映画『461個のおべんとう』の完成披露試写会に井ノ原快彦、道枝駿佑、KREVAらが登壇! “この時期に観ていただけるのはとても意味のあること”

2020年10月14日 / 17:45

11月6日(金)より全国ロードショーとなる映画『461個のおべんとう』の完成披露試写会が10月13日(火)に行われ、V6の井ノ原快彦、なにわ男子/関西ジャニーズJr.の道枝駿佑、森 七菜、若林時英、工藤 遥、阿部純子、野間口 徹、映美くらら、KREVA、やついいちろう、坂井真紀、兼重淳監督が登壇した。

本作はTOKYO No.1 SOUL SETの渡辺俊美によるお弁当エッセイ『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』(マガジンハウス刊)を映画化。なお、劇中で井ノ原が使用したギターはすべて実際に渡辺が使っているものとのこと。この日の試写会は映画のストーリーにちなんでキャストたちが“推しのおかず”をイメージした衣装を身にまとっており、井ノ原は玉子焼きをイメージした黄色のシャツ、道枝はきんぴらごぼう、映美はエビフライ、やついはアジフライのブローチを胸に付け、それぞれの好きなおかずについて語る場面もあった。

映画は井ノ原が演じるシングルファザーの鈴本一樹と、道枝が演じる息子の虹輝による親子・家族関係のストーリーをはじめ、虹輝の学園シーンや、一樹の職業であるミュージシャンならではのライヴ・スタジオシーンなど、さまざまな角度での日常が描かれている。道枝、森、若林が学校でお弁当を食べるシーンはほとんどがアドリブの会話だったり、休憩時間には3人でカラオケを楽しんだりと、撮影の合間も同級生のように過ごしていたそう。
また、虹輝の母親・浅井周子役を演じた映美は、“自分が出てないシーンなんですけど、(虹輝が)最後のお弁当を食べるシーンがすごく印象に残っていて。母親の気持ちにもなりましたし、父親の気持ちを感じられたり、いろんな人の想いがあふれていて、見終わったあとに心に持ち帰るシーンだと思います”とコメント。そして、一樹が所属するバンド・Ten 4 The Sunsのレコーディングエンジニア役を演じた阿部は、“バンドメンバーの空気が出来上がっていてぴったりで。何年も前からこのバンドが存在していたと錯覚するくらい、監督のカットがかかるまでずっとアドリブが続いていたのがびっくりしました”と話していたが、バンドマネージャー役の野間口曰くそのシーンはカットされているようで、監督に苦情を申し、キャストの間で笑いが起きる。

やついも“「明日撮影だね」っていうのが「明日ライヴだね」みたいな感覚だった”と話し、KREVAは“お弁当を461個も作り続けることって、やめたらその1回で終わっちゃうじゃないですか。そう考えると、何かを続けることって大事だなと映画を観て感じました”と自分自身の活動にも想いを重ねる。井ノ原は“ただこなすように作り続けるわけではなくて、朝まで飲んじゃった日にも作るってすごく人間臭くていいよね”と語りながら、印象に残ったシーンについて一樹の実家の鎌倉のシーンや、虹輝との歌唱シーンをあげ、道枝も“(井ノ原との歌唱シーンは)新鮮な気持ちで、素で楽しめました”とにこやかに話した。森も“Ten 4 The Sunsのライヴを観に行ったシーンがすごく楽しくて。カッコ良すぎたので映画だけではなくずっと続けてほしいと思いました”と太鼓判を押し、それを受けた井ノ原は“Ten 4 The Sunsも、最後にミッチー(道枝)と歌ったのも、何かかたちになったらいいなぁ。ジャニーズさん、レコード会社の皆さんお願いします(笑)”とアピール。
最後に道枝は“当たり前に感じる日常が当たり前ではないんだなと再確認できる映画になっています。親子の絆だったり友情だったり、いろんな絆が生まれる中で「お弁当ってすごいな」とか、「親って偉大だな」って改めて感じられる作品になっているので楽しんで観てもらえたら嬉しいです”とコメントし、井ノ原は“これは誉め言葉ですけど、何も起きないっていうのがとても魅力的でした。日常ってこんなに面白いんだなって思った作品です。一年前に撮り終わった時には、まさかこんな状況になっているとは誰も想像していなかったので、映画の見方も変わっていくのかなと考えたりもします。今この時期に観ていただけるのはとても意味のあることになるんじゃないかなと思います”と締め括った。映画は11月6日(金)より全国公開。お楽しみに!

(c)2020「461個のおべんとう」製作委員会
映画『461個のおべんとう』
■出演

井ノ原快彦、道枝駿佑(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)

森 七菜、若林時英、工藤 遥、阿部純子、野間口徹、映美くらら、KREVA、やついいちろう、坂井真紀、倍賞千恵子

■監督

兼重 淳(『キセキ -あの日のソビト-』)

■脚本

清水 匡 兼重 淳

■原作

渡辺俊美(TOKYO No.1 SOUL SET)

『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』(マガジンハウス刊)


音楽ニュースMUSIC NEWS

泡く、脆く。、新曲「めをみて feat.千鎖 fromミセカイ」が山崎まさよし&酒井大成 W主演ドラマのEDテーマに決定

J-POP2024年7月21日

 Ryo(Vo.)とumaru(Key./Cho)からなるアーティスト 泡く、脆く。の新曲「めをみて feat.千鎖 fromミセカイ」が、7月25日からMBS「ドラマフィル」枠ほかで放送される『三ツ矢先生の計画的な餌付け。』のエンディング … 続きを読む

【深ヨミ】『GONG/ここに帰ってきて』で13作連続のSGセールス首位を記録 SixTONESのシングル販売動向を調査

J-POP2024年7月21日

 2024年7月17日付のBillboard JAPAN週間“Top Singles Sales”で、SixTONES『GONG/ここに帰ってきて』が438,438枚を売り上げ、デビューから13作連続となる首位を獲得した。(集計期間2024 … 続きを読む

広瀬彩海(ex.こぶしファクトリー/ハロー!プロジェクト)とアイドルについて語り合うイベント開催決定! 来場者とオススメアイドル楽曲を紹介し合うコーナーも

J-POP2024年7月21日

 ハロー!プロジェクト所属のアイドルグループ・こぶしファクトリーのリーダーとして活躍し、現在はソロアーティストとしても素晴らしい歌を届け続けている広瀬彩海(ひろせあやか)。そんな彼女と音楽ライター・平賀哲雄によるトークイベント【広瀬彩海とア … 続きを読む

THE SUPER FRUIT、新曲は“自己肯定感爆上げソング” ヒャダイン楽曲提供にメンバーも驚き

J-POP2024年7月21日

 “男性版清純派7人組グループ”THE SUPER FRUITが、11月20日発売のミニアルバムに先駆けて、8月7日に新曲「どーぱみんみん あどれなりんりん」を配信する。  これは「どーぱみんみん あどれなりんりん」のミュージック・ビデオ撮 … 続きを読む

22/7、「YESとNOの間に」ダンスビデオ公開

J-POP2024年7月21日

  22/7が、新曲「YESとNOの間に」のダンスビデオを公開した。   今作の撮影は、茨城県日立市の「美しい駅」の一つに選ばれているJR日立駅にて行われており、太平洋を一望できるガラス張りの絶景で、特に水平線から朝陽が顔を覗かせる中での、 … 続きを読む

Willfriends

page top