オー・ワンダー、“デュオ解散後”をユーモラスに描いた「Happy」のMV公開

2020年1月15日 / 11:30

 ジョセフィーンとアンソニーの男女二人によるエレクトロ・ポップ・デュオ、オー・ワンダー(Oh Wonder)が、3rdアルバム『No One Else Can Wear Your Crown』よりシングル「Happy」のミュージック・ビデオを公開した(https://youtu.be/yeXie1Fhcdk)。

 「Happy」は、“現代の愛”を掘り下げた楽曲で、「別れた恋人の幸せを心から願えるようになった」、 「新しい恋人といるのを見て喜ぶなんて思ってもなかった」という詞のとおり、元恋人に向けて歌われたもので、バンド・メンバーでもあり、恋人同士でもあるジョセフィーンとアンソニーが別れたことを想像して書かれている。

 「3rdアルバムのリリースを控える中、そのサウンドに満足がいかないアンソニーとの仲が険悪になり、“2020年1月にオー・ワンダーが解散した”」という設定の「Happy」MVは、その後ソロとなり、音楽活動と恋愛関係において迷走する2人の様子を、老人になった2人がユーモラスに振り返る、ドキュメンタリー・タッチの作品に仕上がっている。

 2月7日にリリースされる3rdアルバム『No One Else Can Wear Your Crown』は、アンソニーとジョセフィーンが自宅に構えるスタジオで制作されたもの。全10曲収録(デラックス版にはアコースティック5曲合わせて全15曲)の本作品は、これまでバンドが体験してきた様々な経験や感情を表現している。そのうちの何曲かは前回のワールド・ツアー中(世界中で約30万枚のチケット・セールスを記録)や休暇中に書かれたものであり、彼らが今までバンドとして培ってきた功績(アルバムTOP10入り、ストリーミング数1億超え、チケット完売のワールド・ツアー等)についての思いが凝縮された作品となっている。

 これまでの道のりを歩んできた二人だからこそ作り上げることのできた今回のアルバム。自己を受け入れることや自身を持つこと、そして楽しむことなど、バンドにとって大切なメッセージが込められている。彼らの強い思いは今回の新曲「Happy」や、昨年9月にリリースされた新作アルバムからの1stシングル「Hallelujah」のサビからも読み取ることが出来る。

◎リリース情報
アルバム『No One Else Can Wear Your Crown』
2020/2/7 RELEASE
デジタル、輸入盤のみ
https://umj.lnk.to/OhWonder


音楽ニュースMUSIC NEWS

桑田佳祐 民放共同プロジェクト曲を初公開、タイトルは「SMILE~晴れ渡る空のように~」

J-POP2020年1月24日

民放5系列114局が共同で2020年を盛り上げていくプロジェクト“一緒にやろう2020”のスペシャル番組『一緒にやろう2020大発表スペシャル』内で、桑田佳祐が担当した応援ソングが初公開された。  普段はライバル同士の民放テレビ局が、1月2 … 続きを読む

Brian the Sun、ミニAL『orbit』ジャケ写公開&ワンマンツアー開催決定

J-POP2020年1月24日

 Brian the Sunがミニアルバム『orbit』のジャケット写真を公開、合わせて東名阪でのワンマンツアーの開催を発表した。  ジャケット写真は大阪市内で撮影されたもので、初回生産限定盤と通常盤の2種類。通常盤に使用された写真は撮影当 … 続きを読む

Saucy Dog、対バンツアー【サバイブエピソード】6月開催

J-POP2020年1月24日

 Saucy Dogが、対バンツアー【サバイブエピソード】を、2020年6月に開催する。  15箇所にて開催となり、全公演ゲストアーティストを迎えた2マンライブとなる。チケット先行は2月3日まで実施中。 ◎ツアー情報 【Saucy Dog … 続きを読む

大橋トリオ、新AL特典映像から「sing sing」ライブ映像公開

J-POP2020年1月24日

 大橋トリオが、アルバム『This is music too』初回生産限定盤に収録される特典映像から「sing sing」のライブ映像を公開した(https://youtu.be/fCa4xgLoOec)。  2月19日には、ニューアルバム … 続きを読む

ヒップホップとルーツミュージックが交差するソウル・コフィングの尖鋭的デビューアルバム『ルビー・ブルーム』

ニュース2020年1月24日

パンク、ロフトジャズ、前衛芸術などの洗礼を受け、独自の進化を遂げたニューヨークのダウンタウン・ミュージック。1987年に設立されたライヴハウス「ニッティング・ファクトリー」では、アーティスティックかつパンキッシュな音楽が会場中に溢れていた。 … 続きを読む

page top