【米ビルボード・アルバム・チャート】ザ・ウィークエンドが2020年最大週間ユニットで首位デビュー、コナン・グレイ/故ケニー・ロジャースTOP10入り

2020年3月30日 / 11:00

 ザ・ウィークエンドの新作『アフター・アワーズ』がNo.1デビューを飾った、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。

 本作は、同1位を記録した前作『スターボーイ』(2016年)から約3年半ぶり、4作目のスタジオ・アルバムで、首位獲得は2015年リリースの2ndアルバム『ビューティー・ビハインド・ザ・マッドネス』と、2018年に発表したEP『マイ・ディアー・メランコリー、』含む4作目の快挙。1位を逃がしたデビュー・アルバム『キッスランド』(2013年)も最高2位を記録していて、4枚全てのアルバムがTOP3入りを果たしている。

 『アフター・アワーズ』の初動ユニットは444,000で、そのうちアルバムの純粋な売上枚数が275,000枚、アルバム・ストリーミングによるユニット数(SEA)が163,000、楽曲単体のストリーミング数(TEA)が6,000だった。2020年度の週間ユニット数としては、3月7日付チャートで同1位に初登場したBTSの『Map of the Soul: 7』(422,000ユニット)を超える最高記録を更新。また、自身の作品としても、『ビューティー・ビハインド・ザ・マッドネス』の412,000ユニットを上回る、最大の初動ユニット数を記録した。

 アルバム・セールスは、その『Map of the Soul: 7』が記録した347,000枚に届かなかったが、2020年度のチャートでは2番目に高い週間売上枚数を更新。今週のトップ・アルバム・セールス・チャートでは、自身4作目となる1位を獲得している。アルバムの週間視聴回数は2億2,070万回で、こちらも今週最大のストリーミングを記録。R&Bアーティストによる週間ストリーミング数としては、2016年12月17日付チャートで自身の『スターボーイ』が記録した1億7,520万回を上回る、過去最大の週間視聴回数を打ち出した。

 R&Bアーティストによるアルバムの週間ユニット数としては、2016年4月に653,000ユニットを記録したビヨンセの『レモネード』以来の好成績で、ストリーミングが加算されるようになった2014年12月のチャート以降では、男性R&Bアーティストによる最大の週間ユニット数となる。

 本作からは、1stシングル「ハートレス」が2019年12月14日付ソング・チャート“Hot 100”で1位を、2ndシングル「ブラインディング・ライツ」が先週のチャートで2位まで上昇し、アルバムのプロモーションに繋げた。「ブラインディング・ライツ」も、今週発表される4月4日付チャートで1位に上昇する可能性が高い。

 ザ・ウィークエンドには大きく離されたが、初登場から2週連続の首位をキープしたリル・ウージー・ヴァートの『エターナル・アテイク』は今週も115,000ユニットを記録し、3週連続で10万超えを達成。3位はリル・ベイビーの『マイ・ターン』(60,000ユニット)、4位はバッド・バニーの『YHLQMDLG』(51,000ユニット)が続く。

 今週5位に初登場したのは、コナン・グレイのデビュー・アルバム『キッド・クロウ』。初動ユニット数は49,000で、そのうちアルバムの売上枚数が37,000枚とセールスが半数以上を占めた。売上には、ライブ・チケットの特典や公式ウェブサイトでのグッズによるアルバム・バンドルが含まれる。2018年11月にリリースしたEP『サンセット・シーズン』は、ヒートシーカーズ・アルバム・チャートで2位を記録したが、Billboard 200では118位どまりだった。よって、本作が自身初のTOP10入りとなる。

 「ザ・ボックス」が11週連続の1位を記録しているロディ・リッチの『プリーズ・エクスキューズ・ミー・フォー・ビーイング・アンチソーシャル』が6位をキープし、ポスト・マローンの『ハリウッズ・ブリーディング』は7位に上昇。ジェネイ・アイコの『Chilombo』は8位に下降した。

 今週9位にランクインしたのは、カントリー界の重鎮ケニー・ロジャースのベスト盤『ベスト・オブ・ケニー・ロジャース:スルー・ザ・イヤーズ』。3月20日の訃報を受け、過去作の売り上げが一気に上昇。2018年に発表した本作は、週間32,000ユニットを記録し、1983年の『アイズ・ザット・シー・イン・ザ・ダーク』(最高6位)以来37年ぶりとなるTOP10入りを果たした。カントリー・チャートでは多くの作品が上位にランクインしているが、総合チャートでのTOP10入りは意外にも5作目と少ない。

ケニー・ロジャースTOP10アルバム
1979年『ケニー』5位
1980年『グレイテスト・ヒッツ』2週1位
1981年『愛ある限り』6位
1983年『アイズ・ザット・シー・イン・ザ・ダーク』6位
2020年『ベスト・オブ・ケニー・ロジャース:スルー・ザ・イヤーズ』9位

Text: 本家 一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートは、4月3日以降掲載予定となります。

◎【Billboard 200】トップ10
1位『アフター・アワーズ』ザ・ウィークエンド
2位『エターナル・アテイク』リル・ウージー・ヴァート
3位『マイ・ターン』リル・ベイビー
4位『YHLQMDLG』バッド・バニー
5位『キッド・クロウ』コナン・グレイ
6位『プリーズ・エクスキューズ・ミー・フォー・ビーイング・アンチソーシャル』ロディ・リッチ
7位『ハリウッズ・ブリーディング』ポスト・マローン
8位『Chilombo』ジェネイ・アイコ
9位『ベスト・オブ・ケニー・ロジャース:スルー・ザ・イヤーズ』ケニー・ロジャース
10位『アナと雪の女王2』サウンドトラック


音楽ニュースMUSIC NEWS

繰り返される白人警官による黒人への不当逮捕や弾圧に怒り、ガガが新ALリリース、フューチャー7作目の首位:今週の洋楽まとめニュース

洋楽2020年5月30日

 今週の洋楽まとめニュースは、米ミネソタ州の白人警察官が無抵抗の黒人男性の首を膝で押さえ付けている現場を捉えた動画に関する話題から。2020年5月25日にこの動画は投稿され、全米に怒りが広がっている。ジョージ・フロイドという名のこの男性は武 … 続きを読む

すとぷり、新曲「マブシガリヤ」を含めた未配信楽曲を配信開始

J-POP2020年5月30日

 ミュージックビデオの再生回数が2週間で350万再生を超え、多くの反響を呼んでいた、すとぷりの新曲「マブシガリヤ」が配信スタートした。  長時間リレー放送や生配信などでも人気を博しているすとぷりは、今回の配信にあわせ、これまでYouTube … 続きを読む

AI、アート・ディレクターにとんだ林蘭を迎えた最新ビジュアルを公開

J-POP2020年5月30日

 AIが20周年アニバーサリー・ミニアルバム・シリーズ第1弾『IT’S ALL ME – Vol.1』 を2020年7月8日に発売する。  本作には、豪華タイアップ曲や海外アーティストをフィーチャリングに迎えた全6曲が収録され、まさに“今の … 続きを読む

『5月30日はなんの日?』レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、トム・モレロの誕生日

洋楽2020年5月30日

 5月30日はギタリスト、トム・モレロの56歳の誕生日。  トム・モレロは1964年5月30日、米ニューヨーク生まれ。レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのギタリストとして90年代の音楽界に一躍その名を轟かせたモレロは、スクラッチ音や機械音、 … 続きを読む

ころん、初のオリジナル曲の続編MVを公開&メンバーから誕生日お祝いコメント到着

J-POP2020年5月30日

 5月29日に誕生日を迎えたすとぷりのころんが、自ら作詞を手掛けた「敗北の未来地図」のミュージックビデオを公開した。  1か月前にソロとして2作目となるオリジナル曲「だいよげん」を投稿したころんの新曲「敗北の未来地図」は、1年前の誕生日にソ … 続きを読む

page top