Rayflower、全曲披露を掲げポテンシャルの高さを見せつけたショートツアーを完走

2019年6月6日 / 20:00

5月29日@東京キネマ倶楽部 (okmusic UP's)

5月21日から5月29日にかけて、『Re:~Endless Journey~』と銘打ったツアーを行なったRayflower。タイトルを見て、彼らが2018年10月から2019年1月にかけて遂行したロングツアー『~Endless Journey~』の追加公演と捉えた人が多かったと思うが、メンバー達は“そのまんま”ということに面白さを感じなかったらしい。周囲の予想とは異なり、今回のツアーはRayflowerがこれまでにリリースしてきた全曲を披露する場となった。柔軟なスタンスでツアーをよりスペシャルなものにする辺りは、良い意味で、一筋縄ではいかないRayflowerらしいといえる。

とはいえ、今回の『Re:~Endless Journey~』は全5公演というスケジュールだったため、そこで全曲を披露するのは容易なことではなかったに違いない。ロングツアーの場合は基本になるセットリストを組んで、ライブごとに数曲を入れ替えていけば全曲を網羅できるが、ショートサーキットではそうはいかない。全5本ということは毎回セットリストが大きく変わることになるし、さらにライブでほとんど演奏していない曲を一発勝負で聴かせないといけないというプレッシャーものしかかってくる。そういう中で、Rayflowerはどんなライブを見せてくれるか? そんなことを思いつつ、ツアーファイナルを飾った東京キネマ倶楽部へと向かった。

場内にサイバーかつ重厚なオープニングSEが流れ、メンバー達がステージに姿を現した。客席から熱い歓声と拍手が沸き起こる中、都が奏でる清澄なピアノの音色が響き、ライブはRayflowerのデビューシングル「裏切りのない世界まで」から始まった。いきなりライブであまり演奏しないナンバーという幕開けに、“そうきたか!”と思ったが、レアな楽曲をいい形で聴かせる辺りはさすがにRayflower。抑揚を効かせた田澤の歌声と勢いと安定感を併せ持った良質なサウンドにオーディエンスも熱いリアクションを見せ、ライブは上々の滑り出しとなった。

その後はシャッフルチューンの「彩戯心」や翳りを帯びた歌中と明るいサビ・パートのコントラストを活かした「U-TOPIA」、心地好く疾走する「ときに成功は失敗のもと」などを相次いでプレイ。強い存在感を発する5人が一体になってRayflowerの世界を創りあげていくステージは観ごたえがあるし、起伏に富んだ楽曲をクリアに聴かせる演奏力の高さは実に見事。1曲ごとにテンションを上げていく構成も決まって、場内のボルテージはどんどん高まっていった。

セカンド・ブロックでは、「Rayflowerの根本であると同時に、一環してある世界観を感じてもらえるセクションだと思います」という田澤の言葉と共に、切迫感を纏った「イニシエ」や楽器陣のソロ廻しをフィーチュアした「真実の森の中で」、ラグジュアリーな味わいの「罪に罰、黒と白」などが演奏された。翳りを帯びた世界観やメンバーのテクニックを押し出したアプローチなどは最近のRayflowerではやや影を潜めているため、今回のツアーでそれをじっくりと味わえたのはファンにとって大きなポイントだったと思う。場内をビッシリと埋めたオーディエンスが“聴く姿勢”になって、Rayflowerが創出する深みのある世界に浸っている様子が印象的だった。

中盤では、異国情緒が香る「S.O.S~沈黙のスカーレット~」やスケールの大きな抒情性を放つ「Words Of The Wise Man~時の贈り物~」、華やかかつアッパーな「It’s a beautiful day」などを披露。1曲ごとに表情を変えるステージは観飽きることがないし、幅広さを見せつつ全てが良質ということには圧倒されずにいられない。冒頭にも書いたように、持ち曲全部を聴かせるショート・ツアーは知らない曲の連続になってしまい、オーディエンスのフラストレーションが募り、盛りあがりに欠けるライブになってしまう危険性がある。今回のライブに来場したファンの中には馴染みの薄い曲が多いという人もいたかもしれないが、場内はライブを通していいムードで賑わっていた。このことからは、Rayflowerが生み出す楽曲の質の高さを、あらためて感じることができた。

その後は、Rayflowerのライブの恒例になっているメンバー全員でのMCコーナーに突入。「ゴメン、いきなり飛んだ。ここ、どこだっけ?」という天然ぶりを見せつつ「今回は全曲披露ということで全公演違うセットリストになって、毎回が初日であり、ファイナルのようなツアーでした」と語ったIKUOを始め、ツアーをまわるRayflowerを船になぞらえて、「Rayflowerという船がさらに先に進むために、現在の状態を点検するのが今回のツアーだったと思う。で、今日のライブが終わったら、次に向かう準備が整ったことを感じられるんじゃないかな」という哲学的な話を聞かせたSakura。ツアーに全く関係のない“初めて警官に職務質問をされてワクワクした”というエピソードを披露した後、「Rayflowerの曲のバリエーションの豊富さと、我々の表現力の豊かさを(笑)、あらためて感じたツアーでした」と語ったYUKI。「無事ファイナルを迎えることができて、本当に感謝しています。ありがとうございます。来年の10周年に向けて、ここからまたどんどん走っていくので、よろしくお願いします」というリーダーらしい言葉でMCコーナーを締め括った都。メンバーそれぞれの人柄が伝わってくる等身大のMCに、客席は大いに湧いていた。

そんなMCコーナーを経て、ライブ終盤ではアップテンポの「Make A Judgement」を皮切りに、ヘヴィ&キャッチーな「Runaway Brain」、都とYUKI、IKUOがサブステージに登ってホットなソロ・バトルを展開した「サバイヴノススメ」、田澤とIKUOのツインボーカルを配したアッパーな「Soul survivor」などを畳み掛けるようにプレイ。メンバー全員が織りなすフィジカルなパフォーマンスと爽快感に溢れたサウンドにオーディエンスのボルテージがさらに高まり、東京キネマ倶楽部の場内はツアー・ファイナルにふさわしい盛大な盛りあがりとなった。

これまでにリリースしてきた全曲を網羅するショート・ツアーを行って、ポテンシャルの高さを見せつけたRayflower。多彩な楽曲や起伏に富んだ構成、ハイレベルなプレイなど見どころは多くて、彼らが“鉄板曲”に頼ったライブをするバンドではないことを再確認できた。と同時に、今回のツアーを通してメンバー達がRayflowerを見つめ直すことで、より突き詰めるべき部分や、新たにプラスしたい要素などに気づいたことは想像に難くない。大きな意味を持ったツアーを経てRayflowerがさらに幅を広げ、深度を深めることは確実といえるだけに、今後の彼らの展開にも大いに注目していきたい。

撮影:松崎浩之/取材:村上孝之

【セットリスト】

01.裏切りのない世界まで

02.彩戯心

03.U-TOPIA

04.ときに成功は失敗のもと

05.Prisoner of evolution

06.イニシエ

07.真実の森の中で

08.罪に罰、黒と白

09.哀しみのリフレイン

10.S.O.S~沈黙のスカーレット~

11.Words Of The Wise Man ~時の贈り物~

12.It’s a beautiful day

13.Make A Judgment

14.Runaway Brain

15.サバイヴノススメ

16.ユースフルハイ

17.Soul survivor

18.Bloom Moment

<ENCORE>

1. Dance naked, Under the moonlight

2. Shining GARDEN

【ライブ情報】

■『Rayflower TOUR 2019』(タイトル未定)

09月14日(土) 東京・EX THEATER ROPPONGI(※)

09月24日(火) 宮城・仙台 darwin

09月26日(木) 北海道・札幌 cube garden

10月08日(火) 神奈川・新横浜 NEW SIDE BEACH!!

10月11日(金) 福岡・DRUM Be-1

10月12日(土) 広島・SECOND CRUTCH

10月14日(月・祝) 愛知・名古屋 E.L.L

10月15日(火) 静岡・LiveHouse 浜松窓枠

10月20日(日) 長野・CLUB JUNK BOX

10月22日(火・祝) 石川・金沢 AZ

10月23日(水) 群馬・高崎 club FLEEZ(※)

10月29日(火) 埼玉・HEAVEN’S ROCKさいたま新都心 VJ-3(※)

11月02日(土) 兵庫・神戸 VARIT.

11月04日(月・祝) 京都・KYOTO MUSE

11月05日(火) 奈良・NEVER LAND

11月09日(土) 島根・LIVE HOUSE 松江 AZTiC canova

11月10日(日) 滋賀・U☆STONE

11月14日(木) 茨城・水戸ライトハウス(※)

11月15日(金) 福島・郡山#9

11月23日(土・祝) 岡山・YEBISU YA PRO

11月24日(日) 香川・高松DIME

11月26日(火) 大阪・梅田CLUB QUATTRO

(※)チケット情報ページ:http://bit.ly/2Z5R8fd

◎Rayflower Official Site チケット先行予約

<対象>9月24日(火)仙台公演~10月29日(火)埼玉公演

受付期間:6月4日(火)15:00〜6月10日(月)23:59

<対象>11月02日(土)神戸公演~11月26日(火)大阪公演

受付期間:7月12日(金)15:00~7月21日(日)23:59

◎一般発売日

9月14日(土)東京公演~10月29日(火)埼玉公演:6月30日(日)

11月02日(土)兵庫公演〜11月26日(火)大阪公演:8月04日(日)

■ZIGZO『ZIGZO 20TH ANNIVERSARY TOUR 2019』

6月21日(金) 埼玉・浦和Narciss

9月01日(日) 東京・恵比寿LIQUIDROOM

11月30日(土) 群馬・高崎club FLEEZ

12月01日(日) 茨城・水戸LIGHT HOUSE

チケット情報ページ:http://bit.ly/2KrxYw7

■Sakura『Sakura 50th Birthday Anniversary “暗黒秋櫻”~全櫻澤公演 2019~』

11月20日(水) 東京・新宿 ReNY

出演:gibkiy gibkiy gibkiy / Rayflower / THE MADCAP LAUGHS / ZIGZO

チケット情報ページ:http://bit.ly/2KrvbDf


音楽ニュースMUSIC NEWS

ドレイク、【第63回グラミー賞】から除外されたザ・ウィークエンドを擁護

洋楽2020年11月27日

 2021年に開催される【第63回グラミー賞】のノミネーションが発表されたが、今年リリースしたアルバムやシングルが全米No.1を獲得し、大ヒットしたにもかかわらず、ザ・ウィークエンドが候補者リストから外れたことが波紋を呼んでいる。  ザ・ウ … 続きを読む

ガガ/ジャスティン/カーディなど、サンクスギビング・デーに感謝のメッセージを投稿

洋楽2020年11月27日

 米国のサンクスギビング・デー(感謝祭)にあたる2020年11月26日に、レディー・ガガやジャスティン・ビーバーをはじめとする多くのアーティストがSNSに感謝のメッセージを投稿した。  ガガは、「つらい1年を過ごしたあらゆる人のために、この … 続きを読む

LOVE PSYCHEDELICO、デビューアルバム完全再現ライブの配信が決定

ジャパニーズロック2020年11月27日

デビュー20 周年を迎えたLOVE PSYCHEDELICOが、10 ⽉8⽇(⽊)にTOHOシネマズ⽴川⽴⾶で開催した、デビューアルバム『THE GREATEST HITS』の完全再現ライブ『LIVE THE GREATEST HITS 2 … 続きを読む

リトグリxペンタトニックス、コロナ禍で制作されたコラボ曲のMVが解禁

洋楽2020年11月27日

 2014年の初来日イベント時に共演を果たしたことから始まり、6年もの時を経てついに実現した世界的アカペラ・グループ、ペンタトニックスと日本を代表する女性ボーカル・グループ、Little Glee Monster(通称リトグリ)による夢のコ … 続きを読む

【先ヨミ】=LOVE『青春“サブリミナル”』が90,997枚を売り上げシングル1位走行中

J-POP2020年11月27日

 今週のCDシングル売上レポートから2020年11月23日~11月25日の集計が明らかとなり、=LOVE『青春“サブリミナル”』が90,997枚を売り上げ、現在首位に立っている。  『青春“サブリミナル”』は、自己最高の初週セールスを記録し … 続きを読む

page top