Angelo、全国ツアー最終公演のメニューは極上フルコース!

2019年6月15日 / 14:00

6月14日(金)@EX THEATER ROPPONG (okmusic UP's)

平成から令和へと元号をまたいで行われた『Angelo Tour 2019 「THE REACTED WORLD」』。平成最後の日であった初日のTSUTAYA O-EAST公演で「時代が変わろうと、俺たちは変わらない」という強い意思を示し、その後各地で熱いパフォーマンスを繰り広げてきたAngeloが6月14日、EX THEATER ROPPONGIにて今ツアーのファイナルを迎えた。

軍帽姿のキリト(Vo)の登場に場内が騒めき立ったオープニングを経て、「Prelude」すなわち“前奏曲”で幕を開けたこの日。強靭なバンドサウンドと、それに呼応するオーディエンスによって序盤から凄まじい一体感を見せれば、中盤ではバラード曲でまっすぐに思いを届ける。さらに様々な場面を経ながら、この日一番の熱狂を描いたラストナンバー「Script error」に至るまで、アンコールを含め全24曲が披露された。

今ツアーはアルバムのリリースに伴うものではない=新旧様々な楽曲がメニューに組み込まれたわけだが、そんな中でも、最新作『RESONANCE』の楽曲たちは極めて重要なポジションに位置し、一際光を放っていたのが、常に“最新が最高”のAngeloだからこそ。また、アンコールで続けて披露された3曲「A new story」「Crave to you」「報いの虹」において、目の前にある大切な現在(いま)を抱きしめ、振り返らずに新しい物語を描いていくのだという彼らの揺るぎないメッセージが届けられた場面は印象深いものだった。

この日、キリトはこんな言葉を残した。

「今ツアーは個人的には波乱万丈で。実はぶっ倒れた日もありました。この歳になっても、僕は命スレスレのところでやっていくことを望んでいる人ですから、この先もきっとそうだと思います。僕は大切な人たちに対して、自分の本当の気持ちを言葉で伝えるのが苦手で。不完全で未熟な人間だなと思います。だからこそ、先頭を切って突き進んでいくことくらいしか、恩返しする術がありません。生き様で見せていきますから…背中を見て感じ取ってください(笑)。一番認めているのはAngeloで、大切なのはAngelo。そこだけは変わりません」

まさにベストオブベスト、極上のフルコースと言える一夜を終え、今ツアーは幕となったが、7月26、27日にはZepp DiverCity TokyoでのINTER PLAY MEMBERS PRESENTS ’19 「DOGMATIC PARTY -Metastasis-」が、さらに今夏は全5公演に渡るキリトのソロ公演KIRITO Club circuit 19’「DERIVED」の開催も決定している。「たくさんもらった気持ちを、新しい何かで返すので、2019年もよろしく!」(キリト)とあった通り、これから先Angeloが創り出す“何か”に大きな期待を寄せ、彼らの動向から目を離さないでいたい。

text by 金多賀歩美

【セットリスト】

01.Prelude

02.My Strife

03.CREVASSE

04.BLACK FLAG

05.FAITH

06.Experiment

07.RETINA

08.ホログラム

09.光の記憶

10.CRUELWORLD

11.ACTIVATE RESONATE

12.NEW CENTURY BIRTH VOICE

13.The Crime to Cradle

14.ORIGIN OF SPECIES 「ALPHA」

15.FIELD OF GOD

16.THE CROCK OF ULTIMATE

17.RIP

18.シナプス

<ENCORE>

01.A new story

02.Crave to you

03.報いの虹

04.Daybreakers

05.PROGRAM

06.Script error
【ライブ情報】
■Angelo

『INTER PLAY MEMBERS PRESENTS ’19 「DOGMATIC PARTY -Metastasis-」』

7月26日(金) Zepp DiverCity Tokyo

7月27日(土) Zepp DiverCity Tokyo 

<チケット>

スタンディング ¥6,000(税込) ※ドリンク代別

■キリト

『KIRITO Club circuit 19’「DERIVED」』

8月24日(土) 名古屋 Electric Lady Land

8月25日(日) UMEDA CLUB QUATTRO

8月27日(火) 福岡Drum Be-1

8月30日(金) 仙台darwin

9月01日(日) TSUTAYA O-EAST 

<チケット>

スタンディング ¥8,100(税込) ※ドリンク代別


音楽ニュースMUSIC NEWS

GReeeeN、新アルバムの追加収録曲決定 MISIA「アイノカタチ」のセルフカバーも

J-POP2019年7月18日

 GReeeeNが楽曲提供を行った、MISIA「アイノカタチ (feat.HIDE GReeeeN)」をセルフカバーすることが決定した。  本楽曲は、9月25日発売の新アルバム『第九』に収録。他にも、アルバムには損保ジャパン日本興亜 ホッケ … 続きを読む

“プリキュアシンガー”の池田彩、新プロジェクト“池田○○”始動 第1弾楽曲ゲストはエルレ高田雄一

J-POP2019年7月18日

 TVアニメ『プリキュア』シリーズにおいて数々の主題歌を歌ってきた池田彩が、新プロジェクト“池田○○”を始動させた。  同プロジェクトでは、アニソン・シンガーとして10年以上活動してきた池田が、様々なアーティストやミュージシャンとコラボして … 続きを読む

ポール・マッカートニー、映画『素晴らしき哉、人生!』の舞台ミュージカルを手掛けることが発表

洋楽2019年7月18日

 ポール・マッカートニーが、映画『素晴らしき哉、人生!』をもとにした舞台ミュージカルの音楽と歌詞を担当することが発表された。  今回初めてミュージカルを手掛けることとなったポールは、『ビリー・エリオット』の脚本や最近ではエルトン・ジョンの自 … 続きを読む

相羽あいな、0thシングル『Lead the way』10/16リリース決定

J-POP2019年7月18日

 相羽あいなが、本日行われた【ブシロードTCG戦略発表会2019夏】にて、0thシングル『Lead the way』を10月16日にリリースすることを発表した。  同時に、表題曲のプロデュースを上松範康(Elements Garden)が手 … 続きを読む

チャーリーXCX、クリスティーヌ・アンド・ザ・クイーンズと歌い踊る濃密な「ゴーン」MVを公開

洋楽2019年7月18日

 チャーリーXCXが、クリスティーヌ・アンド・ザ・クイーンズをフィーチャーした「ゴーン」(Gone)のミュージック・ビデオを公開した。  Colin Solal Cardoが監督した約4分の映像は、限られた空間で黒い衣装を着た二人が歌い踊る … 続きを読む

page top