N0NAME、単独ライブでシングル発売を発表

2021年5月16日 / 19:00

5月15日@TOKYO club asia Photo by 谷 峰登 (okmusic UP's)

名古屋発5人組ダンス&ボーカルグループのN0NAME(ノーネーム)が、5月15日にTOKYO club asiaにて単独ライブ『SUNRISE』を開催! 同日に配信リリースしたシングル「SUNRISE」や新衣装の初お披露目もあり、嬉しい発表もあり、5人が堂々と見せつけた豊かな表現力と旺盛な表現欲は、先の見えない時代を照らす一筋の光のようにも思えた。

黒基調の衣装に身を包んだ5人がステージに現れ、胸高鳴るショウの始まりを告げたのは「Your my KARMA」。躍動しながら順繰り歌をつないでいけば、見えてくるのはそれぞれの個性とスキルの高さだ。真っ直ぐ伸びやかな声が王道を貫くSHOJI。甘い歌声に艶を漂わせるATSUYA。ハスキーボイスが映えるHIROSHI。歌唱面ではどうやらこの3人が主軸となり、SEIRAのローボイスとTOKIのラップが折り重なれば、ますます鮮烈な印象だ。そして、振付を担当するTOKI、キレのある動きが武器のSEIRAをはじめ、しなやかさとダイナミズムを兼ね備えたパフォーマンスから、ひとときたりとも目が離せない。

「みなさん、楽しんでいきましょう!」とTOKIがフロアに呼びかけて、クールでスリリングな「TOKYO」へ。アグレッシブなライティングに浮かぶ5人が、歌にダンスにたたみかけていく。

ハイテンションなポップナンバー「Beautiful」では、笑顔でクラップのジェスチャーをする5人につられて、オーディエンスも大きくクラップ。ライブで声を出すことはまだ難しいけれど、ありったけの想いを込めたクラップは、ステージにちゃんと届いている。

和やかな雰囲気のMCタイムを経て、SHOJIがタイトルコールしたのは「BAD」。マイケル・ジャクソンを彷彿とさせるシャウトやパフォーマンス、挑発的な表情はだいぶ中毒性が高く、ドープな「MONSTER」でN0NAMEという沼に深く深くはまっていく。

その後、20時の公開に先駆けて「SUNRISE」のMVを特別上映。なかなか収束の兆しが見えないコロナ禍にあって、それでも会場に足を運んでくれた人への愛と感謝を、ここでもあらわにしてくれたのだ。

「SUNRISE」のMVで着用している白い衣装に着替えた5人がステージに再び現れると、「SUNRISE」を初披露。挫折や葛藤にも正面から向き合い、乗り越え、夢に向かい歩んでいくという決意のナンバーは、今を懸命に生きるすべての人たちの背中を押すメッセージソングでもある。歌にダンスに、すみずみまで入魂する5人の姿に、どうしたって心が動く。

続くバラード「リソウナキミ」でじっくりと聴かせて、魅せたかと思うと、トークではかけ合いじゃれ合いが止まらなくなる5人。そのギャップがまた、愛おしい。

SEIRAがタイトルコールした「Need you girl」は、ラテンテイストが印象的なナンバー。息ぴったりなジャンプキックやターンも見事にきめていく。

さらに、オーディエンスも気軽にできるハンドダンスで一体感を高めた、サマーチューン「Summer Love」。ここまで駆け抜けてきた上でこのキレッキレなダンス!と驚かせた「Fearlessly」。曲によってがらりと異なる表情を見せる5人に、翻弄される楽しみもある。

某国民的アニメのパロディ動画『ヒロシさん』で意表を突いたのちには、嬉しい知らせが。7月27日にシングル「CRUISING TOKYO」を初めて全国発売し、それに伴う東名阪インストアライブツアーが6月5日よりスタート、8月15日には2nd ワンマンライブ『CRUISING TOKYO』(二部制)を新宿ReNYにて開催するという、明るい未来を示してくれた。

本編最後に届けられたのは、ファンキーなディスコビートが効いた「Beat Now It」。今回のライブでは間奏部分を伸ばすアレンジで、途中でハットをかぶったSEIRAを筆頭に、マイケル・ジャクソンをオマージュ。エンターテインメントを心から愛してこそ、華のあるエンターテイナーになれる。それを体現するのが、N0NAMEだ。

鳴り止まないオーディエンスの手拍子に呼ばれ、ステージへと戻った5人。メンバーもオーディエンスもぐるんぐるんタオルを回して再会を誓った「AROUND」は、幸せな余韻を残した。

“良いものに名前はいらない”という意味でつけられた、N0NAMEというグループ名。比類なきオーラをまとう5人の可能性は、底知れない。N0NAMEが大躍進するなら、2021年はきっと面白い年になる。

Photo by 谷 峰登

Text by 杉江優花
配信シングル「SUNRISE」
2021年5月15日(土)配信

¥204
シングル「CRUISING TOKYO」
2021年7月27日(火)発売

全3曲収録

【ライブ情報】
■N0NAME 2nd ワンマンライブ『2021 CRUISING TOKYO』

8月15日(日) 新宿ReNY

〜Day Off〜(昼公演)

OPEN 12:30 START 13:00 

〜Night Out〜(夜公演)

OPEN 16:30 START 17:00

<チケット>

各公演 ¥4,000 + 1Drink

CRUISING TICKET (通しチケット)  ¥7,500 + 1Drink

■インストアイベント情報

6月05日(土) MAG’s PARK (MAGNETbySHIBUYA109屋上)

6月19日(土) イオンレイクタウン店(デベ広場)

6月20日(日) タワーレコード横浜ビブレ店 店内イベントスペース

6月27日(日) アリオ橋本店(屋外イベント広場)

※追加情報はオフィシャルサイトをご覧ください


音楽ニュースMUSIC NEWS

FLOWの新曲がTVアニメ『15周年 コードギアス 反逆のルルーシュ』のOP主題歌に決定

J-POP2021年8月5日

 FLOWの新曲が10月1日より放送スタートのTVアニメ『15周年 コードギアス 反逆のルルーシュ』のオープニング主題歌に起用されることがわかった。  『コードギアス』シリーズとタッグを組むのは4度目となるFLOW。これまで『コードギアス … 続きを読む

鈴木鈴木、「海のリビング」配信スタート MVには三原羽衣、ちゃんりーらが登場(8/5訂正)

J-POP2021年8月5日

 鈴木鈴木のオリジナル曲第4弾「海のリビング」の配信がスタートした。  本作は、自身初のサマーチューン。ミュージックビデオは、8月5日21:30にプレミア公開され、鈴木鈴木の他にTikTokやInstagramなどSNSで活躍する三原羽衣、 … 続きを読む

SPEEDのトリビュートAL『SPEED SPIRITS』、ISSA、大森靖子、Crystal Kay、高城れに、ビッケブランカら参加

J-POP2021年8月5日

 SPEEDのトリビュートアルバム『SPEED 25th Anniversary TRIBUTE ALBUM “SPEED SPIRITS”』が、2021年11月11日にリリースされる。  1996年8月5日にシングル「Body & … 続きを読む

ザ・ローリング・ストーンズのチャーリー・ワッツ、今秋の北米ツアーに参加しない方向

洋楽2021年8月5日

 ザ・ローリング・ストーンズのドラマーのチャーリー・ワッツが、今年9月から11月にかけて開催予定のバンドの北米ツアーに参加しない方向となった。新型コロナウイルスのため、2020年から今年に延期となっていたツアーは、9月26日にセイント・ルイ … 続きを読む

超特急、新曲「CARNAVAL」のソロバージョンMVを順次公開

ニュース2021年8月5日

7月21日に配信リリースされた超特急の新曲「CARNAVAL」が、Billboard Japan STREAMING SONGSでTop10入りし、MVは公開1週間で100万回再生を突破するなど、“CARNAVAL現象”が巻き起こっている。 … 続きを読む

amazon

page top