デヴィッド・ボウイ、2枚組CDの貴重な音源集『ウィドゥス・オブ・ア・サークル~円軌道の幅』発売決定

2021年4月16日 / 09:55

 2020年、デヴィッド・ボウイの『世界を売った男』のアメリカ発売50周年を記念して、当時のプロデューサーであるトニー・ヴィスコンティが施した新たなミックス音源を収録したレストア・ヴァージョン・アルバム『メトロボリスト』が発売されたが、今回イギリス発売から50周年を記念して、『ウィドゥス・オブ・ア・サークル~円軌道の幅~(原題: THE WIDTH OF A CIRCLE)』という2枚組CDの貴重な音源集がリリースされることとなった。今作は、海外では2021年5月28日に、そして日本盤は6月9日に発売となる。

 常に時代の先端を開拓し続けた伝説、デヴィッド・ボウイ。彼が大ヒット作『スペイス・オディティ』に続く作品として発表した、来るべきグラム・ロック時代への大いなる助走を捕らえた作品『世界を売った男(原題: THE MAN WHO SOLD THE WORLD)』は、まずアメリカで1970年11月に、そしてイギリスで1971年4月に発売となった。今年イギリス発売から50周年という記念すべきアニバーサリー・イヤーを迎えるこのアルバムは、ギタリストのミック・ロンソンとのコラボレーションの始まりとなっただけでなく、『ハンキー・ドリー』や『ジギー・スターダスト』、『アラジン・セイン』といった名盤へと続く70年代のボウイの幕開けを飾る、まさにランドマーク的な作品だ。
 
 アルバム『世界を売った男』のオープニング・トラックと同じタイトルが名付けられたこの『ウィドゥス・オブ・ア・サークル~円軌道の幅~』は、アルバム未収録のシングル曲や、BBCコンサート・セッション音源、TV番組用の音楽や、トニー・ヴィスコンティによるリミックス音源など、1970年のボウイによるレコーディング音源をまとめあげた作品となっており、同時に彼の次なるアルバム『ハンキー・ドリー』へと続くサウンドの歩みを垣間見せてくれる作品となっている。
 
 ハードカヴァー・ブック仕様のパッケージに2枚のCDとブックレットを同梱したこの『ウィドゥス・オブ・ア・サークル~円軌道の幅~』のCD1には、1970年2月5日にレコーディングが行われ、2月8日に放送された『ザ・サンデイ・ショウ・イントロデュースト・バイ・ジョン・ピール』より、デヴィッド・ボウイと、ザ・ハイプとして知られるトニー・ヴィスコンティ・トリオによるパフォーマンスが14曲収録されている。
 
 続くCD2には、1970年2月1日にエジンバラにあるゲートウェイ・シアターで収録され、スコットランドのTV局のみでその後放映された『ザ・ルッキング・グラス・マーダーズ』(ピエロ・イン・ターコイズの名でも知られる)の音源をはじめ、アルバム未収録となっていたシングル楽曲、1970年3月25日に収録、4月6日に放送された『サウンド・オブ・セヴンティーズ:アンディ・フェリス・ショウ』の音源(こちらもボウイとザ・ハイプスによるパフォーマンスだ)、そしてトニー・ヴィスコンティによる最新ミックス音源などを収録。2枚のCDに21曲の未発表音源を含む全34曲の貴重な音源がたっぷりと収録されている。
 
◎リリース情報
『ウィドゥス・オブ・ア・サークル~円軌道の幅~』
輸入盤:2021/5/28 RELEASE 
国内盤:2021/6/9 RELEASE 
WPCR-18424/5 / 3,500円 (plus tax) / 輸入盤国内仕様
 CD 1:
『THE SUNDAY SHOW INTRODUCED BY JOHN PEEL / ザ・サンデイ・ショウ・イントロデュースト・バイ・ジョン・ピール』
Recorded on 5th February, 1970 and broadcast on 8th February, 1970
01. Amsterdam / アムステルダム
02. God Knows I’m Good /神は知っている
03. Buzz The Fuzz / バズ・ザ・ファズ※
04. Karma Man / カーマ・マン※
05. London Bye, Ta-Ta / ロンドン・バイ・タ・タ※
06. An Occasional Dream / おりおりの夢※
07. The Width Of A Circle / 円軌道の幅
08. Janine / ジャニーヌ※
09. Wild Eyed Boy From Freecloud / フリークラウドから来たワイルドな瞳の少年※
10. Unwashed And Somewhat Slightly Dazed / 眩惑された魂
11. Fill Your Heart / フィル・ユア・ハート※
12. The Prettiest Star / プリティエスト・スター※
13. Cygnet Committee / シグネット・コミティー
14. Memory Of A Free Festival / フリー・フェスティバルの思い出
 
CD 2:
『THE LOOKING GLASS MURDERS AKA PIERROT IN TURQUOISE / ザ・ルッキング・グラス・マーダーズ aka ピエロ・イン・ターコイズ』
01. When I Live My Dream / 僕の夢がかなう時※
02. Columbine / コロンビーナ※
03. Harlequin (aka The Mirror) / ハーレクイン(aka ザ・ミラー)※
04. Threepenny Pierrot / 三文ピエロ※
05. When I Live My Dream (Reprise) / 僕の夢がかなう時(リプリーズ)※
 
SINGLES / シングルズ
06. The Prettiest Star (Alternative Mix) / プリティエスト・スター(オルタナティヴ・ミックス)※
07. London Bye, Ta-Ta / ロンドン・バイ・タ・タ
08. London Bye, Ta-Ta (1970 Stereo Mix) / ロンドン・バイ・タ・タ(1970ステレオ・ミックス)
09. Memory Of A Free Festival (Single Version Part 1) / フリー・フェスティバルの思い出(パート1)
10. Memory Of A Free Festival (Single Version Part 2) / フリー・フェスティバルの思い出(パート2)
11. Holy Holy / ホーリー・ホーリー
 
『SOUNDS OF THE 70’S: ANDY FERRIS SHOW / サウンズ・オブ・ザ・セヴンティーズ:アンディ・フェリス・ショウ』
Recorded on 25th March, 1970 and broadcast on the 6th April, 1970
 
12. Waiting For The Man / 僕は待ち人※
13. The Width Of A Circle / 円軌道の幅※
14. The Wild Eyed Boy From Freecloud / フリークラウドから来たワイルドな瞳の少年
15. The Supermen (Bowie At The Beeb vinyl only) / スーパーメン
 
2020 MIXES / 2020ミックス

16. The Prettiest Star (2020 Mix) / プリティエスト・スター※
17. London Bye, Ta-Ta (2020 Mix) / ロンドン・バ・タ・タ※
18. Memory Of A Free Festival (Single Version – 2020 Mix) / フリー・フェスティバルの思い出(シングル・ヴァージョン)※
19. All The Madmen (Single Edit 2020 Mix) / オール・ザ・マッドメン(シングル・エディット)※
20. Holy Holy (2020 Mix) / ホーリー・ホーリー※

※未発表音源


音楽ニュースMUSIC NEWS

『下北沢にて'21』の第3弾出演アーティストとしてWienners、クリトリック・リス、トリプルファイヤーらを発表

ジャパニーズロック2021年9月25日

12月4日(土)に下北沢で開催されるTHEラブ人間主催のサーキットイベント『下北沢にて’21』の第3弾出演者が発表された。 今回発表されたのは、Wienners、オワリカラ、クリトリック・リス、THE BOYS&GIRL … 続きを読む

柏木由紀×BiSH、AKB48コンサート後のトーク映像公開

J-POP2021年9月25日

 柏木由紀と、BiSHのセントチヒロ・チッチ、ハシヤスメアツコ、モモコグミカンパニーのトーク映像が公開された。  今回公開された映像は、柏木由紀が脊髄空洞症と診断される前、5月23日にぴあアリーナMMにて開催されたAKB48のコンサート【1 … 続きを読む

Dos Monos、テレビ東京『蓋』で放送された新曲「OCCUPIED!」ワンカットMV公開 

J-POP2021年9月25日

 Dos Monosが、配信アルバム『Larderello』より、収録曲「OCCUPIED!」のミュージックビデオを公開した。  アルバム『Larderello』には、オルタナティブHipHopユニットのDos Monosと、テレビ東京気鋭 … 続きを読む

SHE'S、アカネキカク全面協力の下作成された新曲「Take It Easy」MV公開

ジャパニーズロック2021年9月25日

2021年、バンド結成10周年・メジャーデビュー5周年のアニバーサリーイヤーを迎えたSHE’Sが、10月6日(水)にリリースするアルバム『Amulet』より「Take It Easy」のMVをYouTubeにて解禁した。 9月2 … 続きを読む

BUCK-TICK、13週連続ライブ映像配信決定

J-POP2021年9月25日

 BUCK-TICKが、“BUCK-TICK SUNDAY STREAMING SPECIAL”と題して10月3日より約3か月にわたり過去のライブ映像を配信することが決定した。  BUCK-TICKは、本来であれば10月より2019年以来と … 続きを読む

amazon

page top