04 Limited Sazabys、Reebok “ZIG KINETICA”とのコラボ新曲「Jumper」を配信リリース

2020年2月21日 / 00:00

配信限定シングル「Jumper」 (okmusic UP's)

04 Limited Sazabysがグローバルフィットネスブランド『Reebok』の新モデル「ZIG KINETICA」とコラボレーションした新曲「Jumper」のMVが公開された。

想像を超える反発力と推進性をテーマに、メンバーの演奏、トランポリンと連動したムービングライトが印象的な、躍動感と近未来感のあるMVに仕上がっている。

同時に、デジタル限定シングルとして、2月21日(金)0時より各配信サイトにて配信スタート! 

また、リーボックストア渋谷にて「Reebok × 04 Limited Sazabys」スペシャルコラボパックを44足限定で販売する。その他、キャンペーンなどの詳細はオフィシャルサイトにて。

■「Reebok × 04 Limited Sazabys」キャンペーン詳細

https://reebok.jp/running/zig/04limitedsazabys
【GEN(Ba&Vo)コメント】

「リーボックとコラボレーションをすることになり、めちゃくちゃ嬉しかったですね。僕自身リーボックが大好きで、特にインスタポンプフューリーをいつも履いています。いつかコラボレーション出来たらいいなとはずっと思っていたので、今回お話頂いた時は本当に嬉しかったです。

『ZIG KINETICA』は、ソールに固さと反発力があるので、踏み込むと前に行こうとするじゃないですか。『そのまま進め!』と自分を肯定してくれるようなアティチュードを感じました。『どんどん先に進め!』と心に直接話しかけて来るように感じます。今回の歌詞で『決断の連続』という言葉が出てくるんですが、人生は決断の連続です。決断を迫られた時に、道を間違えないことより“自分が選んだ道を正解にする、正解にしていく”っていう瞬発力が大事だと思います。そういった思いをこの曲に込めました。

MV撮影は、シューズと同じようにテクノロジーが詰まったセットを使ったハイテクな撮影で、僕らも新しい可能性やアイデアを貰えたものになりました。2月21日(金)のリリースを楽しみにしてほしいです」
配信限定シングル「Jumper」
2020年2月21日(金)配信リリース

■配信URL

https://nippon-columbia.lnk.to/78QKUtEM


音楽ニュースMUSIC NEWS

Snow Man&花譜が『ブラッククローバー』の新テーマ曲に 「作品のテーマは僕達Snow Manの想いと重なる部分がある」

J-POP2020年4月3日

 Snow Manの「Stories」がテレビアニメ『ブラッククローバー』の新オープニングテーマに、バーチャルシンガー花譜の「アンサー」が新エンディングテーマに決定した。  今回の発表を受け、Snow Manは「数々の試練に仲間と立ち向かう … 続きを読む

リンジー・ローハン、約12年ぶりのニュー・シングル「Back To Me」のティーザーを公開

洋楽2020年4月3日

 女優/シンガーとして活躍するリンジー・ローハンが、約12年ぶりのニュー・シングルとなる「Back To Me」の約20秒のティーザーを現地時間2020年4月1日に公開した。  リンジーは、このアップビートなダンス・ナンバー「Back To … 続きを読む

【JAPAN JAM 2020】の中止が決定

J-POP2020年4月3日

 2020年5月4日~6日に千葉市蘇我スポーツ公園で開催が予定されていた【JAPAN JAM 2020】の中止が決定した。  チケットの払い戻しについては、後日 公式ホームページおよび公式アプリ「Jフェス」にて発表される。公式ホームページに … 続きを読む

『4月3日はなんの日?』ジャズ・ヴォーカルの女王、サラ・ヴォーンの命日 没後30年

洋楽2020年4月3日

 4月3日はビリー・ホリデイ、エラ・フィッツジェラルドとともに“女性ジャズ・ヴォーカリストの御三家”と称されるサラ・ヴォーンの30回目の命日。  1924年3月27日、アメリカ・ニュージャージー州ニューアーク生まれのサラ・ヴォーンは、194 … 続きを読む

白石麻衣(乃木坂46)、自身最後のMステ出演に向けメッセージが到着

J-POP2020年4月3日

 乃木坂46の白石麻衣が、4月3日に出演する自身最後の『ミュージックステーション』に向けて、コメントを寄せた。  番組では、白石にとって最後のシングルとなる「しあわせの保護色」のほか、白石の最初のセンター曲となった2013年リリースの「ガー … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top