vistlip、ニューシングル発売&ツアー振替公演開催決定

2019年7月8日 / 15:15

vistlip (okmusic UP's)

智(Vo)の病気療養のため半年以上に渡り沈黙を続けて来たvistlipが7月7日、Zepp Tokyoにて結成12周年記念ワンマン・ライヴ『vistlip 12th Anniversary【My Zodiac Sign.】』を開催! その復活ライブで延期となっていた『vistlip oneman tour【New ERA STYLE】』の振替公演、さらに9月18日に待望のニューシングル「CRACK&MARBLE CITY」を3 形態でリリースすることを発表した。
『vistlip oneman tour 【New ERA STYLE】』振替公演

10月02日(水) 名古屋DIAMOND HALL

10月04日(金) 大阪BIGCAT

10月06日(日) 金沢EIGHT HALL

10月18日(金) 福岡BEAT STATION

10月21日(月) 仙台RENSA

10月23日(水) 札幌ペニーレーン24

11月01日(金) マイナビBLITZ赤坂

<チケット>

前売り ¥5,000(※ドリンクが代別途必要となります)

注:6歳以上有料 ※6歳未満保護者一名につき一名まで同伴可

(会場によっては安全確保の為、お子さま連れのお客様の入場エリアを制限させて頂く場合があります。予めご了承下さい)
シングル「CRACK&MARBLE CITY」
2019年9月18日発売

【Limited Edition】(CD+DVD)

MJSS-09244~5/¥1,800+税

<収録曲>

■CD

CRACK&MARBLE CITY

作詞:智 作曲:Tohya

■DVD

メンバーの素顔が垣間見えるバラエティ映像「Rough the vistlip」を収録。

【vister】(CD+DVD)

MJSS-09246~7/¥1,800+税

<収録曲>

■CD

CRACK&MARBLE CITY

作詞:智 作曲:Tohya

■DVD

本楽曲のミュージックビデオをフルサイズ収録。さらにメイキング映像も。

【lipper】(CD)

MJSS-09248/¥1,200+税

<収録曲>

CRACK&MARBLE CITY

作詞:智 作曲:Tohya

AFTER THE DIVE

作詞:智 作曲:Yuh

DIRECTOR’S CUT

作詞:智 作曲:瑠伊


音楽ニュースMUSIC NEWS

城 南海、「産声」MV公開&初のYouTube生配信を実施

ニュース2021年1月27日

城 南海が1月27日(水)にリリースした10thアルバム『Reflections』より、森山直太朗作詞作曲の「産声」のミュージックビデオが解禁された。 ディズニー実写映画『ムーラン』の日本版主題歌に抜擢され、注目を集める奄美大島出身の歌姫・ … 続きを読む

AK-69、『LIVE : live from NAGOYA』のライブDVDをリリース! ¥ellow Bucks、R-指定、SWAYらのコメントが到着

ニュース2021年1月27日

AK-69が地元愛知のシンボルかつ国の重要文化財でもある“名古屋城”を背負って開催した配信ライブ『AK-69 LIVE:live from NAGOYA』のライブDVDと配信限定でライブ音源をリリースした。 エンターテイメント業界全体がコロ … 続きを読む

PLASTICZOOMS、アルバム『Wave Elevation』から「The Letter」のMV公開

ジャパニーズロック2021年1月27日

PLASTICZOOMSが1月27日(水)にアルバム『Wave Elevation』を配信リリースした。 今作は”気の上昇”をテーマにグラデーションを魅せる全12曲を収録。80’s~現在のアンダーグラウン … 続きを読む

『SUCCESS STORY』から振り返る広瀬香美が“冬の女王”と成った必然

ジャパニーズロック2021年1月27日

広瀬香美の新作『歌ってみた 歌われてみた』が1月27日に発売となった。カバー(=歌ってみた)を5曲、他アーティストとのコラボによる自身のセルフカバー(=歌われてみた)を5曲、さらには過去YouTubeやTV番組で披露された即興曲、通称“作っ … 続きを読む

ビッケブランカ、5thシングル「ポニーテイル」の新ビジュアル&アートワークを公開

ジャパニーズロック2021年1月27日

ビッケブランカが、3月17日(水)にリリースするシングル「ポニーテイル」のジャケット写真とアーティスト写真を公開した。 今作のアートワークも、ファッションや広告などあらゆるシーンで幅広く活躍するアートディレクターのとんだ林蘭が担当。表題曲の … 続きを読む

page top