秦 基博、ラスベガス、BAND-MAIDなど12月リリースの6作品を紹介

2019年12月14日 / 12:00

(okmusic UP's)

フリーマガジン『music UP’s』vol.181(11/20発行)にも掲載中の『DISC GUIDE』から、12月リリースの6作品を紹介!

1.『HYPERTOUGHNESS』/Fear, and Loathing in Las Vegas

2.『ねっこほって e.p.』/むぎ(猫)

3.『Empathy』/wacci

4.『コペルニクス』/秦 基博

5.『CONQUEROR』/BAND-MAID

6.『Stay With Me』/『Stay With Me』
『HYPERTOUGHNESS』/Fear, and Loathing in Las Vegas
Album 12/4 Release

WANER MUSIC JAPAN

WPCL-13030

¥2,500(税抜)
Tetsuya(Gu)加入後、新5人体制で作り上げた6thアルバムは、ラウド、エレクトロ、ダンサブル…とラスベガス節が本領を発揮! 目くるめくカオティックな展開を魅せながらも、美しいメロディーも顔を覗かせ、押し引きの上手さに長けた曲調でグイグイ引き込んでいく。特に「Karma」は鍵盤、スクラッチ音、メタル、ゲーム音楽を見事に融合させた一曲。剛柔自在の攻めっぷりに磨きを掛けた傑作だ。

TEXT:荒金良介
『ねっこほって e.p.』/むぎ(猫)
EP 12/4 Release

SPEEDSTAR RECORDS

【初回限定盤(DVD+グッズ付)】

VIZL-1666 ¥5,000(税抜)

※グッズ:マスコットキーホルダー

 「つれてってむぎちゃん」

【通常盤】

VICL-65266 ¥1,600(税抜)
子供から大人までが楽しめるリリックと遊び心ある多彩なサウンドで充実のメジャー1st EP。人気アニメ『ねこねこ日本史』のEDテーマ「ねっこほって」から始まり、曲中に曲紹介を挟み、ライヴ感を出したパンク調の「三億年後に会いましょう」でラストを迎えるという流れ。クリスマスについて歌ったり、韻を踏んだり、言葉の切れ目をあえてメロディーに合わせなかったりと、そのアレンジ力は脱帽もの。

TEXT:小町碧音
『Empathy』/wacci
Album 12/4 Release

EPIC Records Japan

【初回生産限定盤A(DVD+フォトブック付)】

ESCL-5320〜2 ¥4,600(税込)

【初回生産限定盤B(DVD付)】

ESCL-5323〜4 ¥3,600(税込)

【初回生産限定盤C(DVD付)】

ESCL-5325〜6 ¥3,600(税込)

【通常盤】

ESCL-5327 ¥3,100(税込)
“共感”“共有”という意味のタイトルを掲げる4thアルバム。wacciらしいポップなバンドサウンドが時にやさしく、時にゴキゲンに響く中、耳に入ってくる心温まる言葉と美しいメロディーにしみじみ癒されるような作風となっていて、聴くうちにさわやかに前を向かせてくれたり、自分をハッと顧みさせてくれたりもする。「三日月」の切なく儚い和メロ、「元カノの誕生日」のファニー極まりない未練がましさもいい。

TEXT:田山雄士
『コペルニクス』/秦 基博
Album 12/11 Release

UNIVERSAL SIGMA

【初回限定盤(DVD付)】

UMCA-19061 ¥4,500(税抜)

※スリーブケース仕様

【通常盤】

UMCA-10072 ¥3,000(税抜)
1年9カ月振りになるメジャー2ndアルバムは、劇場版『ONE PIECE STAM

PEDE』主題歌「GONG」を筆頭に多くのタイアップを含む全15曲を収録。歌の訴求力、演奏のアレンジも多様性に満ち、前作以降の成長度をきっちりと刻み付けている。アッパーでノリのいい楽曲もある一方で、アコギやストリングが用いた「宝物」は至福感に富む音色が素晴しく、より幅広い層にリーチしそうだ。

TEXT:山本弘子
『CONQUEROR』/BAND-MAID
Album 12/11 Release

日本クラウン

【初回生産限定盤A(Blu-ray付)】

CRCP-40590 ¥4,545(税抜)

【初回生産限定盤B(DVD付)】

CRCP-40591 ¥3,636(税抜)

【通常盤】

CRCP-40592 ¥2,727(税抜)
待望のメジャー3rdアルバムはDavid Bowieなどを手掛けた敏腕プロデューサーのTony Viscontiと制作した「The Dragon Cries」を含む全15曲を収録。エッジの効いたハードロックからアコギを用いた静謐なバラードまで取り揃え、華やかで煌びやかなサウンドはライヴでさらに輝きを増しそう。多様性に富むテンポでさまざまなノリを提供する表現力も強化されているのも特筆すべきところ。

TEXT:荒金良介
『Stay With Me』/Seven Billion Dots
EP 12/11 Release

EPIC Records Japan

【初回生産限定盤(DVD付)】

ESCL-5300~1 ¥1,636(税抜)

【通常盤】

ESCL-5302 ¥1,364(税抜)

【期間生産限定盤(DVD付)】

ESCL-5303~4 ¥1,818(税抜)

※描き下ろしトールサイズデジパック仕様
18年2月にNY帰りのMasafumi(Vo)と双子のKen(Gu)とLyo(Dr)が結成した3ピースバンドがメジャーデビュー。UKロックを思わせるアンセミックかつダンサブルな表題曲を含む4曲が印象付けるのは、結成から1年10カ月とは思えないスケールの大きさと、バンドが抱いているに違いない野心とは裏腹の清々しさ。ピアノをフィーチャーしたポップナンバー「アゼリア」が持つさわやかさも大きな聴きどころ。

TEXT:山口智男


音楽ニュースMUSIC NEWS

小柳ゆき、ニューアルバムでデーモン閣下とのコラボが実現&楽曲の先行配信がスタート

ニュース2020年5月26日

小柳ゆきが、7月1日(水)にニューアルバム『SPHERE~球宇宙~』をリリースすることがわかった。さらに、デーモン閣下とのコラボレーション楽曲も収録されることも発表。 そして、5月26日(火)にコラボレーション楽曲「SPHERE-feat. … 続きを読む

Supporting Live House's Activity~ライヴハウスの施策を紹介!~

ジャパニーズロック2020年5月25日

フリーマガジン『music UP’s』/Webサイト『OKMusic』編集部では、新型コロナウイルス感染拡大の影響でライブハウスの活動自粛による経営縮小、閉店の事実が続いていることを受け、クラウドファンディングや独自の施策を実施 … 続きを読む

亜無亜危異、アルバムリード曲「馬鹿とハサミは使いYO!」のMVを公開

ジャパニーズロック2020年5月25日

亜無亜危異が、ニューアルバム『パンク修理』からリード曲「馬鹿とハサミは使いYO!」のMVを公開した。 ライブ映像を使ったMVは存在しているが、このメンバーでスタジオ撮影を行ったのはこれまでの長いキャリアの中で初めて。5月上旬に行われた撮影は … 続きを読む

THE BACK HORN、結成20周年締め括りの武道館公演などライブ映像13作品を全プレミア公開

ジャパニーズロック2020年5月25日

THE BACK HORNが『「KYO-MEI MOVIE TOUR」-2004〜2019-』と題し、既発のライブ映像13作品をプレミア公開することを発表した。これは新型コロナウイルスの影響により、延期となってしまった『「KYO-MEIワン … 続きを読む

聖飢魔II、地球デビュー35周年の新ヴィジュアル解禁

J-POP2020年5月25日

 地球デビュー35周年を記念し期間限定で再集結する聖飢魔IIが、新ヴィジュアルを解禁した。  5月21日、悪魔教信者にはとても縁起の良い時刻“午後6時6分6秒”に、聖飢魔IIのメンバーであるルーク篁とジェイル大橋が突如としてインターネット上 … 続きを読む

page top