映画『ジョーカー』でゲイリー・グリッターの楽曲使用が物議、児童ポルノなどで有罪の過去

2019年10月9日 / 14:30

 R指定の虚無的な物語が賛否両論を巻き起こしている映画『ジョーカー』が、有罪判決を受けた小児性愛者である英グラム・ロック歌手ゲイリー・グリッターの楽曲を使用していることで批判されている。

 【ベネチア国際映画祭】で金獅子賞を受賞するなど高く評価され、公開週末に2億3,400万ドル(約250億円)の世界興収を達成するなど絶好調な同作だが、主演のホアキン・フェニックスが長い階段をダンスしながら降りてジョーカーになる長尺の重要なシーンで、グリッターが1972年にリリースした「ロックン・ロール・パート2」が使われている。

 現在75歳のグリッター、本名ポール・ガッド(Paul Gadd)は、1970年代から80年代にかけて英国のグラム・シーンで絶大な人気を博していたが、1990年代後半に児童ポルノをダウンロードした罪で逮捕されたことで劇的に失脚した。その後2015年に強姦未遂、4件の強制わいせつ行為、13歳以下の少女と性行為をした罪で16年の懲役が言い渡された。

 『ジョーカー』で曲が使用されたことで、ワーナー・ブラザースからグリッターに多額の印税が支払われる可能性があることに対してネットで怒りの声が上がっている。映画評論家の一人は、「ゲイリー・グリッターには“ジョーカー”の印税が入る。児童虐待の結果を描いた映画で、小児性愛者の音楽を使うために文字どおり金を払ってるんだ。自分はもう中立なんかじゃない、この映画は道義に反するでたらめだ」とツイートし、別の評論家も、楽曲のチョイスについて、「最も道義的に疑わしい」と批判している。

 映画がヒットしたことで注目が集まっているグリッターだが、別のTwitterユーザーは、2004年の『ミート・ザ・ペアレンツ2』でも「ロックン・ロール・パート2」が使われていたと指摘している。


音楽ニュースMUSIC NEWS

生番組『ライヴエンターテインメントの現状と今後』、SUPER DOMMUNEで4/14に配信決定

J-POP2021年4月13日

 ライヴエンターテインメント業界や都市が文化存続・事業存続のために「現在」と「未来」に向けて、やるべき事、向き合う現実などについて実践的な議論を行う生番組『ライヴエンターテインメントの現状と今後』を4月14日にSUPER DOMMUNEにて … 続きを読む

『JOIN ALIVE』北海道岩見沢市にて11回目の開催が決定!

ジャパニーズロック2021年4月13日

『JOIN ALIVE 2021』が9月4日(土)・5日(日)に開催されることが決定した。 2020年は新型コロナウイルス感染拡大により開催が叶わなかったため、今回が北海道岩見沢市にて11回目の開催。今回は例年の7月開催ではなく、9月開催と … 続きを読む

MINMIが貧困に苦しむ子供達のためのチャリティーソングを配信、売り上げは全額寄付へ

J-POP2021年4月13日

 MINMIが貧困に苦しむ子供たちを救うためのチャリティーソング「Good Good」を、4月20日に配信リリースする。  新型コロナウイルスの影響により、特にひとり親世帯における子どもの貧困問題が深刻化している現在。そんな現状を変えていき … 続きを読む

Broken By The Scream、新メンバーを募集!

ジャパニーズロック2021年4月13日

雲林院カグラの卒業を発表したBroken By The Screamが、新メンバー募集を開始した。現体制で行なわれる5月14日(金)赤羽ReNY alphaでの単独公演以降の彼女たちの挑戦に新たな魅力で意欲的に活動出来る人材を募集する。 応 … 続きを読む

Tempalay×玉置 周啓(MONO NO AWARE)×Margt(PERIMETRON) 最新アルバムのSpotify Canvas動画が公開

J-POP2021年4月13日

 Tempalayの最新アルバム『ゴーストアルバム』のSpotify Canvas動画が、公開された。  Spotify Canvas動画とは、Spotifyで『ゴーストアルバム』収録曲の背景画面に再生される短いループ動画。今回公開されたア … 続きを読む

amazon

page top