【深ヨミ】ジャニーズWEST『アメノチハレ』男性アイドルグループの地域別販売動向を探る

2019年5月5日 / 14:00

 5月6日付のBillboard JAPAN週間“Top Singles Sales”で、ジャニーズWESTのシングル『アメノチハレ』が1165,559枚を売り上げ首位を獲得した。(集計期間2019年4月22日~2019年4月28日)。

 『アメノチハレ』は、前作『ホメチギリスト/傷だらけの愛』から約3か月ぶりのシングルで、販売初週のみで前作の4月28日までの累計販売枚数158,696枚を超えるヒットとなっている。

 今回はSoundScan Japanのセールスデータを使用し、どのような地域別販売動向を示しているのか、今年発売された他の男性アイドルグループと比較し検証してみる。

 ジャニーズWESTのシングル『アメノチハレ』と比較する作品については、2019年以降発売された男性アイドルグループのシングルCDのうち、累計で5万枚以上を売上げている下記のタイトルを抽出した。また2019年に販売された全シングルの平均も比較項目として使用している。

◎2019年男性アイドルグループシングル販売枚数(集計期間2018年12月31日~2019年4月28日)
『君を待ってる』King & Prince (429,797枚) 2019/4/3発売
『君を大好きだ』Kis-My-Ft2 (334,265枚) 2019/2/6発売
『crystal』関ジャニ∞ (241,662枚) 2019/3/6発売
『アメノチハレ』ジャニーズWEST (165,559枚) 2019/4/24発売
『ホメチギリスト/傷だらけの愛』ジャニーズWEST (158,696枚) 2019/1/30発売
『有超天シューター』祭nine. (104,932枚) 2019/3/20発売
『Super Powers/Right Now』V6 (100,707枚) 2019/1/16発売
『Black Sugar』A.B.C-Z (52,075枚) 2019/3/27発売

 まずこれらのタイトルの地域別の販売シェアをグラフ化したのが図1(http://www.billboard-japan.com/d_news/image/75269/2)である。ここから見て取れる事は、『アメノチハレ』の地域別の販売比率は前作『ホメチギリスト/傷だらけの愛』とほぼ同じ比率になっている。そして関西ジャニーズJr.出身者で構成されるグループとしては先輩の関ジャニ∞『crystal』も似た販売比率となっており、他の男性アイドルグループのシングルと比較すると、やはり西日本(特に近畿・四国)に比重のかかった販売比率になっている。また北海道でも両グループの地域別シェアは高く、上記タイトルの中で最も高い比率を示しているのが関ジャニ∞『crystal』で、次点がジャニーズWEST『アメノチハレ』である。また、東北では上記タイトル中、ジャニーズWEST『アメノチハレ』が最も高い比率を示し、前作から販売比率に大きな違いがない事からも、ジャニーズWESTは近畿のみでなく、北海道・東北でも安定した人気を得ていると言えるだろう。

 他のグループに目を向けるとV6『Super Powers/Right Now』は、全シングルの平均に近い販売比率を示しており、King & Prince『君を待ってる』、Kis-My-Ft2『君を大好きだ』も全国満遍なくカバーしつつ、King & Princeは東北・甲信越・北陸・九州で、Kis-My-Ft2は甲信越・中国・九州で高い比率を示している。一方A.B.C-Z『Black Sugar』は関東での販売が71.5%を占め、祭nine.『有超天シューター』は関東と中部で83.7%と、ターゲットを絞った極端な販売比率となっている。

 ここで、近畿エリアの府県に注目し、上記タイトルの府県別の販売比率をグラフ化したのが図2(http://www.billboard-japan.com/d_news/image/75269/3)である。やはり関ジャニ∞『crystal』の近畿エリアの全府県での比率の高さが目を引くが、それに次いでジャニーズWESTの2作品は各府県で高い比率示している。また、前作『ホメチギリスト/傷だらけの愛』と比較すると、『アメノチハレ』はメンバーの出身地域である大阪・兵庫を中心として伸びているのが見て取れる、更に冒頭でも述べたように実数ベースでも『アメノチハレ』は『ホメチギリスト/傷だらけの愛』を超える販売をしているので、地元を中心としたファンの増加がセールス増の一因となっていると言えるだろう。

 今年の初めに嵐が活動休止を発表し、今後競争が激しくなると予想される男性アイドルグループの中で、3か月という短いスパンで新作を発表し、前作を超える結果を残したジャニーズWESTの今後の活躍にも期待したい。


音楽ニュースMUSIC NEWS

内田雄馬、新曲「DNA」MVでプロダンスチームKOSÉ 8ROCKSとのコラボが実現

ニュース2021年9月18日

声優・アーティストの内田雄馬が、9月22日(水)にリリースする2ndアルバム『Equal』より、プロダンスチーム・KOSÉ 8ROCKS(コーセーエイトロックス)とコラボした「DNA」のMVを公開した。 9月18日(土)に行われた『Mixa … 続きを読む

KANA-BOON、1年振りのシングル「Re:Pray」リリースが決定

ジャパニーズロック2021年9月18日

KANA-BOONが、10月27日(水)にニューシングル「Re:Pray」をリリースすることを発表した。 10月30日(木)から開催となる約3年振りの全国ワンマンツアー『KANA-BOON Re:PLAY TOUR 2021-2022』に先 … 続きを読む

May’n、 TVアニメ作品Wタイアップのシングルリリースを発表

アニメ2021年9月18日

May’nのDigitalDoubleレーベル移籍後初のシングル「オレンジ」が11月24日(水)に発売されることが決定し、新アーティスト写真、ジャケット写真、リリースイベント含めた詳細情報が一挙解禁された。 本作は、2021年10月クールT … 続きを読む

GLAY、アルバム『FREEDOM ONLY』よりリード曲「祝祭」を先行配信

ジャパニーズロック2021年9月18日

10月6日(水)にリリースされるGLAYの16thアルバム『FREEDOM ONLY』より、先行配信第五弾として9月24日(金)に「祝祭」の配信リリースが決定した。 『FREEDOM ONLY』のリード曲となる本曲は、TAKUROが今の時代 … 続きを読む

MASH、デビュー15周年に合わせて活動再開

ニュース2021年9月18日

2020年2月から無期限の活動休止を発表していた名古屋出身のシンガー・MASHが、デビュー15周年を迎える2021年11月に合わせて活動再開を発表した。 活動再開に向けて新しいアーティスト写真とアコースティックツアーの開催も発表。アコーステ … 続きを読む

amazon

page top