【米ビルボード・アルバム・チャート】エミネム10作連続初登場1位の快挙、ホールジー/故マック・ミラーがTOP3デビュー

2020年1月27日 / 09:45

 エミネムの新作『ミュージック・トゥ・ビー・マーダード・バイ』が初登場1位を記録した、今週の米ビルボード・ソング・チャート。

 本作は、2018年8月リリースの前作『カミカゼ』から約1年半ぶりに発売された、通算11枚目のスタジオ・アルバム。同チャートでは、3rdアルバム『ザ・マーシャル・マザーズLP』(2000年)以降のスタジオ・アルバム全作に加えて、サウンドトラック『8マイル』(2002年)とベスト盤『カーテン・コール』(2005年)を含む、10作連続首位獲得を果たしている。

 Billboard 200での歴代記録としては、エルヴィス・プレスリーと並ぶ歴代4位タイ。トップはビートルズで19作、続いてジェイ・Zの14作、ブルース・スプリングスティーンとバーブラ・ストライサンドがもつ11作が、歴代TOP3となる。昨年11月9日付チャートで、カニエ・ウェストが『ジーザス・イズ・キング』で9作に並んだばかりだが、たった2か月でその記録を塗り替えた。なお、首位獲得数はビートルズがトップだが、連続首位獲得記録はエミネムがもつ10作が歴代1位。

 エミネムは1999年リリースのメジャー・デビュー作『ザ・スリム・シェイディLP』、カニエは2004年に発売された同デビュー・アルバム『ザ・カレッジ・ドロップアウト』のみ首位獲得を逃がしていて、いずれも最高位は2位だった。両者共、新作をリリースする度に記録を更新している。

 『ミュージック・トゥ・ビー・マーダード・バイ』の初動ユニット数は279,000で、そのうち154,000がストリーミングによるユニット数(SEA)、8,000が楽曲単体によるユニット数(TEA)、117,000枚がアルバムの純粋な売上枚数だった。若層から年配層まで幅広いファンをもつエミネムは、セールス、ストリーミングいずれも安定した数字を獲得している。

 週間視聴回数は2億1,760万回で、ここ4か月の中では最大のストリーミング数。4か月前の2019年9月28日付チャートでは、ポスト・マローンの『ハリウッズ・ブリーディング』が登場2週目で2億2,090万回を記録した。その『ハリウッズ・ブリーディング』は週間53,000ユニットを獲得し、今週5位に粘り強くランクインしている。

 続いて2位にデビューしたのは、ホールジーの新作『マニック』。初動ユニット数は239,000で、エミネムと僅差まで迫ったものの及ばず、2作連続の首位獲得を逃した。これまでは、2015年にリリースした1stアルバム『バッドランズ』が2位、2017年の2ndアルバム『ホープレス・ファウンテン・キングダム』が、初登場1位を記録している。なお、初動ユニット数としては『ホープレス・ファウンテン・キングダム』の初登場週106,000ユニットを大きく上回る、自己最高数。

 239,000ユニットのうち、180,000枚がアルバムのセールス、56,000がストリーミングによるユニット数(SEA)、3,000が楽曲単体によるユニット数(TEA)だった。売上には、公式ウェブサイトで発売されたグッズや、ライブ・チケットの償還が含まれている。女性アーティストの作品では、2019年9月7日付チャートでテイラー・スウィフトの『ラヴァー』が記録した、867,000ユニット以来の週間ユニット数。

 3位には故マック・ミラーの遺作『サークルズ』初登場し、TOP3は全て新作が占領した。本作は、2018年8月に同3位を記録した前作『スイミング』以来、約1年半ぶりに発表された6枚目のスタジオ・アルバムで、2011年に1位を記録したデビュー・アルバム『ブルー・スライド・パーク』から6作連続のTOP10入りを果たしている。

 『サークルズ』の初動ユニットは164,000で、そのうち102,000がストリーミングによるユニット数(SEA)、1,000が楽曲単体によるユニット数(TEA)、61,000枚がアルバムの売上枚数だった。ストリーミングが加算されるようになった2014年12月以降の作品では、自己最大の初動ユニット数となる。

 前述にもあるように、今週のTOP3は全て新作によってランキングされたが、TOP3全てが初登場作で、初動16.4万ユニットを超えるのは、ストリーミングが加算されるようになった2014年12月以降初となる。初登場作以外では、2016年6月11日付チャート以来、約3年半ぶりとなる。同チャートでは、ドレイクの『ヴューズ』が189,000ユニットで首位をキープし、アリアナ・グランデの『デンジャラス・ウーマン』が175,000ユニットで2位、ブレイク・シェルトンの『イフ・アイム・オネスト』が170,000ユニットで3位にいずれも初登場した。

 先週2位にランクインしていた、ロディ・リッチの『プリーズ・エクスキューズ・ミー・フォー・ビーイング・アンチソーシャル』は4位にダウンしたものの、今週は103,000ユニットを記録し、2週連続で10万超えを達成している。先週1位にデビューしたセレーナ・ゴメスの新作『レア』は、66%も数字を落とし6位まで後退(週間38,000ユニット)。続いて7位には、先週の3位からダウンしたマネーバッグ・ヨーの『タイム・サーヴド』(37,000ユニット)、8位はダベイビーの『カーク』(37,000ユニット)、9位がハリー・スタイルズの『ファイン・ライン』(36,000ユニット)、10位がビリー・アイリッシュの『ホエン・ウィ・オール・フォール・アスリープ、ホエア・ドゥ・ウィ・ゴー?』(35,000ユニット)と、新作に押されそれぞれ順位を繰り下げている。

Text: 本家 一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートは、1月31日以降掲載予定となります。

◎【Billboard 200】トップ10
1位『ミュージック・トゥ・ビー・マーダード・バイ』エミネム
2位『マニック』ホールジー
3位『サークルズ』マック・ミラー
4位『プリーズ・エクスキューズ・ミー・フォー・ビーイング・アンチソーシャル』ロディ・リッチ
5位『ハリウッズ・ブリーディング』ポスト・マローン
6位『レア』セレーナ・ゴメス
7位『タイム・サーヴド』マネーバッグ・ヨー
8位『カーク』ダベイビー
9位『ファイン・ライン』ハリー・スタイルズ
10位『ホエン・ウィ・オール・フォール・アスリープ、ホエア・ドゥ・ウィ・ゴー?』ビリー・アイリッシュ


音楽ニュースMUSIC NEWS

yama(歌唱)×泣き虫(作詞作曲)の「Hello/Hello」映像公開、メインアーティストは謎の“MAISONde”

J-POP2021年1月25日

 yamaが歌い、泣き虫が作詞作曲した楽曲「Hello/Hello feat. yama, 泣き虫」の“Bedroom ver.”と称された映像が公開された。  2020年春にリリースした初のオリジナル楽曲「春を告げる」がヒットしながらも素 … 続きを読む

菅田将暉、大切な人への想いを歌う新曲「星を仰ぐ」配信リリース

J-POP2021年1月24日

 菅田将暉が、新曲「星を仰ぐ」を、2021年2月1日に配信リリースする。  新曲「星を仰ぐ」は、今まで当たり前だった世界が一変したとき大切な人に向ける想いを飾らず歌い上げるバラードで、日本テレビ系日曜ドラマ『君と世界が終わる日に』の主題歌。 … 続きを読む

常田大希率いるmillennium parade、ワンマン公演を配信【millennium parade Live 2020】

J-POP2021年1月24日

 常田大希率いる音楽集団millennium paradeが、2020年の締め括りに国際フォーラムホールAで行ったワンマン公演【millennium parade 3D Live 2020】を配信する。  配信ライブは3Dではなく2D映像に … 続きを読む

サカナクション、新たな表現を提示したオンラインライブより「ワンダーランド」公開

J-POP2021年1月24日

 サカナクションが、2021年3月17日にリリースされるLive Blu-ray&DVD『SAKANAQUARIUM 光 ONLINE』より「ワンダーランド」を公開した。  「ライブミュージックビデオ」というコンセプトのもとに企画され、映画 … 続きを読む

SARD UNDERGROUNDの3rdシングル「ブラックコーヒー」、アニメ『おかしなさばくのスナとマヌ』コラボによるショートMV公開

J-POP2021年1月24日

 SARD UNDERGROUNDの3rdシングル「ブラックコーヒー」の、ショートミュージックビデオが公開となった。https://youtu.be/2NaYwaGR8RQ  ボーカルの神野友亜が初めて作詞に挑戦し、癒しのショートアニメ『お … 続きを読む

page top