音楽番組への出演はタイミングが重要?! Official髭男dismとLiSA

2020年2月16日 / 14:00

 今週のHot100は、Official髭男dismが圧倒的な強さを見せた。ニュー・シングル「I LOVE…」(【表1】)が見事に首位を獲得。2位は「Pretender」、10位が「宿命」とベスト10に3曲、そしてHot100内では8曲もランクインしている。いかに今彼らの勢いがすごいのかは言うまでもなく結果に現れている。

 ただ、今回の新曲「I LOVE…」のCDリリース日は集計後の2月12日なので、フィジカルのポイントは加算されていない。それでもテッパンの強さを見せる「Pretender」を抑えて首位に輝いたのにはわけがある。グラフを見ればかわかるが、動画再生数が12位から6位へ、ツイッターのつぶやき数が89位から36位にまで急上昇しているからだ。ではなぜこのような上昇を見せたのかは様々な要因があるが、やはり大きかったのはテレビ朝日系の音楽番組『ミュージックステーション』に出演したことだろう。ヒゲダンとこの番組の相性は非常に良く、出演することによって大きくチャートに影響してくる。「Pretender」の際にもリリース前に出演してそのパフォーマンスが大きな話題となり、大ブレイクへの起爆剤となったのも記憶に新しい。今回もまさに同様のタイミングで効果が出ており、フィジカルのリリース前なのに首位を獲得という結果に結びついたのだ。

 『Mステ』がこういった飛躍へのきっかけになることは、他のアーティストでも多々ある。今週でいえば、今週4位となったLiSAの「紅蓮華」もそのひとつだ(【表2】)。もちろんこの曲は昨年からヒットしているし、紅白歌合戦出場によって大きなピークを作っていたが、ここ数週は少しずつ落ち着きを見せ始めていた。しかし、人気アニメ『鬼滅の刃』の主題歌という話題性を引っ張りつつ、『Mステ』に出演することによってベスト5内へ返り咲き。ツイッターのつぶやき数、動画再生数、ダウンロード数などに加え、フィジカルのCD売上数も急上昇している。これが弾みとなって、さらにロングヒットとなるであろうことも予想できるだろう。

 テレビへの出演は、たしかにダイレクトに売上やチャートに影響しやすい。ただ、なかにはそれほど効果が出ない場合もあり、出演のタイミングが非常に重要だといえる。そういった意味では、今回のリリース前のヒゲダン、ロングセールスを狙うLiSAのタイミングは大いに参考になるはずだ。Text:栗本斉

◎栗本斉:旅&音楽ライター、選曲家。レコード会社勤務の傍ら、音楽ライターやDJとして活動を開始。退社後、2年間中南米を放浪し、現地の音楽を浴びる。その後フリーランスとして活動した後、2008年から2013年までビルボードライブのブッキングマネージャーに就任。フリーランスに戻り、雑誌やライナーノーツなどの執筆や音楽評論、ラジオやストリーミングサービスにおける構成選曲などを行っている。


音楽ニュースMUSIC NEWS

ママズ・ガン、約4年ぶりとなるニューAL『Cure The Jones』完成

洋楽2022年1月24日

 その類まれなメロディ・センスで、ソウル/ファンクのリスナーに留まらず幅広い層から絶大な支持を受けるUKのニュー・ソウル・バンド、ママズ・ガンが、約4年振りとなるニュー・アルバム『Cure The Jones』を2022年4月1日にリリース … 続きを読む

【ビルボード】ジャニーズWEST『黎明/進むしかねぇ』初週19.7万枚でシングル・セールス首位

J-POP2022年1月24日

 2022年1月26日公開(集計期間:2022年1月17日~1月23日)のBillboard JAPAN週間シングル・セールス・チャート“Top Singles Sales”で、ジャニーズWESTの『黎明/進むしかねぇ』が初週197,400 … 続きを読む

【ビルボード】木村拓哉『Next Destination』初週70,503枚を売り上げてアルバム・セールス首位

J-POP2022年1月24日

 2022年1月26日公開(集計期間:2022年1月17日~1月23日)のBillboard JAPAN週間アルバム・セールス・チャート“Top Albums Sales”で、木村拓哉の『Next Destination』が初週70,503 … 続きを読む

優里が「ドライフラワー」を英語でセルフカバー、「Dried flower(English ver.)」配信リリースへ

J-POP2022年1月24日

 優里が自身の大ヒット曲「ドライフラワー」を英語でセルフカバーした「Dried flower(English ver.)」を2月1日に配信リリースする。  2021年年間の総合ソング・チャート「Billboard JAPAN HOT 100 … 続きを読む

『ナイト・コール』イヤーズ&イヤーズ(Album Review)

洋楽2022年1月24日

 オリー・アレクサンダー、マイキー・ゴールドスワシー、エムリ・タークメンによる英ロンドン出身のトリオ・バンド……であったのは昨年3月までのことで、以降オリーによるソロ・プロジェクトとして再スタートを切ったイヤーズ&イヤーズ。個々それぞれに長 … 続きを読む

amazon

page top