M!LKが写真集発売記念イベントを開催

2019年6月15日 / 10:00

6月14日(金)@HMV&BOOKS SHIBUYA (okmusic UP's)

M!LK(ミルク)の初オール海外ロケの写真集『M!LKサード写真集 香港みるくチャッ』が6月14日(金)発売をむかえ、同日HMV&BOOKS SHIBUYAにて発売記念イベントを開催した。同イベントは日15日(土)に同会場、16日(日)は大阪、名古屋へと場所を移して、3日間連続で行われる。

M!LKは、板垣瑞生、佐野勇斗、塩﨑太智、曽野舜太、宮世琉弥、山中柔太朗、吉田仁人からなる7人組ボーカルダンスユニット。メンバーそれぞれが俳優としても精力的に活動しており、佐野勇斗は先月公開された主演映画『小さな恋のうた』が大ヒット公開中、板垣瑞生は映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』が6月28日(金)公開とその他にも待機作が控えている。

そんなM!LKの7人体制では初となる1年半ぶりの写真集『M!LKサード写真 香港みるくチャッ』が満を持して発売となった。タイトルの“チャッ”は広東語で“7″の意味。その名のとおり本書は、香港にて全ページ撮り下ろし! 観光したり、点心を食べたり、オープントップバスに乗ったり、香港を満喫する彼らと一緒に旅しているような気分になれる写真集となっており、さらには、ドキッとするようなスーツ姿の彼らも収められており、永久保存版な一冊となっている。

■M!LK「かすかに、君だった。」特設サイト

http://milk-sp.com/
【M!LK Q&A】

Q.同写真集の見どころについて

■板垣瑞生

「ファッション性が寄り強くなっていて、成長なども感じられると思いますし、新メンバーが入っての初の写真集ということで素敵なことだなと思います。」

■吉田仁人

「どの写真も(写っている自分達が)すごくにこやかで楽しい写真集になっているので、その楽しさが見てくれる皆さんに伝わるんじゃないかなと思います。」

■曽野舜太

「家族写真ではないですが、“仲間で行った思い出の写真集!”みたいで、ページを開いたらもう(撮影時の)映像が浮かび上がるぐらい、その時の瞬間をとらえていて、本当に素敵な写真集になっていると思います。」、

■山中柔太朗

「“撮ります”って言われて決め顔を撮られているというよりも、ふいに撮られている写真が多くて、すごく自然な僕らが楽しめる作品になっていると思います。」

■佐野勇斗

「7人としての写真集はファースト写真集になるので、7人で遠くに行ったのも海外での撮影も初めてだったので、すごく純粋に楽しかったですし、お仕事というよりは海外旅行に来ているような姿を撮っていただけたので、そういう雰囲気を作っていただけたことにもすごく感謝をしていますし、また行きたい!って思います。」

■宮世琉弥

「写真集を出せたことが初めてだったので、しかも最初の写真集で海外に行かせていただいたので、最初はわからないことだらけだったんですけど、いざ始まるとラフに香港で遊んでいるような感じを撮っていただいていて、すごくM!LKらしさも出ていると思うし、それに香港の良さも加わるので、すごく良い写真集になっているんじゃないかなと思います。」

■塩﨑太智

「(新メンバー3人以外の)4人では今までも写真集を出させていただいていましたが、海外での撮影はM!LKみんなでは初めてだったので、夜にはメンバーみんなで部屋で集まって過ごしたりして、この写真集のおかげでまた団結が強まったと思いますし、すごく素敵な作品になったと思います。」

Q.香港での思い出について

■山中柔太朗

「表紙の撮影時なんですけど、カメラマンさんの周りにすごくギャラリーの方々が集まってきて、日本だと無いようなノリだったので嬉しかったです。」

■曽野舜太

「バスケットコートでの撮影があったんですけど、そこがすごく思い出に残っています。M!LK 7人でスポーツをするのも初めてだったし、撮影の終わりに横でずっと見ていた女の子にそのバスケットボールをプレゼントしたらめちゃくちゃ喜んでくれて嬉しかったです!甘酸っぱい思い出ですね(笑)」

Q.7月17日(水)リリースを控えているニューシングル「かすかに、君だった。」について

■吉田仁人

「今回の曲はM!LKらしくない曲だなぁというのが僕達の第一印象でもありまして、夏だから騒ぐじゃなくて、夏の涼しい感じだったり、水だったりを切り取ったもので、愛情だったり友情だったりいろんなところを感じとってもらえるような作品になっています。」

■曽野舜太

「聴いてくださる方によって本当にいろいろなとらえ方が出来るような曲になっているので、たくさんの方々に聴いていただいて、M!LKってこういう曲も歌うのかって、新しい方々にも聴いていただきたいです。」

Q.今後のM!LKの意気込みについて

■吉田仁人

「この写真集の撮影も今年1月まだ7人体制になってから半年も経っていなかったので、この写真集がすごく良いキッカケになったというか、みんなの人となりが知れるキッカケになったので、共同生活をしてすごくM!LKが固まったというか、メンバー同士も話せたので、すごく今に活きてるなと思います。次のニューシングル『かすかに、君だった。』でも個性が際立つんですけど、1つの目標が見えてきたので、夏のZeppツアーに向けて挑んでいきたいと思います。今後はバラエティー番組にも挑戦していきたいです!!」
『M!LKサード写真集 香港みるくチャッ』
2019年6月14日(金)発売

¥2,500+税

撮影:アライテツヤ

シングル「かすかに、君だった。」
2019年7月17日(水)発売

【TYPE-A】

ZXRC-1204/¥1000(税込)

<収録曲>

1.かすかに、君だった。

2.TOUCH THE SUN

【TYPE-B】

ZXRC-1205/¥1000(税込)

<収録曲>

1.かすかに、君だった。

2.Gotta Get Up

【TYPE-C】

ZXRC-1206/¥1000(税込)

<収録曲>

1.かすかに、君だった。

2.MAGIC CARPET

◎ 各TYPEトレカ8種類ランダム封入全24種
【ライブ情報】
『M!LK LIVE TOUR 2019 “Summer Re:fresh”〜かすかに、君だった。〜』

9月07日(土) 大阪・Zepp Osaka Bayside

開場16:30 / 開演17:30

9月16日(月・祝) 福岡・Zepp Fukuoka

開場16:00 / 開演17:00

9月21日(土) 東京・Zepp Tokyo

1部:開場13:00 / 開演14:00

2部:開場17:30 / 開演18:30

9月28日(土) 愛知・Zepp Nagoya

開場17:00 / 開演18:00

<チケット>

1F全自由 ¥6,500(税込)

2Fファミリー席 ¥6,500(税込)

2F指定席 ¥6,500(税込)

※各公演入場時別途ドリンク代¥500必要

※チケットの譲渡、および転売は禁止とさせていただきます。

※1F全自由の場合、未就学児のご入場はお断りをさせて頂きます。

未就学児の方と一緒にご入場希望の方は2F指定席、もしくはファミリー席をご購入ください。

※1F全自由の方は整理番号順でのご入場となります。


音楽ニュースMUSIC NEWS

イディナ・メンゼル、アリアナ/ジョシュ・ギャッドら参加のクリスマスALをリリース

洋楽2019年10月18日

 映画『アナと雪の女王』のエルサ役で知られるイディナ・メンゼルが、クリスマス・アルバム『Christmas: A Season of Love』を2019年10月18日にリリースした。  舞台、映画、テレビ、音楽を横断する活躍を見せるイディ … 続きを読む

UVERworld、ニューシングル「ROB THE FRONTIER」ギミック満載のMV公開

J-POP2019年10月18日

 UVERworldが、10月16日に発売したニューシングル『ROB THE FRONTIER』のミュージックビデオをYouTubeにて公開した(https://youtu.be/4ig8G97jXDU)。  某スタジオで行われたという今回 … 続きを読む

Noah、4年ぶりのニュー・アルバム『Thirty』をリリース

J-POP2019年10月18日

 北海道出身のアーティストNoahが、4年ぶりとなる新作ミニ・アルバム 『Thirty』を2019年10月18日にリリースした。  都市世界への入り口のように神秘的に広がる1曲目から、80年代の香港ポップスのミニマリズムが心地よく鳴り響く先 … 続きを読む

【先ヨミ・デジタル】Official髭男dism「Pretender」がストリーミング首位キープ King Gnu「傘」が4位に浮上

J-POP2019年10月18日

 GfK Japanによるストリーミング再生回数レポートから、2019年10月14日~10月16日の集計が明らかとなり、Official髭男dism「Pretender」が1,835,207回再生で首位をキープしている。  Official … 続きを読む

【先ヨミ・デジタル】星野源の新EP『Same Thing』が27,168DLでアルバム首位独走中 関ジャム効果でスピッツベストがトップ10浮上

J-POP2019年10月18日

 GfK Japanによるダウンロード売上レポートから、2019年10月14日~10月16日の集計が明らかとなり、星野源の新EP『Same Thing』が27,168DLで首位を走っている。  『Same Thing』は、星野源にとって初と … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top