ヤングブラッド、イマジン・ドラゴンズのダンとコラボした新曲を解禁

2019年10月9日 / 19:10

 22歳の若き新ロック・スター、ヤングブラッドが、イマジン・ドラゴンズのフロントマンのダン・レイノルズを客演に迎えたニュー・シングル「original me」をリリースした(https://youtu.be/2GLopFNb9Xg)。

 イギリス・ヨークシャー出身のヤングブラッドは、ギター、ベース、ピアノとドラムを自由自在に演奏するマルチ・インストゥルメンタリスト。2歳でギターを弾き始め、10歳の時に楽曲制作を開始。現代社会を斜めから見て、異議を申し立てるその反抗的な精神と赤裸々な歌詞が、現代を生きる多くの若者に共感と支持を得ており、“ネクスト・アークティック・モンキーズ”と米メディアで称される、次世代を担う若き才能だ。

 そんな彼は、今年に入って、今アメリカを席捲しているホールジーを始め、マシン・ガン・ケリーやトラヴィス・バーカー(ブリンク182のドラマー)などの一流アーティストとコラボ曲を発表している。

 彼は新曲「original me」について以下のように語っている。「この曲は、自分自身の嫌いなところを受け入れることと、人生で一番重要なことは、嘘偽りない、素の自分でいるとだということを認識することについて歌っているんだ。ダン・レイノルズとのコラボは、まさに夢が叶ったような瞬間だったよ。彼は昔から僕にたくさんのインスピレーションを与えてくれていたからね。“original me”は、スタジオに2人で入ったその日中に、わずか1日で完成したんだ。僕とダンの間で起こった“エネルギーの交換”が、この曲にそのまま反映されている気がする」

 「original me」を収録したヤングブラッドの新EP『the underrated youth』は、2019年10月18日にリリース予定となっており、プレオーダーも受付中だ。

◎リリース情報
EP『the underrated youth』
2019/10/18 RELEASE
<トラックリスト>
1. braindead!
2. parents
3. original me (feat. dan reynolds of imagine dragons) 
4. casual sabotage
5. hope for the underrated youth
6. waiting on the weekend


音楽ニュースMUSIC NEWS

友との対話から生まれるヒント【世界音楽放浪記vol.85】

J-POP2020年2月22日

作家の平野啓一郎さんが著した「分人」という考え方が、とても好きだ。人間には、さまざまな面がある。もちろん、公私混同は厳に慎まなければならないが、1人の人間に、複数の顔や活躍の場があっても、コンプライアンスを遵守し、なおかつ他の方に迷惑をかけ … 続きを読む

【ビルボード HOT BUZZ SONG】ヒゲダン「I LOVE…」がCD発売でダウンロード、動画が上昇 Uru「あなたがいることで」もダウンロード増

J-POP2020年2月22日

 Billboard JAPAN HOT 100を構成するデータのうちダウンロード、Twitter、週間動画再生数のみを集計し、話題の曲を読み解く【ホット・バズ・ソング】。今週は、Official髭男dism「I LOVE…」が初の首位を獲 … 続きを読む

LACCO TOWER、新曲「閃光」ザスパクサツ群馬公式応援ソング決定

J-POP2020年2月22日

 LACCO TOWERが、ザスパクサツ群馬の2020公式応援ソングとして新曲「閃光」を提供することが決定した。  2017年の「火花」、2018年の「雨後晴」、2019年の「夜明前」と、Jリーグ所属のザスパクサツ群馬の公式応援ソングを3年 … 続きを読む

VTuber・ときのそら、ワンマンライブBDダイジェスト映像公開

J-POP2020年2月22日

 VTuber・ときのそらが、3月4日にリリースするミニアルバム『My Loving』初回限定特典のダイジェスト映像を公開した。https://youtu.be/bfLhNzP6Ads  『My Loving』の初回限定盤は、特典映像として … 続きを読む

【ブリット・アワード2020】開催、Pop Smokeが20歳で死亡、ソング&アルバムで再び同時首位獲得:今週の洋楽まとめニュース

洋楽2020年2月22日

 今週の洋楽まとめニュースは、【ブリット・アワード2020】の話題から。第40回となる【ブリット・アワード】が、現地時間の2020年2月18日に開催され、二人の比較的新しいU.K.アーティストが躍進する結果となった。まずデイヴは、最優秀賞で … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top