清春、カバーアルバム『Covers』を引っ提げたメルパルクホール東京公演のライヴレポートが到着

2019年8月14日 / 19:00

8月13日@メルパルクホール東京 (okmusic UP's)

8月13日、メルパルクホール東京にて、清春が『東京・大阪ホール公演「Covers」』の最終夜を美しく締め括った。6月27日のヒューリックホール東京公演から始まった計4本というコンパクトなシリーズながらも、各公演で清春が紡いだ至福の物語にオーディエンスは強く共鳴。制作進行の遅延により発売延期となっていた清春初のカバーアルバム『Covers』のリリース日も決定し、今宵メルパルクホール東京に集まった観客は、清春の歌唱を全身で受け止めるように楽しんでいた。

午後7時を10分ほど過ぎた頃、開演を告げるSEが鳴り、清春がゆっくりとステージ中央に歩み出る。その眩いばかりのシルエットに早くも大きな歓声と拍手が注がれている。中村佳嗣(Gu)、大橋英之(Gu)、YUTARO(Ba)、FUYU(Dr)といった彼が信頼を寄せるミュージシャン達を従え、ショウの準備は万端だ。

時に狂おしく、時に包み込むような「UNDER THE SUN」で幕を開けると、清春の歌声がホールの隅々をも照らしていく。続くカバーアルバム『Covers』からの「悲しみジョニー」でみせた退廃美と情念にもたまらないものがあった。

清春のライヴは、毎回その場でしか味わえないようなスリルに満ちている。この日はたとえば、『Covers』からの甘く切ない「SAKURA」や浮遊感と包容力を宿した「シャレード」などが絶品で、客席のあちこちから、声にならないような感嘆の声が聞こえてくる。

本編中盤の「影絵」や「loved」などの感情の高まりも特筆に値する場面だろう。ライヴが進行するにつれて、ますます歌が強靭になっていくのが清春という稀有なシンガーなのだ。いずれの曲にも、25年の活動を経てきた彼の現在の境地が感じられ、まぎれもない美が宿っていた。特に、本編を締め括る「輪廻」と「MELODIES」は、清春がいついかなる時も詩情に富んだ歌を作り出してきたことを再認識するハイライトだった。

観客の温かい拍手に迎えられたアンコールでは、『Covers』より「傘がない」の詩の世界が清春の解釈を得て、ひと味違った情緒を生み出す。「MOMENT」「FAIDIA」「海岸線」と立て続けに披露したブロックも、ステージに思わず手を伸ばしたくなるような名場面だった。

まだまだ清春の歌声に浸っていたいオーディエンスの願いに応えて、ダブル・アンコールが放たれる。マイクが落下するというアクシデントにより、最初から歌い直すことになった「EMILY」は、清春ならではの鬼気迫る熱演。ラストは「heavenly」「ミザリー」で畳みかけ、輝かしい一体感を場内に生み出した。客席に幸せな笑顔が広がる頃、時計の針は午後10時近くを示していた。

結果的に、<Covers>を掲げながらも、カバー曲の演奏はわずか数曲に留まった本公演だが、この自由さこそが清春の魅力と言えるだろう。既報の通り、清春初のカバーアルバム『Covers』は9月4日のリリースが決定している。併せて、『Covers』より収録曲8曲分のMVを収録したDVD『Covers Music Clips』が9月18日にリリースされる。今回の一連のホール公演で証明されたように、ここに収録される楽曲は、清春が丹念に作り上げた芸術。その圧倒的なセンスを是非とも体感してほしい。

また、清春の誕生日の10月30日には、マイナビBLITZ赤坂にて『The Birthday』を開催。年末には、渋谷ストリームホールでのカウントダウン公演を含む『’19 FINAL』と題された5公演が行なわれる。25周年イヤーの後半も、我々の期待を軽々と超えてゆく麗しき日々が待っていることだろう。ロックの甘美で危険な香りを知り尽くしたカリスマから、ますます目が離せない。

photo by 柏田芳敬

text by 志村つくね

【セットリスト】

M-1. UNDER THE SUN

M-2. 悲しみジョニー

M-3. アモーレ

M-4. 罪滅ぼし野ばら

M-5. SAKURA

M-6. シャレード

M-7. 夢心地メロディー

M-8. 影絵

M-9. loved

M-10. I know

M-11. 輪廻

M-12. MELODIES

<ENCORE-1>

M-13. 傘がない

M-14. MOMENT

M-15. FAIDIA

M-16. 海岸線

<ENCORE-2>

M-17. EMILY

M-18. heavenly

M-19. ミザリー
アルバム『Covers』
2019年9月4日発売

【初回限定盤】

PCCA-04818/¥4,630+税

【通常盤】

PCCA-04819/¥2,778+税

<収録曲>

■CD

M-1:傘がない (作詞・作曲:井上陽水) 1972年

M-2:悲しみジョニー (作詞:UA/作曲:朝本浩文) 1997年

M-3:SAKURA (作詞・作曲:水野良樹) 2006年

M-4:想い出まくら (作詞・作曲:小坂恭子) 1975年

M-5:アザミ嬢のララバイ (作詞・作曲:中島みゆき) 1975年

M-6:月 (作詞・作曲:桑田佳祐) 1991年

M-7:MOON (作詞:NOKKO/作曲:土橋安騎夫) 1988年

M-8:やさしいキスをして (作詩:吉田美和/作曲:中村正人) 2001年

M-9:接吻 (作詞・作曲:田島貴男) 1993年

M-10:恋 (作詞・作曲:松山千春) 1980年

M-11:木蘭の涙 (作詞:山田ひろし/作曲:柿沼清史) 1993年

■初回限定盤DVD

V-1:傘がない (Short Ver.)

V-2:悲しみジョニー (Short Ver.)

V-3:SAKURA (Short Ver.)

V-4:MOON (Short Ver.)

V-5:やさしいキスをして (Short Ver.)

V-6:接吻 (Short Ver.)

V-7:木蘭の涙 (Short Ver.)

V-8:忘却の空(Full Ver.)
【ライヴ情報】
■『The Birthday』

10月30日(水) 東京・マイナビBLITZ赤坂

■『’19 FINAL』

12月24日(火) 神奈川・横浜Bayhall

12月25日(水) 愛知・名古屋BOTTOMLINE

12月27日(金) 大阪・梅田CLUB QUATTRO

12月28日(土) 大阪・梅田CLUB QUATTRO

12月31日(火) 東京・渋谷ストリームホール *カウントダウン公演


音楽ニュースMUSIC NEWS

高橋ユキヒロ、アルバム『Saravah Saravah!』の再現ライブを振り返るトークイベントを開催

ニュース2019年8月19日

高橋ユキヒロが8月21日(水)にリリースするアルバム『YUKIHIRO TAKAHASHI LIVE2018 SARAVAH SARAVAH!』の発売記念として、同作の購入者の中から抽選で100名を招待するトークイベントを開催することが発表 … 続きを読む

amazarashi、上海と台北でのワンマンライブが決定

J-POP2019年8月19日

 amazarashiが上海と台北でワンマンライブを開催する事を発表した。  2018年春に行った【amazarashi × Aimer Asia Tour 2018】は、上海、台北公演共に即日ソールドアウトし大盛況のもと終了。amzara … 続きを読む

『forevher』Shura(Abum Review)

洋楽2019年8月19日

 1991年生まれ、英ロンドン・ハマースミス出身のShura(シューラ)。 本名はアレクサンドラ・リラ・デントンといい、イギリス人ドキュメンタリー監督の父と、ロシア人女優の母、 そして双子の兄というある種異色だが、感性を磨くには適した家庭の … 続きを読む

清塚信也、日本武道館での単独公演が大盛況。バイオリニスト・NAOTOとのコラボも

ニュース2019年8月19日

クラシックピアノ界の貴公子、清塚信也のライブ『清塚信也KENBANまつり』が、8月16日(金)に東京・日本武道館で開催された。 本公演は日本人男性クラシックピアニストとしては史上初の武道館公演で、開催前から大きな話題となっていた。当日は熱狂 … 続きを読む

灼熱の夏をさらにエンジョイできる5曲

ジャパニーズロック2019年8月19日

8月は夏フェスシーズン真っただ中で、各地で大盛り上がりを記録し、「今年、夏フェスを初体験した!」という10代の若者も多いようだ。実際のライヴパフォーマンスを観て、そのアーティストを好きになり、音楽にのめり込むきっかけになったという人も多いの … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top