やり方次第で何度もチャート再浮上?! ヒプノシスマイクの底力

2020年4月11日 / 15:30

 チャートを見る際にどうしても上位に目が行ってしまうのは当然だが、20位以下の楽曲にはかなり面白い動きをしているものが多々ある。今回は今週37位にランクインしたヒプノシスマイクのDivision All Starsによる「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- +」に注目してみたい(【表1】)。

 『ヒプノシスマイク』はアニメと連動したヒップホップ・プロジェクトで、ラップはすべて声優が行っている。とはいえ楽曲もライムも本格的で、楽曲制作には第一線のヒップホップ・アーティストも多数参加しているのが特徴だ。エリアごとにチームが分かれていてそれぞれがバトルするという物語の設定になっており、この曲では6チーム18人の声優が参加した豪華な作りとなっている。もともとこの曲は昨年9月にリリースされており、その際は4チーム12人によるものだった。10/14付で最高位8位を記録しており、話題になったが、チャートインは3週のみでその後は圏外。しかし、3月27日にメンバーを加えた新バージョンが発表されると3/30付で一気に29位まで再浮上した。

 このプロジェクトはまずYouTubeで先行配信されるため、動画再生数が先行でチャートを上昇。その後、ダウンロードやストリーミングが始まってチャートの底上げにつながっている。ただ今回ストリーミング自体はHot100には入っておらず、基本はダウンロードとYouTubeの再生数の比重が高い。しかし最も大きいのがツイッターのつぶやき数だ。話題性の象徴であるツイッターは、ジャニーズやK-POPが強い傾向があるのだが、ヒプノシスマイクもそこに食い込んでいるのが注目すべきところ。メンバーを加えた新バージョンというのも話題性が高く、ツイッターでの反応は納得できる。これでグレーユーザーにつなげてストリーミング再生を増やすことができれば、もっと上位に食い込めるし、ロングヒットも狙えるだろう。大人気アニメだけに、可能性は未知数。さらなる展開に期待したい。Text:栗本斉

◎栗本斉:旅&音楽ライター、選曲家。レコード会社勤務の傍ら、音楽ライターやDJとして活動を開始。退社後、2年間中南米を放浪し、現地の音楽を浴びる。その後フリーランスとして活動した後、2008年から2013年までビルボードライブのブッキングマネージャーに就任。フリーランスに戻り、雑誌やライナーノーツなどの執筆や音楽評論、ラジオやストリーミングサービスにおける構成選曲などを行っている。

 


音楽ニュースMUSIC NEWS

テイラー・スウィフト、4thアルバム『レッド』は“傷心について書いた”作品だったと語る

洋楽2020年10月29日

 テイラー・スウィフトが、2012年にリリースしたアルバム『レッド』について、失恋がテーマの作品だったと明かしている。  テイラーがコメントしている音声が聞けるのは、米誌ローリング・ストーンとAmazon Musicが提携して発足させた、同 … 続きを読む

アークティック・モンキーズ、War Child UK支援を目的としたライブ盤『Live At The Royal Albert Hall』を発売へ

洋楽2020年10月29日

 アークティック・モンキーズが、子どもたちを戦争から守る運動を行うWar Child UKの支援を目的に、ライブ・アルバム『Live At The Royal Albert Hall』を2020年12月4日にリリースすることを発表した。   … 続きを読む

【BETヒップホップ・アワード2020】ミーガン・ジー・スタリオン/ビヨンセ/ロディ・リッチらが受賞

洋楽2020年10月29日

 現地時間2020年10月27日、ミーガン・ジー・スタリオンが【BETヒップホップ・アワード2020】で<最優秀ヒップホップ・アーティスト賞>を含む3部門を制して最多受賞となった。過去3年間で<最優秀ヒップホップ・アーティスト賞>を女性が受 … 続きを読む

いきものがかり、ライブ特番のプレミア公開&山下穂尊によるインスタイベントが決定

J-POP2020年10月29日

 いきものがかりが、ファンが選んだ人気ライブ映像をまとめた番組『あなたが選(え)LIVE 上位をJOYしまSHOW!!!』を、2020年11月3日にYouTubeプレミア公開する。  結成記念日であり、また約2か月にわたり開催してきたファン … 続きを読む

“ジギー・スターダスト”への道のりを描いた、デヴィッド・ボウイ伝記映画『Stardust』の最新予告が到着

洋楽2020年10月29日

 故デヴィッド・ボウイの伝記映画、『Stardust』(スターダスト)の最新予告編が2020年10月28日にリリースされた。ジョニー・フリン演じる若き日のボウイは、まだ米国で全く知られていない道半ばのミュージシャンで、映画では“ジギー・スタ … 続きを読む

page top