イナ戦「世明けのうた」MVで共演した野球部時代の先輩、俳優・宇野祥平との部室の匂い漂う対談インタビュー公開

2021年1月18日 / 18:00

 初の地上波ドラマタイアップとなったテレビ東京系 ドラマBiz『行列の女神~らーめん才遊記~』主題歌「WABISABIの唄」や、BS12 トゥエルビ ドラマ『課長バカ一代』主題歌「リーダー論争」なども収録。先行きが見えない時代だからこそ聴いてほしい渾身の新アルバム『世明けのうた』を完成させたTHE イナズマ戦隊が、その表題曲のMV(https://youtu.be/y1pIGav4xNc)で共演した俳優・宇野祥平との対談を実現した。

 高校野球部時代の先輩・後輩の仲でもあった2組は、これまでにどんな関係性を築いてきたのか。そして、今回の運命的な共演に対して何を想ったのか。実にイナ戦らしい、部室の匂い漂う対談インタビュー。ぜひご覧頂きたい。

◎THE イナズマ戦隊×宇野祥平 対談インタビュー

<野球部時代の関係性「先輩というより上司、いや、殿様?」>

--野球部時代の先輩でもある宇野祥平さんとの「世明けのうた」MV撮影はいかがでしたか?

上中丈弥(vo):良い曲も出来て、宇野さんが出演してくれると決まった時点で、素晴らしいミュージックビデオが出来るのは目に見えていたんですけど……やっぱり何よりも野球部時代からの先輩と一緒に何かをやれたことが嬉しかった。実際には先輩というより上司、いや、殿様なんですけど。

宇野祥平:違うだろ(笑)。僕らの代は部員が2人しかいなかったんですよ。だから自動的に1人がキャプテンになって、僕が副キャプテンだったんですけど、丈弥たちとは一緒にガッツリ試合に出ていたから「先輩・後輩」というより「チームの仲間」という感覚で。

上中丈弥:なので、僕らには優しかったんですけど……まぁアレでしたね。

宇野祥平:いやいやいや(笑)。

中田俊哉(b):甲子園大会の予選があるじゃないですか。少数の部員構成の野球部だったので、僕らは先輩の代から試合に出させてもらっていたんですよ。なので、弱いチームだったんですけど、先輩と野球をやっていたことがずっと忘れられないし、予選で負けたときはめちゃくちゃ泣きました。

宇野祥平:その泣いていた姿は今でも憶えているんですよ。「本当にすみませんでした!」みたいな。僕らの代は2人しかいなかったんで、年齢とか関係ないひとつのチームだと思っているんですけど、なんとなく先輩と後輩でいなきゃいけない雰囲気があった。同じ主力メンバー同士だったんで、ちょっと複雑でしたね。あの時代特有の上下関係というか……

上中丈弥:僕らが感じていたのは、その上下関係をめちゃくちゃ作って来られた方なんじゃないかなって……

宇野祥平:何言ってんの! 伝統がそういう雰囲気を作っていたんだよ。

上中丈弥:でも、まだ古い体育会系の時代のわりには、僕らの野球部はすごく温かい感じでしたよね。でも宇野先輩はギラギラしていました。

宇野祥平:この話広げるの、もうやめよう(笑)

<「宇野さんが出ているらしいぞ」北野武監督の映画『座頭市』>

--その頃から互いに音楽や俳優の道は志していたんですか?

中田俊哉:僕らは野球部と並行して軽音楽部で音楽もやっていたんですよ。それを宇野さんはもちろん知ってくれていたんですけど、僕らは宇野さんが役者さんの道に興味を持っているなんて全く知らなくて。

上中丈弥:あの頃、全くそんな話はしていなかったですよね。いつ頃から目指していたんですか?

宇野祥平:昔からずっと好きで。でも、ほとんど誰にも話していなかった。

上中丈弥:高校卒業してから「宇野さんが天王寺の駅前かなんかで血だらけになって撮影していた」と聞いて。でも、俺らの中では「それ、撮影ちゃうんちゃうか?」って(笑)。

宇野祥平:撮影だよ!

上中丈弥:僕たちが大阪の高校を卒業して、北海道の大学に進学してバンドやっていた頃に宇野さんは上京していたんですよね。

宇野祥平:彼らが軽音楽部で音楽やっている姿や文化祭でライブしている姿を観ていましたし、卒業後も同級生の女の子が「THE イナズマ戦隊、頑張ってるよ」と僕の東京の家にCDを送ってくれたりしていたので、ずっと彼らの動向を見たり聞いたりはしていたんですよ。当時の自分は99%バイトしていたから、何かしらの影響を受けたところはあったと思いますね。

上中丈弥:苦労されている話は聞いていました。

山田武郎:で、いちばん最初に「あの作品に宇野さんが出ているらしいぞ」という話が耳に入ってきたのが、北野武監督の映画『座頭市』。

上中丈弥:あれはビックリしたなぁ!

<お互いに東京で戦い続けてきた結果としてコレがある>

--お互いに間接的に活躍ぶりは把握されていたんですね。ゆえに今回の「世明けのうた」MVでの共演にも繋がったと。

中田俊哉:「絶対にいつかは宇野さんとお仕事させてもらいたいな」と言っていたんですよ。なので、今回「世明けのうた」MVの会議で「運転手さん役、どうしましょうか?」という話になったときに「宇野さんが良いんちゃうかな!」って。で、実際に撮影しながら、運転手席で演技している宇野さんの姿を後ろから見ていたら、ホンマに感動しすぎて……涙出そうになりましたもん。

上中丈弥:出ぇへんかったの?

中田俊哉:出ぇへんかったけど。

宇野祥平:え、出なかったの?

一同:(爆笑)

宇野祥平:でも、僕も感慨深かったですよ。ふたり(山田武郎&久保裕行)は後輩・野球部じゃなかったけど、六本木で初めてこの4人のTHE イナズマ戦隊のライブを観させてもらって、それからもう20年ぐらい経っているんです。今回のMVでの共演は、それだけ長いことお互いに活動し続けてきたから実現できたことなので。

上中丈弥:20年、お互いに東京で戦い続けてきた結果としてコレがある。最高ですよね。

山田武郎(g):野球部ではなかったんですけど、僕も同じ高校に通っていたんですよ。その当時は先輩ってだけで怖くて、「あんまり目合わさんでおこう」みたいな……(笑)

宇野祥平:いや、本当にそういう時代だっただけなんですよ(笑)。

山田武郎:でも、20年ぐらい前に東京へライブしに来たときに初めて宇野さんとちゃんとお話しさせて頂いて、お互いに好きなeastern youthの話で盛り上がったりして。それで「こんなあったかい人だったんだなぁ」と知ってからは宇野さんが出演されている作品もよく観させてもらっているので、今回ご一緒できるのは本当に感無量でした。「ホンマに俺らの為に演技してくれているんや……うれしい」と思いましたね。

久保裕行(dr):僕の中での宇野さんは、メンバーとの会話の中でよく出てくる宇野さんで(笑)。なので、同じ野球部や学校に通っていた仲ではないんですけど、宇野さんのエピソードだけはたくさん聞いていたんですよ。で、いざ、宇野さんとMVを撮影させて頂いたら、メンバーと高校時代から培ってきたバックボーンが垣間見えたし、メンバーが宇野さんを慕う理由もすごく良く分かったし、そのムードを作品として世の中に発信できるのはすごく有意義だなと思いました。

<THE イナズマ戦隊×宇野祥平 次回の共演は?>

--そんなメモリアルな再会を果たしたイナ戦と宇野さんですが、今回の「世明けのうた」のMV以降も共演してほしいです。

上中丈弥:いちばん嬉しいのは、宇野さんが携わっている作品にTHE イナズマ戦隊の音楽を起用してもらうことですね。それぐらい僕たちが成長しないといけない。

宇野祥平:そう言ってもらえるのは嬉しい。今ふと思い出したんだけどさ、映画のコメント書いたことあったでしょ? 山下敦弘監督の『リンダ リンダ リンダ』じゃなかったっけ?

上中丈弥:あ、そうですね! 楽曲提供させて頂いていたので! えー、そんなところもチェックしてくれていたんですね!

宇野祥平:僕もそのあと『リンダ リンダ リンダ』の山下監督とは何度か仕事させて頂いているんだけど……なんか今ふと思い出したわ。

上中丈弥:いろいろ繋がっていくんですね。いやぁー、まだまだ語り足りないですね。今度、同窓会しましょうよ!

宇野祥平:とりあえずコロナ落ち着いたら、この5人で呑み行こうよ。

上中丈弥:え、関係ないじゃないですか。あのふたり(山田&久保)。

一同:(笑)

久保裕行:いや、関係ないけど、呑むの好きだから……

上中丈弥:ウチらの高校のモグロさんっていう先輩を紹介するから、その人と呑みに行ったらいいよ。

久保裕行:モグロさんと俺で呑み行くの?

宇野祥平:なんでモグロとふたりで?

一同:(爆笑)

--みんなで仲良く呑んでください(笑)。

久保裕行:これ、丈弥に言われたんですけど、「おまえが俺らの高校にいたら、絶対に宇野さんにシバかれていた」って(笑)。

上中丈弥:でも、なにげに宇野さんと久保さんって同級生なんですよね。

久保裕行:そうなんです。それで「後輩じゃないから可愛がってもらえない」って(笑)。

宇野祥平:全然怖くないから!

上中丈弥:僕、宇野さんが先輩のおしり蹴り上げてんの見たことあります。

山田武郎:めちゃくちゃ強い(笑)。

宇野祥平:……思春期だったから(笑)。

Interviewer:平賀哲雄

◎リリース情報
アルバム『世明けのうた』
2021/01/13 RELEASE
CRCP-40607 2,727円+税
収録曲:
01.世明けのうた
02.THE GLORY SONG
03.WABISABIの唄
04.流れる日々を君と共に
05.僕の宝物
06.鳴り止まない鼓動
07.マイルメイルガンバル
08.Please Please marry me
09.おはようから墓場まで
10.リーダー論争
11.岐路に立つ君へ
12.大切な人 幸せであれ

◎THEイナズマ戦隊 link fire
https://lnk.to/yoakenouta

◎THEイナズマ戦隊「世明けのうた」MV
https://youtu.be/y1pIGav4xNc

◎THEイナズマ戦隊「世明けのうた」MV視聴回数アップ草の根運動始動!ツイート
https://twitter.com/inasen_official/status/1349317770442248194

◎THEイナズマ戦隊オフィシャルHP
http://www.inazumasentai.com/

◎THEイナズマ戦隊オフィシャルTwitter
https://twitter.com/inasen_official


音楽ニュースMUSIC NEWS

米津玄師、【SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2021】で「ALBUM OF THE YEAR」「VIDEO OF THE YEAR」の二冠

J-POP2021年3月8日

 米津玄師が、【SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2021】の主要5部門のうち、「ALBUM OF THE YEAR」、「VIDEO OF THE YEAR」の2部門を獲得、米津本人および奥山監督よりコメントが到着した。 … 続きを読む

次世代ボーイズグループ、VOYZ BOYが「GALAXY」のダンスプラクティス動画公開

J-POP2021年3月8日

 東京ドーム公演を目指す総勢47名(2021年3月現在)の次世代ボーイズグループ、VOYZ BOYが3月3日にリリースした「GALAXY」のダンスプラクティス動画をYouTubeで公開した。https://youtu.be/ZbY_7mYS … 続きを読む

フジファブリックの生配信番組に幾田りらと小説家の橋爪駿輝が出演決定

J-POP2021年3月8日

 フジファブリックが、最新アルバムのリリース前日となる3月9日に開催する生配信番組に、幾田りらと小説家の橋爪駿輝がゲスト出演する事が決定した。  幾田りらは今回のアルバム『I Love You』の収録曲「たりないすくない」でフジファブリック … 続きを読む

フジファブリック、アルバムリリース記念生配信に幾田りらと小説家の橋爪駿輝が出演

ジャパニーズロック2021年3月8日

フジファブリックが3月10に発売する11枚目のアルバム『I Love You』。アルバム発売前日となる3月9日(火)に開催されるYouTube Liveの生配信に幾田りらと小説家の橋爪駿輝がゲスト出演する事が決まった。 幾田りらは今回のアル … 続きを読む

SUPER★DRAGON、495日振りとなる有観客ワンマンライブの開催が決定

ニュース2021年3月8日

9人組ミクスチャーユニット・SUPER★DRAGON(略称:スパドラ) が、495日振りとなるリアルワンマンライブ『NEO CYBER CITY -ネオサイバーシティ-』を開催することを発表した。また、3月8日(月)20:00~3月14日( … 続きを読む

amazon

page top