コレサワ×ユレニワ、ジャンルを超えた『名前ややこしいねんツーマン』が大盛況!

2019年9月24日 / 16:00

9月20日@渋谷Star lounge (okmusic UP's)

シンガーソングライターのコレサワが、9月20日(金)に自身の企画としては実に2年10カ月振りとなるツーマンLIVEを開催。『コレサワ×ユレニワSpecial Live「名前ややこしいねんツーマン」』として東京渋谷Star loungeで大盛況の中、無事終了した。

開演定刻の19時ぴったりに、客席後方のDJ BOXからコレサワが挨拶。“名前ややこしいねんツーマンへようこそ! ユレニワがどんなに素敵なバンドかっていうのは見て貰ったほうが早いので、体を揺らしたり、手を上げたりして盛り上がってください!”と紹介。SEの中、ユレニワが登場した。

“集まってくれてありがとう。今日はよろしくお願いします”という一言から、「革命児」でライブはスタート。種谷佳輝の多彩なギターサウンド、宮下レジナルドとRENJUの、重厚且つグルーヴィーなベースとドラムのコンビネーションの中を突いて刺さるシロナカムラの歌声に、観客が早くも揺れ始める。「Hello Glow」「缶詰」と進むとオーディエンスも次第に熱を帯びていき、「チョコレート」では会場全体がユレニワの音に吸い込まれるように聴き入っていた。

“自己紹介をしたいです。ユレニワはラブソングがいいバンドです。海より深く沈んで、空より高く舞って。そういうライブがしたいんです。一緒にライブしましょう”と「バージン興論」を披露。へヴィ且つ変幻自在なサウンドが印象的な「PLAY」から、美しさと奥行きの深さを感じさせる「Bianca」でオーディエンスを魅了した。最後は、絶対肯定を謳う「重罪」。このバンドの魅力である強さと大きさに溢れる音を放ちきって、やまない拍手を受けながらステージを後にした。

続くコレサワは、「あたしを彼女にしたいなら」からスタート。「君のバンド」では“女子!”“男子!”と相手を指名しながらサビのコール&レスポンスを行なう。“最初、ユレニワとツーマンをやろうと思った理由は「ただ名前がややこしかった」というきっかけだけど、ユレニワの音楽を聴いて、かっこいいな、って。一緒にやれてよかった”と、今回のツーマンへの思いを吐露した。

「死ぬこと以外かすり傷」で観客とともにタオルを振り回し、会場を熱で満たす。最新曲「恋人失格」では、一転して静寂で満ちさせた。“ユレニワはラブソングがいいバンド。その通り! そして、コレサワは失恋ソングがいい。と世間は思ってる。けどそればっかりじゃない! 家族愛の歌をうたいます”と「お姉ちゃんにだけ部屋があったことまだ恨んでるのかな」を披露。自暴自棄の女の子が主人公のハードなサウンドの「いたいいたい」、そして「たばこ」を演奏した後、「SSW」で締めた。

鳴り止まないアンコールに応えてコレサワが登場、ユレニワを代表してシロナカムラを呼び込んだ。“ライブを観にいったときに、絶対ガラ悪いわ、って思ってた。けど、その「やさぐれてる感」から出てくるメロディがすごく綺麗で”とコレサワ。“楽しかった。ジャンルが違うからフェスとかだと一緒になるけど、こういうツーマンは貴重だし本当にありがたい”とシロナカムラ。一緒に話して決めたというコレサワの「笑えよ乙女」を2人で演奏し、コレサワとユレニワの『名前ややこしいねんツーマン』は幕を閉じた。

ジャンルで食わず嫌いになることもあるし、普段はジャンルが違うというだけで、なかなか交わるチャンスがない両組だが、会場を埋めた多くのお互いのファンが、ジャンルを超えて新しい発見と感動を見つけていただろう。歌声、音楽が持つ力はジャンルを超えて届くのだということを再認識した一夜となった。

【セットリスト】

■ユレニワ

1.革命児

2.Hello Glow

3.缶詰

4.チョコレート

5.バージン興論

6.PLAY

7.Bianca

8.重罪

■コレサワ

1.あたしを彼女にしたいなら

2.君のバンド

3.死ぬこと以外かすり傷

4.恋人失格

5.お姉ちゃんにだけ部屋があったことまだ恨んでるのかな

6.いたいいたい

7.たばこ

8.SSW

<ENCORE>

笑えよ乙女(コレサワとシロナカムラ)
【ライブ情報】
■コレサワ

・『コレサワ 2nd Anniversary 「君におんがえしツアー」』

※Thank You SOLDOUT !!

10月27日(日) 大阪・心斎橋BIGCAT

11月10日(日) 東京・恵比寿ザ・ガーデンホール

・『第52回稲峰祭 SPECIAL LIVE Supported by AIR-G’』

9月29日(日) 北海道科学大学 ※弾き語り

・『大阪成蹊短期大学 学園祭ライブ』

10月05日(土) 大阪成蹊大学 ※弾き語り

・『第44回工大祭「おかわり!」』

10月12日(土) 東北工業大学 ※バンド

・『第52回摩耶祭【MSWになったんだからな!】』

10月13日(日) 武蔵野大学武蔵野キャンパス ※バンド

・『FM802 30PARTY Eggs presents MINAMI WHEEL 2019』

10月14日(月・祝) 

※コレサワは15:30からBIGCATに出演します

・『世灯祭』

10月19日(土) 仁愛大学 ※弾き語り

・『広島FM“MEET the RADIO”「大窪シゲキの9ジラジ」公開録音』(ライブ&トーク)

10月20日(日) 山陽女子短期大学 陽月祭メインステージ ※弾き語り

・『龍谷大学第97回龍谷祭 RF Special Live 2019』

11月02日(土) 龍谷大学 ※弾き語り

・『学園祭「鷲風祭」』

11月03日(日) 岩手県立大学 ※バンド

・『第54回橘花祭』

11月04日(月・祝) 立正大学 品川キャンパス ※バンド

・『エアトリ presents 毎日がクリスマス 2019~チャラン・ポ・ランタン×コレサワ~』

12月22日(日) 横浜赤レンガ倉庫1号館 3Fホール ※バンド

出演:チャラン・ポ・ランタン、コレサワ(オープニングアクト有り)

チケット:全席指定 前売 4,800円 /当日 5,300円 (税込/1DRINK別)

※チケット販売:11月9日(土)10:00~

■ユレニワ 

・『ユレニワ pre.「Message to Bianca Tour 2019」』

12月22日(日) 愛知・栄 Party’z

12月23日(月) 大阪・アメリカ村 CLAPPER

12月26日(水) 千葉・千葉LOOK

・『KNOCKOUT FES 2019 autumn』

11月02日(土) 下北沢複数会場

・TAILWIND Pre.『風のリズム 2019』

11月03日(日) 新潟複数会場

・TAILWIND Pre.『Shinonome Circuit 2019』

11月09日(土) 名古屋新栄5会場

・『下北沢にて’19』

12月07日(日) / 12月08日(月・祝)

下北沢複数会場


音楽ニュースMUSIC NEWS

Dos Monos、移り変わる"四季"がコンセプトのアルバム『Dos Siki』トラックリスト公開

J-POP2020年7月14日

 Dos Monosが、2020年7月24日に配信リリースする2ndアルバム『Dos Siki』のトラックリストを公開した。  三人組ヒップホップトリオのDos Monosが、架空の都市Dos Cityの四季を各トラックが表現する本アルバム … 続きを読む

King & Prince、2ndアルバム『L&』を9/2にリリース決定

J-POP2020年7月14日

 King & Princeが、2ndアルバム『L&』(読み:ランド)を1stアルバムから約1年2か月ぶりの9月2日にリリースすることを決定した。  本作には、「koi-wazurai」や日本テレビ系土曜ドラマ『未満警察 ミ … 続きを読む

ナヤ・リヴェラが33歳で死去、『glee/グリー』出演者/ケラーニ/ビービー・レクサらが追悼

洋楽2020年7月14日

 現地時間2020年7月13日に米カリフォルニア州のピル湖で4歳の息子とボートに乗っていた最中に行方不明になっていた米TVドラマ『glee/グリー』で知られる女優ナヤ・リヴェラが死亡したと公表された。  保安局は早朝に遺体が発見されたとTw … 続きを読む

Hina(FAKY)、YouTubeチャンネル登録者数20万人突破を記念して生配信企画実施

J-POP2020年7月14日

 Hina(FAKY)が、7月13日にYouTubeチャンネルHinaTubeにて、生配信『20万人記念!ゆるくみんなで話しましょう!』を行なった。 https://youtu.be/O3Cp6BzOR1E  本配信は、6月にチャンネル登録 … 続きを読む

page top