miwa、劇場アニメ『神在月のこども』の主題歌を書き下ろし

2020年7月7日 / 20:15

 2020年にデビュー10周年を迎えたmiwaが、2021年に公開されるアニメ映画『神在月のこども』の主題歌を書き下ろす事を発表した。

 本映像は、国際的にも著名な作品を生み出してきた制作陣が集結、“島国の根”と書く神話の地「島根・出雲」を目指して駆ける少女の成長を描く、劇場オリジナルアニメ。2019年7月にフランスのパリで開催された欧米最大のジャパンカルチャーイベント、ジャパンエキスポでのカンファレンスでも大きな反響を呼んだ。その時に、同会場のフリースペースで行われていたmiwaの弾き語りライブで、代表曲「ヒカリヘ」を偶然聴いた原作者やプロデューサーが感動して映画の主題歌を本人にオファーするという経緯(いきさつ)があったという。

 また、2021年の公開を目指して現在鋭意制作中であるが、miwaは絵コンテの状態から音楽制作に着手し、アニメ制作チームもmiwaのデモに合わせてアニメを描写する等、親和性の高いクリエイティブなやり取りを続けている。

◎miwa コメント
昨年パリのJapan Expoに初めて参加した時にライブを見ていただく機会があり、そこで主題歌をぜひ!という夢のようなお話をいただきました。日本の情緒や魅力がたっぷり詰まった映画ということで、私もデビュー10周年を迎え新たなことにトライするつもりでこの話を引き受けさせていただきました。まだ出来立ての脚本やカンナのキャラクターの線画を拝見させていただき、カンナの気持ちになって曲を書こうと思いデモ制作に入りました。映画の制作と並行して曲作りをしたので、映画の雰囲気やアニメーションに合うように曲作りしていきました。また曲を聞いていただきその曲に合わせてアニメーションを制作していただいたりと、曲と映画が凄くマッチした作品になるんじゃないかなという風にワクワクしています。今、特にコロナの影響があり世界中で大きなイベントが中止になってしまったり、私たち音楽をやっている人にとってもライブができない状況があったりと、何かと逆風に立たされていますが、日本の魅力を世界中の人に知っていただくことができるアニメーションという映画を通して世界中のファンと繋がることができるんじゃないかと思いますし、この作品に携われることをとても光栄に思っています。皆さんと一緒にこの音楽そして映画を作っていきたいと思います。ぜひ楽しみにしていてください!

◎吉竹 直樹(ソニー・ミュージックレーベルズ) コメント
2019年の7月にフランスのパリで開催された欧米最大のジャパンカルチャーイベント、Japan Expoに参加した際、初心に戻る意気込みで多種多様な人が集まるフリースペースでのギター弾き語りLIVEを敢行し終えた後、楽屋に戻ったところで初対面の四戸プロデューサーらに声を掛けられました。
氏曰くたまたま会場移動中にmiwaのステージで足が止まり、LIVEを見て感動した、との事。20万人以上来訪する会場での予期せぬ出逢いにこちらも嬉しくなり話込む中で、miwaが会場で歌った「ヒカリへ」を聴いて同氏たちが会社設立時、状況が似ている事から励みにしていたドラマ『リッチマン、プアウーマン』を思い出した、今立ち上げている映画の企画で音楽を作ってくれないか?というまさしくドラマのストーリーの様な展開に。帰国後再会し説明された「神在月のこども」の成り立ち、コンセプト、関わる方々の想いにすっかり魅了され、スタートアップから参加させていただける運びになりました。
そんな出逢いがあったパリの空の下で体験したLIVEやイベントで感じたのは、“世界は近い”、“人種や世代や性別なんて思ったほど関係ない”、そして改めて“日本の文化は素晴らしい”、という事でした。この映画はそのいずれも実証出来る作品になると思います。
miwaも今年でデビュー10周年を迎えました。今回の偶然の出逢いを必然にする為にも、音楽で作品に更なる彩りを加えられるように力を注ぎ込みたいと思います。

◎西出 将之(ABCアニメーション 代表取締役社長) コメント
昨年の春、弊社のプロデューサーの吉田くんから、「良い脚本があるから読んでほしい。」と開発中のシナリオを渡されました。それが、『神在月のこども』との出会いです。キャラクターの心情が手にとるように分かり、日本の原風景が次から次へと浮かびあがる、素晴らしい脚本でした。海外ライセンス班の蔡さんにも脚本を読んでもらったところ、親子の愛情というグローバルな価値観と日本固有の文化の映像表現に、心惹かれるという評価でした。その後、アヌシー国際映画祭でクリティカユニーバサルの四戸さんともご一緒する機会があり、作品について色々とお話しさせていただいた事が、『神在月のこども』に参画するきっかけとなりました。ABCアニメーションは、より多くの方々に常に斬新でかつ、挑戦的な映像作品をお届けすることを目指しています。『神在月のこども』は、まさにABCアニメーションの考えと一致した作品と考えています。すでに『神在月のこども』の特報については、夏休み時期にテレビCMとして放映することを決めています。またアヌシー映画祭でのピッチリレーにも参画し、すでにセールスを開始しており、目の肥えた海外のライセンシーの評価も高いと聞いております。
この静謐ながら色鮮やかな日本のアニメーションが、世界の多くの映画ファンに支持されることを確信しております。

◎小金澤 剛康(イオンエンターテイメント取締役) コメント
こどもにとって、自分を作り上げるエピソード記憶は多ければ多いほど良いと、私は勝手に思っています。ケンカでもTVでも旅行でもなんでもいい、その中から滅多に経験できないことを味わって、ステキな思い出と感性をたくさん作ってほしい、そう願って、例えば我が子にはたくさん刺激的なものに触れさせてきました。こどもたちにとって最高の経験になるであろう『神在月のこども』。この映画から、ステキな思い出と感性がたくさんのこどもたちに残ることを願っていますし、自信をもって私たちは全国に届けたいと思っています。
今回、イオンエンターテイメントは本作の配給を行います。全国にある「イオンシネマ」でも当然ながら上映しますので、多くの地域でこの映画を楽しんでいただければ幸いです。


イベント情報 EVENT

J-POP・ROCK

Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ 2013

オノ・ヨーコ、井上陽水、奥田民生、絢香、山村隆太、ROY、Cocco、元 ちとせ、miwa、TOSHI-LOW×箭内道彦、MONKEY MAJIK、OKAMOTO’S、浅井健一、細美武士、LOVE PSYCHEDELICO、ジョン・カビラ

東京2013/12/7

page top