Noah、4年ぶりのニュー・アルバム『Thirty』をリリース

2019年10月18日 / 17:00

 北海道出身のアーティストNoahが、4年ぶりとなる新作ミニ・アルバム 『Thirty』を2019年10月18日にリリースした。

 都市世界への入り口のように神秘的に広がる1曲目から、80年代の香港ポップスのミニマリズムが心地よく鳴り響く先行シングル「メルティン・ブルー」まで、アルバムにはまろやかな大陸の風が吹いている。映像で見てきた中華街の未来的な光景と雑然とした街のエネルギー、相反する飾り気のない生活は、彼女が3年前に移り住んだ東京のイメージの縮図となり、この作品の大きなインスピレーションとなった。

 東京は、北国生まれのNoahにとって全く異なる世界であり、どこか退廃的な蒸気の波に彩られた荘厳さと華やかさで満たされているが、同様にたくさんの夢が散らばる場所でもある。「像自己」に代表されるアナログ感あふれるエレクトロ・ディスコ・サウンド、ゲーム・ミュージック的な8bit感、存在感を持って放たれる急速なハイハットが都市生活を十分に呼び覚ます一方で、過剰なまでのネオンサインや深夜のロマンスに彩られたピアノ(「夢幻泡影」)、ゆっくりと朽ち果てていくビートとシンセサイザーのコラージュ(「風在吹」)は、実体の見えない希望と生温かい欲望を映し出し、彼女の東京への関心は、日常の華やかさと儚さの両面で描かれている。

 幾重にも折り重ねられたNoahの幻想的な歌声は、あらゆるものを織り交ぜながら、彼女が住みたいと思っていた東京の物語を見せる。耳を奪われるドラム・マシーンとLo-Fiなシンセサイザーに浸された歌の数々が、この街が見せる混沌と郷愁の日記を伝えてくれるのだ。

◎「像自己」
https://smarturl.it/Noah-Xiangziji

◎リリース情報
ミニ・アルバム 『Thirty』
2019/10/18 RELEASE


音楽ニュースMUSIC NEWS

BLUE ENCOUNT、新作MV「ユメミグサ」青春の儚さと美しさが迫る

J-POP2020年8月15日

 BLUE ENCOUNTが、2020年9月2日にリリースする新曲「ユメミグサ」のミュージックビデオを公開した。  新曲「ユメミグサ」は、8月28日より全国東宝系にて公開される、住野よるの原作を実写化した映画『青くて痛くて脆い』の主題歌。M … 続きを読む

ナオト・インティライミ、EP『オモワクドオリ』収録楽曲&ライブ映像ダイジェスト公開

J-POP2020年8月15日

 ナオト・インティライミが、EP『オモワクドオリ』の楽曲ダイジェストとFC盤に収録されているライブ映像ダイジェストを公開した。https://youtu.be/Vp7Y9ODBoYg  幕開けを飾る「オモワクドオリ」は、ジャジーな味付けが効 … 続きを読む

【ビルボード HOT BUZZ SONG】YOASOBI「夜に駆ける」、動画再生数が増加し2週ぶり7度目の首位に

J-POP2020年8月15日

 Billboard JAPAN HOT 100を構成するデータのうちダウンロード、Twitter、週間動画再生数のみを集計し、話題の曲を読み解く【ホット・バズ・ソング】。今週はYOASOBI「夜に駆ける」が2週ぶり、7度目の首位を獲得した … 続きを読む

矢井田瞳、4年振りとなるオリジナルアルバム『Sharing』のリリースが決定

ニュース2020年8月15日

7月にデビュー20周年を迎えたシンガーソングライターの矢井田瞳が、10月14日(水)に4年振りとなるオリジナルアルバム『Sharing』をリリースすることを発表した。併せて新アーティスト写真も公開されている。 2016年にリリースされた10 … 続きを読む

BLUE ENCOUNT、新曲「ユメミグサ」の映画『青くて痛くて脆い』版MV公開

ジャパニーズロック2020年8月15日

BLUE ENCOUNTが9月2日にリリースするニューシングル「ユメミグサ」。8月28日より全国東宝系にて公開される映画『青くて痛くて脆い』の主題歌に起用されていることで、同映画の素材を使って編集されたのMusic Videoが公開された。 … 続きを読む

page top