【深ヨミ】aiko/B'z/椎名林檎ら平成に活躍したアーティストの令和初アルバムの販売動向を探る

2019年6月16日 / 14:00

 6月10日付のBillboard JAPAN “Top Albums Sales”で、aikoの『aikoの詩。』が90,673枚を売り上げ首位を獲得した(集計期間2019年6月3日~2019年6月9日)。

 『aikoの詩。』はaikoの3枚目となるベスト・アルバムで、アルバムとしては前作、『湿った夏の始まり』より丁度1年ぶりのリリースとであり、1stシングル「あした」から、最新シングルである38thシングル「ストロー」までのシングル曲を全て収録するシングル・コレクションとなっている。

 また、同一集計期間において氷川きよし『新・演歌名曲コレクション9 -大丈夫/最上の船頭-』が14,923枚を販売し7位を獲得し、前週(集計期間2019年5月27日~2019年6月2日)ではB’z『NEW LOVE』が213,805枚を販売し1位を、椎名林檎『三毒史』が57,202枚を販売し2位を、布袋寅泰『GUITARHYTHM Ⅵ』が21,802枚を販売し3位をそれぞれ獲得している。

 これらのアルバムは、平成の時代から長く聞かれてきたアーティスト達の、令和になってから初めてリリースしたタイトルであるが、それぞれのアルバムの初週の地域別販売比率をSoundScanJapanの販売データを使用し調査したグラフが図1(http://www.billboard-japan.com/d_news/image/76566/2)である。また比較対象として、2019年に入ってからの全アルバムの地域別の販売比率を使用した。

 アーティスト別にみていくと、aikoは関東で若干低く、地元である近畿と、九州で若干高いがほぼ全アルバムと同様の比率となっている。B’zは関東が低く中部・九州と、稲葉浩志の出身地である中国が高い。椎名林檎は近畿が若干低いが、ほぼ全アルバム平均と同様の比率となっており、理想的な人気の分布となっていると言えるだろう。布袋寅泰は関東と近畿が低く、九州・東北・甲信越が高い。氷川きよしは東日本が全般的に低く、近畿・中部・中国が高い。

 全体的には、これらのアーティストの出身地は布袋寅泰以外は西日本であり、全アルバムと比較すると椎名林檎と布袋寅泰以外は若干西寄りの傾向が見られる。ただし、aiko(近畿)、B’z(近畿・中国)、椎名林檎(中部→九州)・布袋寅泰(関東)・氷川きよし(九州)と、どのアーティストも出身地が大きく伸びているというわけではないようだが、aikoやB’zはそんな中でも地元での支持を着実に得ていると言えるだろう。近年のアルバムセールスにおいては特定の地方で重点的に販促活動を行い都市圏のみ比率を伸ばすアーティストや、出身地・TV番組出演等の関連地域以外の地域では今一つ販売比率を伸ばせないアーティストが多い中、これらのアーティストは国内において十分な知名度を持っており、全ての地方にファンがいて、令和の時代になっても変わらず愛され続けているようだ。

 令和の時代になり、平成時代に大人気だったこれらのアーティスト達の新しい時代での更なる活躍に、今後も注目したい。


音楽ニュースMUSIC NEWS

PIZZICATO ONE、東阪ビルボードライブツアーを開催

J-POP2019年7月19日

 小西康陽のソロ・プロジェクトが、東阪ビルボードライブにてツアーを開催することが発表された。  90年代に一斉を風靡した“渋谷系”の先駆者的存在、ピチカート・ファイヴ。そのバンドリーダーであり、現在は音楽プロデューサー/DJとして活躍する小 … 続きを読む

ジョナス・ブルー、めざましサマーライブに出演決定

洋楽2019年7月19日

 【FUJI ROCK FESTIVAL ’19】に出演するジョナス・ブルーが、2019年7月30日にフジテレビ【ようこそ!! ワンガン夏祭りTHE ODAIBA 2019】内にて行われるめざましサマーライブに出演することが決定 … 続きを読む

木村カエラ、5分を超えるライブダイジェスト映像が公開

J-POP2019年7月19日

 2019年7月21日にWOWOWで放送される木村カエラの特集番組の放送に先駆けて、【KAELA presents GO!GO! KAELAND 2019 -15years anniversary-】のライブダイジェスト映像が番組公式サイト … 続きを読む

『ライオン・キング』オリジナル・サウンドトラック(Album Review)

洋楽2019年7月19日

 全米では2019年7月19日、日本では8月9日に全国公開されるディズニー映画『ライオン・キング』が、公開1か月前から話題を呼んでいる。ストーリーのすばらしさは勿論のこと、“超実写版”として蘇るCGIアニメーションを融合した映像の美しさ、そ … 続きを読む

川本真琴×峯田和伸「新しい友達II」、MVで曽我部恵一の純粋な姿に迫る

J-POP2019年7月19日

 川本真琴が、2019年8月7日にリリースとなるニュー・アルバム『新しい友達』より、峯田和伸がヴォーカル参加したリード曲「新しい友達II」のミュージックビデオを公開した。  楽曲「新しい友達I」は、2018年より川本がライブにて演奏してきた … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top