【米ビルボード・ソング・チャート】トラヴィス・スコット首位デビュー、1年未満で3タイトルが初登場1位獲得の快挙

2020年10月6日 / 12:50

 トラヴィス・スコットの新曲「フランチャイズfeat.ヤング・サグ&M.I.A.」が1位にデビューした、今週の米ビルボード・ソング・チャート。
 
 9月25日にリリースされた「フランチャイズ」は、初週1,940万再生を記録してストリーミング・ソング・チャートで6位、デジタル・ソング・セールス・チャートでは2位に初登場。エアプレイ・チャートにはまだランクインしていないが、1週間で1,060万回(オンエア数)を記録している。
 
 98,000のセールスにはパッケージ(カセットテープ&CD)とダウンロードいずれも含まれているが、 前者が58,000枚、後者が40,000とダウンロード数をパッケージが上回っている。昨今はLPやカセットテープの売れ行きが良く、同曲のヒットにもカセットテープの販売が大きく貢献した。ダウンロードにおいても、オリジナルとインストゥルメンタル・バージョンの2種が用意され、公式ウェブサイトではセール価格で購入することができる。
 
 トラヴィス・スコットにとっては4曲目の首位獲得で、そのうち同曲含む3曲が初登場1位獲得曲。3曲の初登場1位獲得曲をもつアーティストとしては、ジャスティン・ビーバー、マライア・キャリー、ドレイクに続く歴代5組目の快挙で、トップには4曲をもつアリアナ・グランデがいる。マライア以外の4組がその記録を更新したのはいずれも2020年で、今年は同曲を含む計9曲がNo.1デビューしている。初登場1位獲得曲数としては、1995年と2018年の4曲を大きく上回る歴代トップ。
 
2020年度初登場1位獲得曲
4月18日 ドレイク「トゥージー・スライド」
5月9日 トラヴィス・スコット&キッド・カディ「ザ・スコッツ」
5月23日 ジャスティン・ビーバー&アリアナ・グランデ「スタック・ウィズ・ユー」
6月6日 レディー・ガガ「レイン・オン・ミー with アリアナ・グランデ」
6月27日 ニッキー・ミナージュ&シックスナイン「トロールズ」
8月8日 テイラー・スウィフト「cardigan」
8月22日 カーディ・B「WAP feat.ミーガン・ジー・スタリオン」
9月5日 BTS「Dynamite」
10月10日 トラヴィス・スコット「フランチャイズfeat.ヤング・サグ&M.I.A.」
 
 なお、トラヴィス・スコットの首位獲得曲は以下の4タイトルで、1年未満で「ハイエスト・イン・ザ・ルーム」、「ザ・スコッツ」、「フランチャイズ」の3つのタイトルを首位に送り込んだことになる。その3タイトルはいずれも初登場1位獲得曲で、1年未満で3曲を1位に初登場させた歴代初のアーティストという快挙も達成した。
 
2018年12月8日 「シッコ・モード」
2019年10月19日 「ハイエスト・イン・ザ・ルーム」(初登場1位)
2020年5月9日 「ザ・スコッツ」(初登場1位)
202010月10日 「フランチャイズ」(初登場1位)

 ゲストのヤング・サグは、フィーチャリング・アーティストとして参加したカミラ・カベロの「ハバナ」(2018年)に続く2曲目、M.I.A.は意外にも初の首位獲得となる。M.I.A.が同チャートに初めてランクインしたのは2008年8月2日付チャートで、初ランクインから12年2か月目での快挙達成。初登場から初の首位獲得期間としては、3年前にダディー・ヤンキーが「デスパシート」で12年9か月を記録して以来のブランクで、女性アーティストとしてはベット・ミドラーの16年5か月に次ぐ記録更新。なお、歴代最長記録は、サンタナが打ち出した30年(1969年10月~1999年10月)。
 
 「フランチャイズ」は、R&B/ヒップホップ・ソング・チャート、ラップ・ソング・チャートでも1位に初登場し、トラヴィス・スコットは両チャート5曲目の首位獲得、ゲストの2人はいずれも初のNo.1をマークした。

 先週返り咲きの首位を獲得したBTSの「Dynamite」は2位にダウンしたが、ストリーミングは先週とほぼ横ばいの1,370万再生を記録していて、ラジオも前週から11%増加の2,310万回に上昇し、エアプレイ・チャートでは42位から39位に、初のTOP40入りを果たしている。3位にダウンしたカーディ・Bの「WAP feat. ミーガン・ジー・スタリオン」は、ストリーミング・ソング・チャートでは7週目の首位をキープした(3,160万再生)。
 
 4位はドレイクの「ラフ・ナウ・クライ・レイターfeat.リル・ダーク」、5位は24kGoldnの「ムードfeat.イアン・ディオール」が続き、先週7位に下降したザ・ウィークエンドの「ブラインディング・ライツ」は6位に上昇した。以下大きな動きはなく、ダベイビーの「ロックスターfeat.ロディ・リッチ」が先週の6位から7位にダウンし、ジェイソン・デルーロ&ジョーシュ685の「サヴェージ・ラブ」が9位から8位に再び上昇。この夏初の1位を獲得したハリー・スタイルズの「ウォータメロン・シュガー」は8位から9位に後退し、先週10位をキープしたギャビー・バレットの「アイ・ホープfeat.チャーリー・プース」は同位に、カントリー・ソング・チャートでは11週目の首位をマークしている。

 まもなくホリデー・ソングが解禁され、10月後半からはクリスマス・ソングが徐々にランクアップしはじめる。11~12月は、今年も上位に過去の名曲がランクインする可能性が高い。

Text: 本家 一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートは10月9日以降掲載予定となります。

◎【Hot 100】トップ10
1位「フランチャイズ」トラヴィス・スコットfeat.ヤング・サグ&M.I.A.
2位「Dynamite」BTS
3位「WAP」カーディ・B feat.ミーガン・ジー・スタリオン
4位「ラフ・ナウ・クライ・レイター」ドレイクfeat.リル・ダーク
5位「ムード」24kGoldn feat.イアン・ディオール
6位「ブラインディング・ライツ」ザ・ウィークエンド
7位「ロックスター」ダベイビーfeat.ロディ・リッチ
8位「サヴェージ・ラブ(Laxed – Siren Beat)」ジェイソン・デルーロ with ジョーシュ685
9位「ウォーターメロン・シュガー」ハリー・スタイルズ
10位「アイ・ホープ」ギャビー・バレットfeat.チャーリー・プース


音楽ニュースMUSIC NEWS

【2022 #BBMAs】メアリー・J.ブライジの<アイコン賞>受賞スピーチに拍手喝采、ジャネット・ジャクソンがプレゼンター

洋楽2022年5月16日

 現地時間2022年5月15日に米ラスベガスのMGMグランド・ガーデン・アリーナで開催された【2022 ビルボード・ミュージック・アワード】(BBMAs)で、メアリー・J.ブライジに<アイコン賞>が授与された。自身も<アイコン賞>受賞者であ … 続きを読む

ナードマグネット、3rdフルAL『アイム・スティル・ヒア』を引っ提げた全国ツアー開催へ

J-POP2022年5月16日

 ナードマグネットが6月より全国ツアー【だいばくはつツアー】を開催する。同22日にリリースする3rdフルアルバム『アイム・スティル・ヒア』を引っ提げたツアーとなる。  先日開催した新代田FEVERでのソールドアウト公演にて発表された同ツアー … 続きを読む

山下達郎、タワレコ「NO MUSIC, NO LIFE.」に11年ぶり登場 思いを込めて11年前と同じメッセージ

J-POP2022年5月16日

 タワーレコードの「NO MUSIC, NO LIFE.」意見広告シリーズに、 山下達郎が2011年7月以来2度目の登場。 5月25日より順次、 タワーレコードおよびTOWERmini全店で掲示される。  11年ぶりのオリジナル・アルバム『 … 続きを読む

カミラ・カベロ、米人気オーディション番組『ザ・ヴォイス』のコーチに抜擢

洋楽2022年5月16日

 現地時間2022年5月15日、カミラ・カベロが今秋放送開始となる米NBCの人気音楽オーディション番組『ザ・ヴォイス』のシーズン22にコーチの一人として参加することが番組の公式Twitterで発表された。ツイートには、「コーチたちに暖かい歓 … 続きを読む

ジャニーズWESTが『METROCK2022』大阪公演に出演 ライブレポート到着

J-POP2022年5月16日

 ジャニーズWESTが2022年5月14日、『OSAKA METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2022』に出演。「METROCK大阪特設会場(大阪府堺市・海とのふれあい広場)」内のメインステージ“BAY FIELD”の4組 … 続きを読む

amazon

page top