SUGIZO(LUNA SEA)、ソロキャリア初となるライヴアルバム『LIVE IN TOKYO』リリースが決定

2020年7月8日 / 14:15

ライブアルバム『LIVE IN TOKYO』告知用アートワーク (okmusic UP's)

SUGIZOが、9月30日(水)にソロキャリア初の試みとして、ライヴアルバム『LIVE IN TOKYO』をリリースすることを発表した。同作は9月16日(水)にオフィシャルファンクラブ先行発売も決定している。

今回、音源化されるのは、2019年、豪華ゲストを招いて行われた自身初のBirthday公演『SUGIZO 聖誕半世紀祭~HALF CENTURY ANNIVERSARY FES.~』のうち、本人のライヴパート。新型コロナウイルスの影響で発売が延期となっていたが、このたびリリース日が決定。うち4曲が、自身の誕生日である7月8日(水)に先行配信されることとなった。

『SUGIZO聖誕半世紀祭』は、50歳の誕生日前夜・当日の2日間にわたって中野サンプラザで開催され、SUGIZOは両日全く異なるセットリストを用意。今作はDay1、Day2を別ディスクに収めた2枚組で、ゲストの京(DIR EN GREY、sukekiyo)、GLAYのTERUとTAKURO、清春らを招き入れたセッションも含め、全曲が収録される。この3組はソロ20周年記念アルバム『ONENESS M』のゲストでもあり、それぞれの参加曲を披露した。通常盤の他、豪華盤は2Daysから厳選されたライヴ映像作品Blu-ray、写真集も内包する特製ブックレットを封入した特別仕様となり、オフィシャルファンクラブ先行販売及び、HMV&Loppi限定商品となる。

SUGIZOのソロライヴは基本的に、電子音楽に生演奏を絡めるスタイルで行われ、自身はギター、ヴァイオリン、ごく限られた曲数ではあるが歌唱、近年はリボンコントローラーを手にモジュラーシンセサイザーをも操る。ダンスミュージックを基軸に、音楽性はアンビエント、サイケデリックトランス、ロック、ジャズ、ファンク、クラシック、現代音楽、民族音楽……と多彩で、あらゆる要素が分断なく融合した魅惑の混沌。社会への憤怒をぶちまけたような轟音インダストリアルから、宇宙空間を浮遊するかのごとき神秘的アンビエント、救済を体現するかのような静謐な祈りのバラードまで、彼の深遠な精神性はノンストップで心身に訴え掛けてくる。

生楽器のみのバンド編成に比べ、プログラミングされた電子音楽をベースとするライヴは偶発性に乏しいイメージがあるかもしれないが、彼のそれはインプロヴィゼーションを重視したスリルに満ち、その時間、その空間ならではの一回性が強い。アルバムに刻まれているであろう、オーディエンスとの魂の呼応で高まっていった会場の熱気、エネルギーに溢れた空気感は、コロナ禍でライヴ本来の醍醐味を味わえないでいる今、貴重な記録であり大きな喜びとなるはずだ。

アルバムタイトルは、彼が少年時代に大ファンで聴き込んでいたという、PIL(Public Image Ltd)の中野サンプラザ初来日公演を収めたライヴアルバム『ライヴ・イン・TOKYO』へのオマージュ。また、自身と同様、エレクトロニクスに生演奏を重ねるスタンスのYMOやJAPANのライヴアルバムを愛聴してきたことも、今作の制作を後押ししたという。LUNA SEA結成30周年、ソロとしては23年というキャリアを積み重ねたSUGIZOの新たな挑戦に、ぜひ触れてみてほしい。
ライブアルバム『LIVE IN TOKYO』
2020年9月30日(水)発売

【豪華盤】(2CD+Blu-ray)

¥8,470(税込)

◎CD2枚組 (聖誕祭2Daysセットリスト全18曲)

◎Blu-ray (聖誕祭 2Daysから選曲したライヴ映像作品)

◎特製ブックレット (聖誕祭写真集+ロングインタビュー)

※SUGIZOオフィシャルファンクラブSOUL’S MATE先行販売 (9/15より順次発送予定)

※HMV&Loppi限定販売 (9/30発売)

【通常盤】(2CD)

¥3,850(税込)

<収録曲>

■DISC1

(Day1 2019.7.7.)

1. IRA

2. MESSIAH

3. Lux Aeterna

4. Proxima Centauri

5. 絶彩 feat. 京

6. ENOLAGAY RELOADED

7. TELL ME WHY?

8. DO FUNK DANCE

9. Synchronicity

■Disc2

(Day2 2019.7.8.)

1. 禊

2. TELL ME WHY NOT PSYCHEDELIA?

3. NEO COSMOSCAPE

4. FATIMA

5. 巡り逢えるなら feat. TERU & TAKURO

6. Decaying

7. DO-FUNK DANCE

8. VOICE feat. 清春

9. The Voyage Home


音楽ニュースMUSIC NEWS

ももクロ、“れにちゃんマジックショー”ダイジェスト公開

J-POP2022年8月13日

 ももいろクローバーZが、ももクリでは恒例の“高城れにによるマジックショー”を集めたダイジェスト映像を公開した。https://youtu.be/8C49XlXysk8  今回公開された映像は、【ももいろクリスマス2011】からスタートし、 … 続きを読む

lynch.葉月ソロプロジェクト・HAZUKI、「七夕乃雷-Shichiseki no rai-」MV公開

J-POP2022年8月13日

 lynch.葉月のソロプロジェクト・HAZUKIが、1stアルバム『EGØIST』から「七夕乃雷-Shichiseki no rai-」のミュージックビデオを公開した。https://youtu.be/Ky0m7WrjVjM  同作は、l … 続きを読む

yonawo、「tokyo feat. 鈴木真海子, Skaai」リリースパーティー開催決定

J-POP2022年8月13日

 yonawoが、【tokyo release party supported by Technics】を9月に東京・福岡で開催することを発表した。  7月27日に発表した新曲「tokyo feat. 鈴木真海子, Skaai」のリリースを … 続きを読む

PENGUIN RESEARCH、デビュー7周年記念日にZepp Hanedaワンマン決定

J-POP2022年8月13日

 PENGUIN RESEARCHが、2023年1月20日にZepp Hanedaにてワンマンライブを開催することが決定した。  これは8月12日にLINE CUBE SHIBUYAにて開催されたライブ【PENGUIN RESEARCH L … 続きを読む

佐藤千亜妃、EP『NIGHT TAPE』収録全曲を全国ラジオ番組で解禁

J-POP2022年8月13日

 佐藤千亜妃が、8月17日にリリースする配信EP『NIGHT TAPE』収録全曲を全国各地の夜帯のラジオ番組で解禁することが決定した。  既にJ-WAVE(81.3FM)『SONAR MUSIC』で「S.S.S.」、FM802『EVENIN … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top