話題性だけでなくこの先も安泰?!  ビリー・アイリッシュとグラミー賞

2020年2月10日 / 12:00

 先ごろ発表された【第62回グラミー賞】で、ビリー・アイリッシュが主要4部門を含む合計5部門を受賞し大きな話題となった。彼女の才能に関しては多くの場で言及されているのでここでは詳しくは書かないが、とにかく18歳という若さでありながらも、カリスマ的存在であることは間違いなく、今回の受賞も当然。そして、この受賞は日本におけるチャートでも大きく影響している。彼女の代表曲である「バッド・ガイ」が、数々の競合がひしめく中、今週のHot100で7位まで上昇(【表1】)。44週目にして初めてトップ10にランクインした。本格的に日本でもブレイクしたといってもいいだろう。

 しかし、この曲に関しては今回急にヒットしたというわけではない。2019年の5月にはラジオのオンエア回数では1位を獲得しているし、YouTubeなどの動画やストリーミングの再生数に関しては上位を常にキープしてきた。いわば、大ブレイクの萌芽はすでにあったといえる。その上で今回の受賞に伴い、ダウンロードが急増しているところに注目したい。このことからは、これまでのストリーミングや動画閲覧がメインのグレーユーザーから、音源所有を欲するコアユーザーへと移行したことがわかる。この曲だけでわかりにくければ、Hot Albumsを見るとさらに顕著だ。彼女のデビュー・アルバム『ホエン・ウィ・オール・フォール・アスリープ、ホエア・ドゥ・ウィ・ゴー?』は今週4位まで上昇しているが、ダウンロードはもちろんフィジカルのCD売上の増加ぶりに驚かされる(【表2】)。

 いずれにせよ、彼女にとってグラミー賞はリスナーのパイを広げただけでなく、ストリーミングのみで済ませずにCD購入やダウンロードまで行うファンを味方につけたといえるし、おそらくそういったファンは今後も継続して応援してくれる可能性が高い。その観点で言えば、ビリー・アイリッシュはグラミー受賞によって一過性のブームに終わるのではなく、長く愛されるアーティストへの一歩を踏み出したといえるのかもしれない。Text:栗本斉

◎栗本斉:旅&音楽ライター、選曲家。レコード会社勤務の傍ら、音楽ライターやDJとして活動を開始。退社後、2年間中南米を放浪し、現地の音楽を浴びる。その後フリーランスとして活動した後、2008年から2013年までビルボードライブのブッキングマネージャーに就任。フリーランスに戻り、雑誌やライナーノーツなどの執筆や音楽評論、ラジオやストリーミングサービスにおける構成選曲などを行っている。


音楽ニュースMUSIC NEWS

『4月5日はなんの日?』カート・コバーンの命日 没後26年

洋楽2020年4月5日

 4月5日はカート・コバーンの命日。  カート・コバーンは1994年4月5日、米・シアトルの自宅にてショットガンで自身の頭を撃ち、27歳という若さで命を絶った。驚異的なセールスで全米ビルボードNo.1を記録し、音楽シーンにグランジ・ムーヴメ … 続きを読む

Da-iCE、新AL収録曲「恋しくて、今も」ラジオ初解禁決定

J-POP2020年4月4日

 Da-iCEが、新アルバム『FACE』収録曲「恋しくて、今も」をラジオ初解禁することが決定した。  今作の収録曲ではメンバーがそれぞれ1人1曲をプロデュースしており、今のDa-iCEに、そしてこれからのDa-iCEに必要な曲をクリエイティ … 続きを読む

【ビルボード HOT BUZZ SONG】Official髭男dism「I LOVE…」が7週目の首位に Uru「あなたがいることで」はドラマ終了後も動画再生数が増加

J-POP2020年4月4日

 Billboard JAPAN HOT 100を構成するデータのうちダウンロード、Twitter、週間動画再生数のみを集計し、話題の曲を読み解く【ホット・バズ・ソング】。今週は、Official髭男dism「I LOVE…」が7週連続の首 … 続きを読む

摩天楼オペラ、ニューEPよりリード曲「Chronos」MV SPOT&全曲試聴トレーラー公開

ジャパニーズロック2020年4月4日

摩天楼オペラが4月22日(水)にリリースするEP『Chronos』(クロノス)より、リードトラック「Chronos」のミュージックビデオのスポット映像と収録全曲の試聴トレーラーを公開した。 モノトーンかつ退廃的なムードの映像に合わせて展開さ … 続きを読む

女王蜂、全国Zeppツアー開催決定

J-POP2020年4月4日

 女王蜂が、6月より【全国ツアー2020 「BLACK LOVE BLACK LIFE」】を全国のZeppで開催することが決定した。  2月19日に発売されたアルバム『BL』のツアーとして、アルバム『BL』の完全生産限定盤と同様、各日に“t … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top