バーズ・オブ・シカゴのアリソン・ラッセル、ビリー・アイリッシュ「everything i wanted」の英語&フランス語カヴァーを公開

2021年3月1日 / 18:55

  アワ・ネイティヴ・ドーターズ(リアノン・ギデンズ、レイラ・マッカーラ、アメシスト・キアとの共演)とバーズ・オブ・シカゴ(夫/音楽パートナーのJT Neroとの共演)の創設メンバーであり、期待のシンガー・ソングライター/マルチ・インストゥルメンタル奏者、アリソン・ラッセルがビリー・アイリッシュの「everything i wanted」を英語とフランス語で歌った魅惑的なカヴァーをリリースした。この曲は、今月初めにリリースされたシャーデーの「バイ・ユア・サイド」とフリートウッド・マックの 「ランドスライド」に続くカヴァー3弾目となる。
 
 アリソンは、カヴァーについて以下のようにコメントしている。「ニキ・スミス・フレージャーは私の親愛なる友人の一人であり、私の選ばれし妹でもあります。ニキはポップ・ミュージックが大好きで、子供たちが寝静まった後、深夜にワインを飲みながらYouTubeのディープ・ダイビング・セッションを何度もしていますが、彼女は私のガイドであり、教師でもありました。ビリー・アイリッシュの音楽を最初に紹介してくれたのも彼女です。彼女の娘、エズラとヴァイ、私の娘、アイダ、私の姪のエリー、そして私は皆、2つのことに同意することができます ー ビリー・アイリッシュとリゾ。2020年は多くの喪失と痛みと別れで重くのしかかっていましたが、即興のダンス・パーティーや、ワイルドなアイダと彼女のパパと一緒に50/50のビリーとリゾの音楽に合わせて歌うことで、明るさと平穏さがもたらされました。私はセレブ文化の不均衡について考えていましたが、私たちの社会の傾向として、まず不可能な台座に人を乗せてから、その人、特に女性を叩きのめすことがどれほど不幸なことなのか……。望まない世論の拡大鏡の下でのビリーの優しさは驚くべきものであり、英雄的なものでした。彼女の芸術性の高さには目を見張るものがあります。誰にとってもーまだ若い人にとってもー。この曲を初めて聴いたとき、私は心を痛めました ー もしかしたら読みすぎたのかもしれませんが ー でも、私は内臓レベルでこの曲とつながりました ー 死がいつもささやくように離れていた、私自身の苦しめられた10代の頃の記憶がよみがえってきました……この曲は、あなたを見て、あなたを愛してくれる稀有で貴重な人たちに感謝することを思い出させてくれます ー あなたがあなたと同じように ー あなたも同じように ー 私たちはお互いを支え合っています。共感は私たちの通貨です。それは良くなっていく。あなたは一人ではありません」
 
 また、これまでのカヴァー・プロジェクトに関しても以下のようにコメントしている。「私はいつも恐れと恥ずかしさの中で育ちました。私は生き延びるために、自分自身をとても小さく、とても静かにすることを学びました。私の養父は私の主な虐待者であり ー 私の人生のすべての側面と私たちの絶えず変化する世帯の激しく制御されていました。彼は特に、私たちが聞くことを許されているものについては専制的でした。1820年以降に書かれたものはほとんど禁止されていました。白人が書いたもの以外は すべて禁止されていたのです。私は彼の暴力から逃れるために15歳で家出をしましたた… 音の全く新しい世界が 私に開かれ、音楽は私の人生を救ってくれました。女性でも音楽を書けることを知りました。自分がミュージシャンであり 作家であることを発見したのです。 でも、私はまずはリスナーでした。現代的な曲を聴くたびに、私の心を揺さぶるものがありますが、それは抵抗のように感じます。ビリー、シャーデー、スティーヴィー・ニックス、パワフルな作家たち、これらの素晴らしいアーティストたちは、私に勇気と完全な人間性を感じさせてくれます。これらの曲はそれぞれ、私が訪れて再訪したくなるような世界を作り出していています。彼らは私にとって自由のように聞こえます。曲の中に自分自身の真実を見つけながら、それらの曲を正当化しようとしてきました。私は彼らの詩の一部をフランス語に翻訳しました。モントリオールの子供時代の言葉が恋しくて、壊れてしまった年月を取り戻そうとしているのです。これらの解釈が少しでも慰めになりますように。新しい年に希望と癒しを」
 
 なお、アリソン・ラッセルは、初のソロ・アルバムを今春リリース予定となっている。
 
◎リリース情報
「everything I wanted」
2021/2/26 RELEASE
https://jazz.lnk.to/AR_eiwPR

Photo: Francesca Cepero


音楽ニュースMUSIC NEWS

ジャスティン・ビーバー/イディナ・メンゼルなど、アース・デイに開催される【Earth Day! The Musical】に参加

洋楽2021年4月21日

 米科学者のビル・ナイが、気候変動への意識を高めるためアース・デイに開催するFacebook Watchのスペシャル番組にジャスティン・ビーバー、イディナ・メンゼル、マルーマなどの参加を呼びかけていることが米ビルボードの取材で明らかになった … 続きを読む

RAISE A SUILEN、TVアニメ『擾乱』テーマ曲収録シングル『EXIST』リリース

J-POP2021年4月21日

 『BanG Dream!(バンドリ!)』プロジェクトより、RAISE A SUILENの7枚目のシングル『EXIST』が発売された。  TVアニメ『擾乱 THE PRINCESS OF SNOW AND BLOOD』のオープニング主題歌と … 続きを読む

Original Loveのデビュー30周年記念ツアー【Don't Forget Your Soul Power】、ライヴメンバーが発表

J-POP2021年4月21日

 Original Loveのデビュー30周年を記念したツアー【Don’t Forget Your Soul Power】のライヴメンバーが発表された。  まず、佐野康夫(Ds)と小松秀行(B)という『風の歌を聴け』のリズム隊が … 続きを読む

BTS、配信ライブ【MAP OF THE SOUL ON:E】のコンセプト・フォトブックを発売へ

洋楽2021年4月21日

 BTSが、2020年10月に開催したヴァーチャル・コンサート【MAP OF THE SOUL ON:E】のフォトブックをリリースする。  2021年4月20日に彼らは、『MAP OF THE SOUL ON:E』コンセプト・フォトブックか … 続きを読む

サイダーガール、新曲「ライラック」MVプレミア公開決定

J-POP2021年4月21日

 サイダーガールが、新曲「ライラック」のミュージックビデオを4月21日の21:00にプレミア公開することが決定した。  今回のミュージックビデオは、本作でアートワークを一新した決意が表現されており、今までとは違った新たなサイダーガールが感じ … 続きを読む

amazon

page top