松田翔太×桐谷健太×濱田岳出演CM「au 5Gその手に」、楽曲はSEKAI NO OWARI

2020年3月30日 / 09:46

 「au 5G」の新CMとして「au 5Gその手に」篇が本日3月30日から全国で放映される。

 松田翔太演じるマツダ、桐谷健太演じるキリタニ、濱田岳演じるハマダの3人が5Gの世界に入り込み、5Gで実現される世界を体感する同CM。サッカースタジアムで目の前で試合の臨場感を味わうマツダ、SFの中に入り込んだかのような街中に圧倒されるキリタニ、リアルタイムでライブを楽しむハマダの姿などが映し出されている。

 CMで使用している楽曲「Dropout」はSEKAI NO OWARIの書き下ろし楽曲で、CM中のライブシーンでは本人が楽曲を披露している。

◎SEKAI NO OWARI インタビュー
Q.CMはいかがでしたか?印象に残っていることがあれば教えてください。
Saori:濱田さんが飛ばれるシーンは、じっくり見てはいけないと思いつつ、すごく見てしまいました。
Fukase:僕は(濱田さんが飛んでいる方向を)見てくださいと言われたんですけど、どういう気持ちで見たらいいのか難しくて、ライブのつもりで会場にそういうお客さんがいる感じにしました。
Nakajin:今日、(濱田さんを)お見かけしたときに凄く クールで、バシッっと決められてる感じで、いつもとだいぶイメージが違ったのでびっくりしました。それも見る人にとってはすごく驚きがあるんじゃないかと思います。
Fukase:役者の方に会ったりすると、割とドギマギしちゃうタイプなので、挨拶をどのタイミングでしよう、みたいな事は考えてしまいました。作品やCMで何度もお見かけしたことがあったので、見た作品を言ったほうがいいのか。でも、逆にそれを言ってしまうと、「ありがとうございました」しか会話がなくなって、仲良くなれないかもしれないし……。でも僕らの(ライブ映像作品の)DVDを渡してご挨拶したら、「まさかりとかあったけー!?」という、素晴らしいボケをして帰られて……、さすがでしたね。

Q.CM出演、楽曲提供のオファーを聞いた時どのような気持ちでしたか?
Nakajin:最初絵コンテをいただいていて、今までの僕たちには見せられなかった部分を見せられるチャンスが来たんじゃないかなと思って、張り切って作りましたね。
Fukase:今までの僕らの感じとは違うので、もしかしたらファンはびっくりするのかなと思ってます。
Nakajin:どんな反応が来るのか、OAがすごく楽しみです。

Q.CMのために曲を書き下ろしていただきましたがどんな楽曲で、どんな思いが込められていますか?」
Fukase:今までの自分と、未来に対する自分のことを歌っていて、サビは今から進んでいく未来について歌っています。
自分の地元の街にも変わっていくものと、変わらないものが景色として沢山あって、その場所を歩いているときに曲のメロディーが自分の中に降りてきました。ずっと育ってきた場所だけど、変わっていくもの、変わらないものが今の自分にすごくシンクロするなと思ったので。
そういう自分の生きてきた人生みたいなものが詰まった楽曲になってるかなと思ってます。

Q.「5G」にどんなことを期待しますか?」
Saori:相手が海外にいても、この場にいるように話せたり、一緒にレコーディングしようとか、海外の違うスタジオにいても「こんなのどう?」とかできるようになっていったら面白いなと思います。
DJ LOVE:スポーツ中継なども、リアルタイムで細かい部分まで見れたりするようになるんじゃないかなと思います。
サッカーなどで視聴者側が「今のファールだったのかな?」というところを、その場で巻き戻せたりすると、 楽しそうだなと。
それぞれの楽しみ方で一つのコンテンツをいろんな角度から楽しめるようになるんじゃないかなと思います。
Fukase:ライブで世界中のアーティストと演奏する、みたいなことができるのかなと思います。飛行機で移動してこなくても、映像でアーティストさんがズラーっと並んで、みんなが同じ音を聴きながら(同時に同じ曲を)演奏することができたらすごいなと思います。ある種のデジタルフェスみたいなのができたらすごく面白いですし。

Q.4月に入って新生活が始まり新しい生活に思いをはせる時期ですがデビューしたときはどんな心境でしたか?また、どんな目標がありましたか?」
Nakajin:初めて取材された雑誌が出るときに、僕とDJ LOVEは車で30~40分かけて深夜まで空いている本屋に
その雑誌を探しに行ったことがありました。それはすごく覚えています。
Saori:ずっと、その時目の前にあることを目標にしてきたんですけど、例えば武道館公演とか、日産スタジアムとか。
そういう大きな目標が達成されて「さあ打ち上げだ!」っていう時に、必ずFukaseが「次の案なんだけど……」って言ってその打ち上げで必ず次のコンセプトだったりを話していたので、手放しで「わーい!やったー!」みたいな日が無くここまで来たなと思いますね。目標を常に立てて地道に歩いてきたなと思います。


音楽ニュースMUSIC NEWS

B'z、歴代ライブ映像全23作品のダイジェスト映像を公開

ジャパニーズロック2020年6月1日

B’z公式YouTubeチャンネルにて、新型コロナウイルス感染拡大防止のStay Home期間に、ご自宅で楽しめるコンテンツの一つとして期間限定で公開をしていた、歴代ライブ映像全23作品『B’z LIVE-GYM - … 続きを読む

FLOWER FLOWER、有料配信ライブ開催を発表

ジャパニーズロック2020年5月31日

FLOWER FLOWERが6月14日(日)20時より有料配信ライブ『インコの気まぐれ』の開催を発表した。 3月にリリースしたアルバム『ターゲット』をひっさげ、4月より予定していた全国ツアー『インコのhave a nice dayツアー20 … 続きを読む

音楽ファンの声、エールを募集!music UP's/OKMusic特別企画『Power To The Music』【vol.33】公開

ジャパニーズロック2020年5月31日

フリーマガジン『music UP’s』/Webサイト『OKMusic』編集部では、新型コロナウイルス感染拡大の影響でライヴやCDリリースの中止/延期が続いていることを受け、音楽ファンの声を集めた特別企画『Listener’s V … 続きを読む

Chara、自身が様々なアーティストを招く配信プログラム「Rainbow Staircase」ティザー映像を公開

J-POP2020年5月31日

 Charaがホストとして届ける配信プログラム「Rainbow Staircase」のティザー映像が公開となった。  配信プログラム「Rainbow Staircase」は、ミモザが咲き七色の鮮やかな階段がかかる“WATA HOUSE”のリ … 続きを読む

【深ヨミ】Sexy Zone作品が12作ランクイン シングルセールスの現在

J-POP2020年5月31日

 6月1日付のBillboard JAPAN “Top Single Sales”で、Sexy Zoneの作品がTOP100中に12作品ランクインした。(集計期間2020年5月18日~2020年5月24日)。  100位以内にランクインした … 続きを読む

page top