ビリー・アイリッシュ、007シリーズ最新作のテーマ曲を担当「最高の気分」

2020年1月15日 / 12:30

 ビリー・アイリッシュが、007シリーズ第25作となる『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』のテーマ曲を担当することが2020年1月14日に明らかになった(https://www.instagram.com/p/B7TlTtVF8zD)。

 その前日にビリーが、ハル・ベリー、エヴァ・グリーン、レア・セドゥなど歴代ボンドガールを紹介するインスタグラム・ストーリーを投稿したことから、007ファンから期待の声が上がっていた。新曲は再び兄のフィニアスとタッグを組んで共同制作し、Darkroom/Interscope Recordsからリリースされる。

 007シリーズのテーマ曲は代々、旬の大物アーティストが務めることが常で、過去にはシャーリー・バッシー、ポール・マッカートニー、カーリー・サイモン、シーナ・イーストン、デュラン・デュラン、マドンナ、アデル、そしてサム・スミスなど、そうそうたる顔ぶれが並ぶ。ビリーは最年少でこの大役に抜擢されている。2015年の『007 スペクター』のテーマ曲「Writing’s on the Wall」を手掛けたサム・スミスは当時23歳だった。

 ビリーは、「あらゆる点において、(007シリーズに)参加できることは最高の気分です。伝説的なシリーズの映画のテーマ・ソングを作曲できることは大変な名誉です。ジェームズ・ボンドはこれまで存在した中で最もクールな映画シリーズです。まだショックが収まりません」と声明でコメントしている。

 そしてフィニアスは、「ボンド映画のテーマ曲を書くということは、僕たちがずっと夢見てきたことでした。“ゴールドフィンガー”や“死ぬのは奴らだ/Live And Let Die”のように、音楽とシネマがこれほどアイコニックな形でカップリングされることはほかにありません。これほど伝説的なシリーズで小さな役割を果たすことができて、僕たちはすごくすごくラッキーだと感じています。007万歳」と付け加えている。

 なお、映画のスコアはハンス・ジマーが担当することが現地時間1月13日に発表されている。


音楽ニュースMUSIC NEWS

桑田佳祐 民放共同プロジェクト曲を初公開、タイトルは「SMILE~晴れ渡る空のように~」

J-POP2020年1月24日

民放5系列114局が共同で2020年を盛り上げていくプロジェクト“一緒にやろう2020”のスペシャル番組『一緒にやろう2020大発表スペシャル』内で、桑田佳祐が担当した応援ソングが初公開された。  普段はライバル同士の民放テレビ局が、1月2 … 続きを読む

SUNNY CAR WASH、活動再開&復活ライブ開催決定

J-POP2020年1月24日

 SUNNY CAR WASHが活動再開を発表、3月13日に復活ライブを開催することが決定した。  メンバーの体調不良で活動を休止していたSUNNY CAR WASHは、公式サイトとtwitterで活動再開を発表。また、新メンバーのギターリ … 続きを読む

Brian the Sun、ミニAL『orbit』ジャケ写公開&ワンマンツアー開催決定

J-POP2020年1月24日

 Brian the Sunがミニアルバム『orbit』のジャケット写真を公開、合わせて東名阪でのワンマンツアーの開催を発表した。  ジャケット写真は大阪市内で撮影されたもので、初回生産限定盤と通常盤の2種類。通常盤に使用された写真は撮影当 … 続きを読む

Saucy Dog、対バンツアー【サバイブエピソード】6月開催

J-POP2020年1月24日

 Saucy Dogが、対バンツアー【サバイブエピソード】を、2020年6月に開催する。  15箇所にて開催となり、全公演ゲストアーティストを迎えた2マンライブとなる。チケット先行は2月3日まで実施中。 ◎ツアー情報 【Saucy Dog … 続きを読む

大橋トリオ、新AL特典映像から「sing sing」ライブ映像公開

J-POP2020年1月24日

 大橋トリオが、アルバム『This is music too』初回生産限定盤に収録される特典映像から「sing sing」のライブ映像を公開した(https://youtu.be/fCa4xgLoOec)。  2月19日には、ニューアルバム … 続きを読む

page top