フォーマルのリテラシーを持つカジュアルな発信【世界音楽放浪記vol.84】

2020年2月15日 / 12:00

大学で映像制作を教え始めて、今年度で3年目となった。ジャーナリズムを教える大学は、少なくない。だが、私が教えているのは「フォーマルのリテラシーを持つカジュアルな発信」だ。かつて映像を制作し、発信するためには、高価な機材と熟練した技能が必要であり、メディアも限られていた。21世紀に入り急速に進化したSNSや録画機材は、映像制作を容易にし、ダイレクトに全世界へ伝わる媒体となった。

「放送」と「通信」は、正反対の出自だ。放送は英語で「broadcast」、つまり「広く、放り投げる」ことを意味する。これに対し、通信は「communications」、人と人とが交流し、意思の疎通を図ることが原義だ。個人での発信は、通信の一手段である。映像作品のチェックは、自分自身で行うしかない。迂闊なことをすれば、簡単に炎上してしまう。だからこそ、最初に「日本放送協会番組基準」「国際番組基準」「放送ハンドブック」といった、放送の基本を学ぶ。放送というフォーマルのリテラシーを修得してこそ、カジュアルな発信を安心して行うことが出来るからだ。また、番組制作の「いろはのい」~発意、提案、取材、交渉、演出、構成、撮影、編集等~は、放送だろうと通信だろうと、変わることはない。

教室では、学生と議論しながら、常に新しい試みをするようにしている。2017年度の上智大学と関西大学での講義では、facebookの協力を得て、個人用PCでスイッチングを行うリアルタイム・ストリーミングにトライ。また現役のYouTuberをゲストに招き、彼らの作品を観ながら、語らい合った。2018年度の明治大学では、TikTokを意識した短尺映像を作ったり、「ビジュアル系」のアーティストとコラボして、全編英語でナレーションしたミニ番組も制作した。

明治大学の2019年度の講義では、スマホだけを用いて、約10分のミニ番組と30秒のCMを制作することとした。プロとなるなら、言うまでもなく、放送に出せるクオリティの番組を作ることは、必須の要件だ。だが、学生たちには、プロのマネをするな、自分たちの力で作れるものを制作するようにと何度も伝えた。プロになりたいのなら、その道に進めば徹底的に教え込まれる。この授業は、プロを養成するカリキュラムではない。自分たちの力で、あらゆる場からリポートしたり、ミニ番組を作ったりする力を養うことが目的だ。それは、「1人1メディア」の現在、スマホとwi-fiがあれば、世界のどこでも実行可能だ。

そのためには、自分がどんな役割を果たすことが出来るか、何に向いているかなどを知るためにも、チームで考え、行動することが大切だ。実際、出演する側が向いている者もいれば、スタッフ側で力を発揮する者もいる。半期が終わる頃には、学生は編集ソフトを使いこなす学生も、何人か現れた。私は、必要な部分は伝えつつ、教えすぎないことをモットーとした。

ミニ番組は、「なかなか知らない中野のなか」というタイトルを、学生たちが名付けた。完成まで、アドバイスすることはあれ、彼らの代わりに作業はしなかった。もちろん、プロの目から見れば、いろいろと甘いところはある。だが、学生たちが「0」から番組を作り上げるプロセスで考え、悩み、完成に到達したことは、きっと後で糧になるに違いない。ドキュメンタリー制作や、立派なスタジオで収録をしたりする授業にも、当然ながら、大きな意味がある。コンクールに応募することも重要だろう。しかし、手元にあるツールで、日常の中にある事象を映像で表現することも、教育的には大切だと考える。来年度、学生たちと共に、どんな映像作品が作り上げられるのか、いまから楽しみでならない。Text:原田悦志

「なかなか知らない中野のなか」(明治大学国際日本学部ホームページより)
https://www.meiji.ac.jp/nippon/info/2019/6t5h7p000032mlwd.html

◎原田悦志:NHK放送総局ラジオセンター チーフ・ディレクター、明治大学講師、慶大アートセンター訪問研究員。2018年5月まで日本の音楽を世界に伝える『J-MELO』(NHKワールドJAPAN)のプロデューサーを務めるなど、多数の音楽番組の制作に携わるかたわら、国内外で行われているイベントやフェスを通じ、多種多様な音楽に触れる機会多数。現在は「イチ押し 歌のパラダイス」「ミュージック・バズ」「歌え!土曜日Love Hits」(NHKラジオ第一)などを担当。


音楽ニュースMUSIC NEWS

レディー・ガガ、約3年ぶりのソロ曲「Stupid Love」が遂に解禁

洋楽2020年2月28日

 レディー・ガガが、ニュー・シングル「Stupid Love」をミュージック・ビデオとともに公開した。https://youtu.be/5L6xyaeiV58  「Stupid Love」は、2017年4月に【コーチェラ・フェスティバル】の … 続きを読む

オフセット、米人気TVドラマの潜入捜査官役で俳優デビュー

洋楽2020年2月28日

 現地時間3月1日に放送される米TVドラマ『NCIS:LA ~極秘潜入捜査班』でミーゴスのオフセットが俳優デビューする。  オフセットはシナイ半島に潜伏するCIAエージェントのKadri Kashan Khanを演じる。オフセットは「演技の … 続きを読む

トータス松本、NHK連続テレビ小説へ初出演決定 ヒロインの父親役

J-POP2020年2月28日

 ウルフルズのトータス松本(Vo./Gt)が、2020年度後期連続テレビ小説『おちょやん』に出演することが決定した。  トータス松本が演じるのは、ヒロイン杉咲花が演じる竹井千代の父親、竹井テルヲ役。トータス松本がNHK連続テレビ小説へ出演す … 続きを読む

スキマスイッチ、ツアーファイナル熊本公演を受けて無観客ライブを生配信

J-POP2020年2月28日

 スキマスイッチが、開催延期となった2020年2月28日の【SUKIMASWITCH TOUR 2019-2020 POPMAN’S CARNIVAL Vol.2】熊本公演中止を受け、同日19時より無観客でライブを生配信する。  新型コロナ … 続きを読む

メジャー・レイザーの公演で銃声、ディプロが緊迫の瞬間を捉えた写真を投稿

洋楽2020年2月28日

 2020年2月25日にブラジル・サンパウロのカーニバルで行われたメジャー・レイザーのライブ中に、客席から銃声が聞こえたため、会場に一時緊張が走った。警備員が体を張ってディプロを背後から守っている緊迫した瞬間を捉えた写真を、本人がインスタグ … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top