ストリーミング解禁の必要性は?! 米津玄師と菅田将暉【Chart insight of insight】

2019年6月16日 / 20:00

 あいみょんを筆頭に、サブスクリプション型の音楽ストリーミングサービスが広まったことで、新しいタイプのアーティストや楽曲が続々と登場している。もはや、ストリーミングによる音楽配信はアーティストにとっても避けられない現状となりつつある。

 そんな中で、ストリーミングに解禁していないアーティストも多数いることは事実だ。サザンオールスターズや山下達郎などのベテラン系はまだまだストリーミングでは聴けないし、ジャニーズ系などは配信がないことでフィジカルのCDのポテンシャルがあるわけだが、どれが正解かはその特性によって違うだろう。こういった状況で最もその動向に注目されているのが、米津玄師だ。彼は配信世代に登場したスターではあるが、ダウンロード販売は行うものの、ストリーミングには未だ解禁していない。先日リリースされた新曲「海の幽霊」は、フィジカルもストリーミングもなく、ダウンロードのポイントによって今週1位を獲得した(【表1】)。

 これほどの人気であれば、ストリーミングに解禁されたら、大きな衝撃となることが予想される。その理由は、YouTubeの再生回数のすごさだ。「海の幽霊」もリリースより一足先の5月27日にミュージックビデオが公開されたが、すでに2千万回以上もの再生数となっている。彼のこれまでの楽曲は、すでに1億回超えが7曲もあり、その仲間入りをするのもそれほど遠くはないだろう。いずれも映像の力によるところは大きいが、そこにはやはり楽曲そのものの力あってこそ。よって、ストリーミングでも音源が聴けるようになったなら、同じような状況となることだろう。

 こういった予想を少し垣間見れるのが、今週2位となった菅田将暉の「まちがいさがし」かもしれない(【表2】)。ご存じの通りこの曲も米津玄師がプロデュースをしているが、こちらは各種音楽ストリーミングサービスで聴くことができる。ダウンロー
ドやYouTu
beの再生数に加え、ストリーミング回数のポイントも大きい。このように複合的に聴かれることは、彼に限らず重要だ。米津玄師がそのあたりをメリット感じるのか、それともこのままストリーミングとは距離を置くのか。今後もその動向に注目しておきたい。text:栗本斉


音楽ニュースMUSIC NEWS

Cö shu Nie、新曲「bullet」のSlushiiによるRemixが配信スタート

ジャパニーズロック2019年11月15日

現在放送中のTVアニメ『PSYCHO-PASS サイコパス 3』のEDテーマとして話題のCö shu Nieの新曲「bullet」を、アメリカ出身のDJ / プロデューサーで、マシュメロやスクリレックスから絶大なサポートを受け、世界で人気沸 … 続きを読む

あっとくん、クリスマスに2ndシングルのリリースが決定

ニュース2019年11月15日

ツイキャスでASMR配信を中心とした活動を続け、Twitterフォロワー数、YouTube登録者数、ツイキャスの同時接続者数など爆発的に増やしている、今最も期待されるライバーの一人、あっとくんの第2弾シングル「マッドディペンデンス」が12月 … 続きを読む

あっこゴリラ、教育番組のおねえさん風に「超普通」を表現

J-POP2019年11月15日

 あっこゴリラが、2019年10月にリリースされた新曲「超普通」のMVを公開した。  MVには、某放送局の教育番組のおねえさん風のいでたちのあっこゴリラが、様々な変わったシチュエーションで「普通なのかな?」と思うような映像が収められている。 … 続きを読む

【SUBCULTURELIVE】にKan Sano/長谷川白紙が出演

J-POP2019年11月14日

 11月29日に、フレッドペリーのアジア最大の旗艦店である表参道・フレッドペリーショップ東京にて、ブランドのカルチャーをバックグラウンドにしたライブシリーズ【SUBCULTURELIVE(サブカルチャーライブ)】が開催される。  今回の出演 … 続きを読む

秦 基博、KEYTALK、吉田山田など11月リリースの5作品を紹介

ジャパニーズロック2019年11月14日

フリーマガジン『music UP’s』vol.180(10/20発行)にも掲載中の『DISC GUIDE』から、11月リリースの5作品を紹介! 1.「Raspberry Lover」/秦 基博 2.『DON’T ST … 続きを読む

page top