2021年年間の総合ソング・チャート「Billboard JAPAN HOT 100 … 続きを読む

『ナイト・コール』イヤーズ&イヤーズ(Album Review)

洋楽2022年1月24日

 オリー・アレクサンダー、マイキー・ゴールドスワシー、エムリ・タークメンによる英ロンドン出身のトリオ・バンド……であったのは昨年3月までのことで、以降オリーによるソロ・プロジェクトとして再スタートを切ったイヤーズ&イヤーズ。個々それぞれに長 … 続きを読む

<ライブレポート>CHAI、東名阪対バンツアー終演 ありのままの楽しさが伝播したツアーファイナル

J-POP2022年1月24日

 CHAIが、1月17日に東名阪対バンツアー【冬のCHAIまつり2022】のツアーファイナルを、東京・Spotify O-EASTにて開催した。  大阪公演にNEE、名古屋公演にMom、そして、ツアーファイナルの東京公演にはiriと、新進気 … 続きを読む

amazon

page top