Nulbarich、追加公演となった東京ドームシティホールのレポートが到着

2019年5月10日 / 01:02

 Nulbarichが、本日5月9日に東京・TOKYO DOME CITY HALLにて、ツアーNulbarich ONE MANTOUR 2019 -Blank Envelope-の追加公演を開催した。

 Nulbarichにとって過去最大規模となった本ツアーは、8都市10公演がすべてソールドアウトという盛況の中、実施された。楽曲、演奏、歌、すべてがハイレベルな変化を遂げながら、いつも以上にリラックスしたムードで魅せる素晴らしいライヴだった。トラップを取り込むなど、より自由な音楽的進化を果たした『BlankEnvelope』。そのアルバムを引っ提げてのツアーで見せたのは、彼らがライヴバンドとしても大きな飛躍を遂げている姿である。昨年武道館ワンマンも成功させた彼らには、実力と実績に裏付けられた自信が漲っている。最初のMCで放った「バカにしているけどノックアウトされて帰るの君たちだからね!」という宣言通り、この日集まった3000人のオーディエンスは、皆Nulbarichが生み出す極上の21曲に酔いしれた。

 静かに幕が開き、JQの美声が響き渡り始まった「NEW ERA」。ツアーと概ね同じセットリストで臨みながらも、この曲だけが冒頭へと入れ替わっていたのは、ここから新たなステージへと踏み出して行こうという意思の表れだったのかもしれない。中盤にはアグレッシヴな間奏が差し込まれるなど、楽曲そのものも原曲からは変貌を遂げ、その後のセットリストでもほぼすべての曲で真新しいアレンジを聴かせていく。「Silent Wonderland」ではJQがギターをプレイし驚かせるなど、12月1日にはさいたまスーパーアリーナでのワンマン公演を行うことを発表した彼らは、楽曲に新しい息吹を吹き込むステージングでNulbarichとしての「新境地」を聴かせていく。

 一聴して明らかだったのが、バンドとしての結束が強く感じられたこと。それがこのツアー最大の意義だろう。ステージに立つ演者同士の距離が近く、アンサンブルの一体感はこれまでのライヴと比べても別物。特に本ツアーではギターとピアノの上音が主役をこなすなど、ずっと追いかけてきているファンからしても新鮮なプレイが続いていく。終始鍵盤がアンサンブルを牽引しながら、「Focus On Me」を初めとし、多くの楽曲で見られたギターソロが幾度となく歓声を呼んでいく。EDM以降のポップ・アンセムと言える「Kiss You Back」でもロックバンド然とした演奏が加わり、続く「Sweet and Sour」で聴かせたピアノソロとコーラスは間違いなく前半のハイライトだ。1曲の中でも大きな緩急を見せるパフォーマンスで、前半からライヴバンドとしての覚醒を見せつけた。初めて導入されたレーザーなど、ショーアップされた空間演出も彼らの魅力を最大限まで引き出し、聴覚的にも視覚的にもオーディエンスを飽きさせないステージングが頼もしい。

 彼らのライヴではお馴染みの「On and On」で会場を大きく揺らすと、メロウな「Handcuffed」で酔わせ、この日の千両役者たるピアノソロを挟んで「All to Myself」へ。「悲しいこと、楽しいこと、色々あるからライフ・イズ・楽しい」というMCは、いかにもJQらしい背中の押し方だ。そして「BlankEnvelope(INTRO)」で迎えた後半では、強烈なラストスパートが訪れる。縦のリズムとファルセット・ヴォイスで会場を飲み込む「In Your Pocket」を響かせ、「すべり込みでこける大人にはなりたくない。マイペースに進んでいく」と言い放ち「Almost There」へ。シームレスに繋がりながら、極上のジャムセッションを聴かせた「Zero Gravity」、「Supersonic」は今の彼らでしかできない素晴らしい2曲である。JQから「指何本ある?」と言われたほどのピアノプレイで、予告通り「ノックアウト」された者は多いはずだ。

 深い感謝の念と共に、「描いていなかった舞台に立っている。これからも僕らは止まらない。走り続ける」と告げて、新作に収録されたアンセム・ソング「Stop Us Dreaming」へ。再びギターを弾き倒しながら、「僕達の歩みは誰にも止められない」という合唱と共に大団円。会場中がひとつになるこの曲達を携え、彼らは12月のたまアリ公演へと駆け抜けていく。アンコールが行われなかった会場では、鳴りやむことのない拍手と歓声が響き渡った。Text:黒田 隆太朗

◎ツアー情報【Nulbarich ONE MAN TOUR 2019- Blank Envelope-】
2019年3月31日(日) 宮城・仙台PIT 
2019年4月7日(日) 北海道・Zepp Sapporo
2019年4月10日(水) 大阪・Zepp Osaka Bayside 
2019年4 月13日(土) 広島・BLUE LIVE 広島
2019年4月17日(水) 愛知・Zepp Nagoya
2019年2019年4月19日(金) 福岡・Zepp Fukuoka
2019年4月20日(土)香川・festhalle 
2019年4月24日(水)・25日(木)東京・Zepp Toky 
2019年5月9日(木) 東京・TOKYO DOME CITY HALL ※追加公演


音楽ニュースMUSIC NEWS

BUCK-TICK、年末恒例の日本武道館公演開催決定

J-POP2020年11月28日

 BUCK-TICKが、日本武道館公演を12月29日に開催することが決定した。  BUCK-TICKが12月29日に行う日本武道館公演は、2001年に行われた【THE DAY IN QUESTION】からスタートして以来毎年恒例となり、実に … 続きを読む

Ms.OOJA、最新ツアーより「真夜中のドア/Stay With me」「難破船」ライブ映像公開

J-POP2020年11月28日

 Ms.OOJAが、カバーアルバム『流しのOOJA~VINTAGE SONG COVERS~』収録の「真夜中のドア/Stay With Me」と「難破船」のライブ映像を公開した。https://youtu.be/nVXf3c4u4z8 ht … 続きを読む

吉澤嘉代子の音楽=老若男女の子供たちの心の拠り所――メジャーデビューから5年間の集大成『新・魔女図鑑』全18曲の物語

J-POP2020年11月28日

 11月25日にビクターエンタテインメント移籍第一弾シングル『サービスエリア』をリリースした吉澤嘉代子。新天地での活動をスタートさせたのだが、それと同日に日本クラウン在籍時代5年間の集大成コンピレーションアルバム『新・魔女図鑑』が発売された … 続きを読む

オカモトショウ(OKAMOTO'S)、ソロ第3弾で再びPecori(ODD Foot Works)と共作

J-POP2020年11月28日

 オカモトショウ(OKAMOTO’S)が、第3弾ソロ配信シングル「GHOSTS feat. Pecori」を、2020年12月2日にリリースする。  今作は、ソロ楽曲第1弾で初の共作を行ったODD Foot WorksのPeco … 続きを読む

是枝裕和監督と米津玄師の対談がYouTubeにてプレミア公開

J-POP2020年11月28日

 是枝裕和監督と米津玄師の対談フル映像がYouTubeにてプレミア公開された。 https://youtu.be/f0Z4hiPhlz4  米津の最新アルバム『STRAY SHEEP」収録曲の「カナリヤ」ミュージックビデオの監督を務めた是枝 … 続きを読む

page top