【米ビルボード・アルバム・チャート】テイラー・スウィフト5週目の首位、ナズ/ザ・キラーズTOP10デビュー

2020年8月31日 / 12:40

 テイラー・スウィフトの『フォークロア』が初登場から5週連続の首位をキープした、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。

 遂に10万を下回ったが、週間98,000ユニットを獲得して初登場の8月8日付チャートから5週目の1位を死守した『フォークロア』。非連続を含む記録では、今週6位にランクインしているリル・ベイビーの『マイ・ターン』(同5週)と並び、初登場からの記録としてはザ・ウィークエンドの『アフター・アワーズ』を超える2020年度最長記録を更新した。初登場から5週以上首位をキープしたのは、2018年7月14日~8月11日までの同5週をマークした、ドレイクの『スコーピオン』以来、2年ぶりの快挙となる。

 98,000ユニットのうち、アルバム・セールスは52,000、アルバム・ストリーミング(SEA)が45,000、楽曲単体によるユニット数(TEA)は1,000だった。セールスが前週から14%も増加したのは、サイン入りのCDがいくつかのレコードショップで販売されたため。これは、新型コロナウイルスの影響を受けた独立系のショップに貢献するため用いられた企画で、レコード店への提供は無償でされたという。また、収録曲をテーマ別に分類したプレイリストを公開したことで、ストリーミングもわずかながら上昇した。

 次週6週目の首位をキープできれば、2016年5月21日~7月16日までの計9週をマークしたドレイクの『ヴューズ』以来の記録更新となるが、ケイティ・ペリーの新作『スマイル』が対抗馬として上位に初登場することが予想され、阻まれる可能性も高い。

 2位には故ポップ・スモークの『シュート・フォー・ザ・スターズ、エイム・フォー・ザ・ムーン』(83,000ユニット)、3位は故ジュース・ワールドの『レジェンズ・ネヴァー・ダイ』(70,000ユニット)がそれぞれ同位をキープし、故人の遺作が引き続きTOP3にランクインした。全体的にユニット数が落ち込んでいることもあり、『ハミルトン』のブロードウェイ・オリジナル・キャスト盤はわずか51,000ユニットで4位に上昇している。

 続いて5位に初登場したのは、ベテラン・ラッパーのナズによる新作『キングス・ディジーズ』。初動ユニットは47,000で、そのうちアルバム・セールスが18,000、アルバム・ストリーミングが28,000だった。週間視聴回数は3,617万再生を記録している。本作『キングス・ディジーズ』は、2018年にリリースした『ナシール』以来約2年ぶり、通算13作目のスタジオ・アルバムで、TOP10入りはコンピレーション、コラボレーション・アルバムを含む計14作目のランクイン。初のTOP10入りはNo.1をマークした2ndアルバム『イット・ワズ・リトゥン』(1996年)で、本作含む6枚のアルバムが首位を獲得している。

 前述の『マイ・ターン』とロッド・ウェーヴの『Pray 4 Love』を7位に挟み、8位にデビューしたのは米ラスベガス出身のロックバンド=ザ・キラーズの新作『インプローディング・ザ・ミラージュ』。初動ユニットは37,000で、そのうちアルバム・セールスが30,000と売上がそのほとんどを占めた。本作は、同チャートで自身初の1位を獲得した前作『ワンダフル・ワンダフル』(2017年)から約3年ぶりにリリースされた通算6枚目のスタジオ・アルバムで、最高7位を記録したデビュー・アルバム『ホット・ファス』(2004年)から6枚すべてのアルバムがTOP10入りしている。UKチャートでは『ホット・ファス』から6作連続の1位を獲得し、イギリス出身のアーティストを除く記録としては最多を更新した。

 先週8位にランクインしていたダベイビーの『ブレイム・イット・オン・ベイビー』は9位に、ポスト・マローンの『ハリウッズ・ブリーディング』は9位から10位に、それぞれワンランクダウンしたが、ユニット数はさほど変動がない。今週は、初登場した2つのアルバム含む計9作がユニバーサル・ミュージック・グループ(UMG)からリリースされた作品で、同レーベルの作品が9作独占したのは、2018年11月17日付チャート以来約2年ぶりとなる。

Text: 本家 一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートは、9月4日以降掲載予定となります。

◎【Billboard 200】トップ10
1位『フォークロア』テイラー・スウィフト
2位『シュート・フォー・ザ・スターズ、エイム・フォー・ザ・ムーン』ポップ・スモーク
3位『レジェンズ・ネヴァー・ダイ』ジュース・ワールド
4位『ハミルトン:アン・アメリカン・ミュージカル』サウンドトラック
5位『キングス・ディジーズ』ナズ
6位『マイ・ターン』リル・ベイビー
7位『Pray 4 Love』ロッド・ウェーヴ
8位『インプローディング・ザ・ミラージュ』ザ・キラーズ
9位『ブレイム・イット・オン・ベイビー』ダベイビー
10位『ハリウッズ・ブリーディング』ポスト・マローン


音楽ニュースMUSIC NEWS

ODD Foot Works、ニューEP『Qualification 4 Files』を12/9にリリース

J-POP2020年11月30日

 ODD Foot WorksのニューEP『Qualification 4 Files』が完成し、12月9日にデジタルリリースすることが決定した。  ODD Foot Worksは今作から自主レーベル「Tokyo Invader」を設立。デ … 続きを読む

さくらしめじの忘年会ライブ【きのこりあんの集い】今年も開催

J-POP2020年11月30日

 【さくらしめじの忘年会ライブ「きのこりあんの集い Vol.5 ~お久しぶりでございます。~」】が12月29日に大手町三井ホールで開催される。  さくらしめじが毎年年末に行なっている忘年会ライブ。今回は1部と2部制で例年よりも規模を縮小し、 … 続きを読む

【ビルボード】JO1『The STAR』が16.6万枚でALセールス首位 BTS/浦島坂田船が続く

J-POP2020年11月30日

 JO1の『The STAR』が初動3日間で145,356枚、当週166,188枚を売り上げて、2020年12月7日付の週間アルバム・セールス・チャート“Billboard JAPAN Top Albums Sales”で首位を獲得した。 … 続きを読む

【ビルボード】=LOVE『青春“サブリミナル”』初週12.5万枚でSGセールス首位

J-POP2020年11月30日

 =LOVEの『青春“サブリミナル”』が初週125,003枚を売り上げて、2020年12月7日付の週間シングル・セールス・チャート“Billboard JAPAN Top Singles Sales”で首位を獲得した。  指原莉乃がプロデュ … 続きを読む

ビッケブランカ、岡崎体育と“つぶやき厳禁のシークレットパーティー”を生配信

J-POP2020年11月30日

 ビッケブランカが11月29日、岡崎体育とコラボシングル「化かしHOUR NIGHT」リリース記念生配信を行った。  「化かしHOUR NIGHT」は、日頃から音楽仲間・ゲーム仲間でもある2人が意気投合してリリースした友情ソングで、現在、ミ … 続きを読む

page top