NAMBA69表紙で『メロディック・パンク・ジャパン』第3号が4月26日に発売

2019年4月15日 / 19:30

『メロディック・パンク・ジャパン 03』 (okmusic UP's)

国内唯一のパンク専門誌『Bollocks』のスピンオフとして、メロディック・パンクの今を凝縮した『メロディック・パンク・ジャパン』の第3号が4月26日に発売される。

表紙を飾るのは、5月15日に新作『CHANGES』のリリースを控えているNAMBA69。28ページにおよぶ巻頭特集として、これまでのバンド・ヒストリーを振り返りながら、バンド内に起こった意識革命や新作についてのインタビューだけでなく、フロントマンNAMBAのパーソナルを探るソロ・インタビュー、ko-heyとK5とSAMBUのバンドへの想いを探るインタビューも実施。

そして、第2特集として、結成20年目にしてさらなる高みを予感させるdustboxも25ページ+バックカバーで登場。バンドの今と各方面から最高傑作との呼び声高い新作『The Awakening』に迫るインタビューとSUGA・JOJI・YU-KIのソロ・インタビューも掲載! その他にも、EGG BRAIN、HEY-SMITH、DRADNATS、FOUR GET ME A NOTS、POT、KUZIRAといったメロディック・パンク・シーンおいて欠かせないバンドのインタビューが満載だ。

さらに、結成20周年を迎えたHOTSQUALLと結成20周年を迎えるTOTALFATによる盟友同士、第2号でも好評を博したメロディック・ガールズ・トークの第2弾として圧倒的なソングライティングで高い評価を受けるSpecialThanksのMIsaki、渋谷CLUB QUATTROでのワンマン公演も大成功させたガールズ・バンドsuga/esのヴォーカルであり、インフルエンサーとしても注目される佐藤ノアによる対談も掲載。

また、今年6年目を迎えたパンク・ロック/ラウド・ロック/ハードコアの祭典SATANIC CARNIVALについて、同イベントのプロデューサーであるI.S.O氏に手応えと今後の展開を訊く特集、シーンに造詣が深い音楽ライターによるシーン・ガイドやバンド自身に印象深いライヴを挙げてもらうアンケート企画も実際するなど、1冊丸ごとメロディック・パンクを語りつくした盛り沢山の内容となっている。
『メロディック・パンク・ジャパン 03』
2019年4月26日 発売

B5判/ 144 ページ( うちカラー32 ページ) /¥1,300+税

<CONTENTS>

■NAMBA69 [ 表紙+28P 大特集]

訪れた大いなる意識革命と今

バンド・インタビュー:ネクストレベルに到達したNAMBA69 が今、覚醒する!

NAMBA ソロ・インタビュー/ ko-hey、K5、SAMBU インタビュー

■dustbox [ バックカバー+25P でフィーチャー]

期待しかない! 結成20 周年を迎えてなお、dustbox がさらなる高みを予感させる理由

SUGA / JOJI / YU-KI 各ソロ・インタビュー

バンド・インタビュー:最高傑作を更新したdustbox が語る20 年目の覚醒と解放

■バンド・インタビュー [ シーン最前線からの声]

EGG BRAIN / HEY-SMITH / DRADNATS / FOUR GET ME A NOTS / POT / KUZIRA

■特集企画

・『語れ!熱いなら。盟友同士が語り合う これまでとこれから』

HOTSQUALL × TOTALFAT

・『メロディック・ガールズ・トーク ~華やかな女子バンドマンが抱く理想のバンドの在り方』

Misaki(SpecialThanks)× 佐藤ノア(suga/es)

・『6 Angles of Melodic Punk』

長年、メロディック・パンクを聴いてきたライターがシーンを切り取る

・『SATANIC CARNIVAL 特集』

プロデューサーI.S.O 氏に聞く、6 年目を迎えた手応えと今後の展望

・『 アンケート企画』

Our Most Memorable Live Show /これまででいちばん心に残っているライヴを教えてください

OVER ARM THROW / UNLIMITS / ENTH / LONGMAN / Mrs.WiENER


音楽ニュースMUSIC NEWS

King & Prince永瀬廉、映画『うち執』完成披露試写会に登壇 「これが初主演作で心から良かった」

J-POP2019年4月18日

 2019年5月17日より公開の映画『うちの執事が言うことには』の完成披露試写会が4月18日に都内で行われ、永瀬廉(King & Prince)、清原翔、神宮寺勇太(King & Prince)、優希美青、神尾楓珠、矢柴俊博、村上淳、吹越満 … 続きを読む

ロード、サイモン&ガーファンクルの名曲を地元のチャリティ・ライブでカヴァー

洋楽2019年4月18日

 先月、ニュージーランドのクライストチャーチで起こったモスク銃乱射事件の被害者を支援するために行われたチャリティ・コンサート【You Are Us/Aroha Nui】で、ロードがサイモン&ガーファンクルによる米No.1ヒット「サウンド・オ … 続きを読む

AAAMYYYが北九州の名所を巡る、「愛のため」MV公開

J-POP2019年4月18日

 AAAMYYYの楽曲「愛のため」のMVが、分散型動画メディア「lute/ルーテ」のYouTubeチャンネルで公開された。  「愛のため」は2月6日にリリースされた1stフルアルバム『BODY』の収録曲。MVの制作は北九州市と、北九州市で活 … 続きを読む

シアラ、自身のレーベルよりニューアルバム『ビューティー・マークス』リリースへ

洋楽2019年4月18日

グラミー賞受賞シンガー、シアラが自身で設立したレーベル“Beauty Marks Entertainment”より、7枚目となるニューアルバム『ビューティー・マークス』を6月5日にリリースする。  国内盤ボーナス・トラックには、SNSで注目 … 続きを読む

<コラム>コリーヌ・ベイリー・レイ来日記念特集~「心の歌」で多くの人を魅了し続ける理由-彼女の「痛み」と「喪失」

洋楽2019年4月18日

 筆者が彼女のライブを初めて観たのは、2011年3月8日の渋谷AXでの公演だ。2008年に死去した夫、ジェイソン・レイに捧げた2ndアルバム『The Sea』と、自身の音楽的なルーツに立ち返り「愛」をテーマに選曲したEP『The Love … 続きを読む

page top