キリト(Angelo)、生き様を映したソロ公演終幕&夏のソロツアー決定

2019年4月7日 / 15:00

4月6日@東京国際フォーラム ホールC (okmusic UP's)

昨年、約10年振りにソロ活動をスタートさせたAngeloのヴォーカリスト・キリトが4月6日、東京国際フォーラム ホールCにて『KIRITO Acoustic live 19’「His sight」』を行った。

「またやりますから、待っていてください」と告げた、昨夏開催のバンド形態でのツアー以来約7ヵ月振りとなったソロ公演。昨年1月、3月に行ったアコースティック公演同様、TORUxxx、ギル(Angelo)のギタリスト二人、西脇辰弥(ピアノ)、弦楽カルテットという編成で臨んだステージは、8月に配信リリースしたソロ名義での最新曲の一つ「METHOD」で幕を開け、様々な場面を経ながらラストナンバー「TEAR」に至るまで、アンコールを含め全19曲が披露された。ソロ、PIERROT、Angelo、名義を問わず、これまでにキリトが歌ってきた全楽曲の中からセットリストを組み立てるのが彼のアコースティックライブのスタイルだが、キリト自身からも「どの名義の曲が並んでも違和感がないのは、歌っている人間が一緒ということだけではなく、思いが全くブレずにいたからだと思います」とあった通り、終始その事実を強く感じさせられるステージとなった。

様々な時代に生み出された楽曲たちから、キリトの変わることのない思いを感じ取ることができたこの日、MCで語られた数々の言葉も印象深いものだった。その一部分を記したい。「幼い頃に見た景色。絶望を感じても、立ち止まらずに進もうと思った。ただひたすら未来を信じた。そんな思いを伝えたい(「胎動」)」、「絶望の中、思いきりダークでネガティブな曲を歌ってやろうと、そういう言葉を散りばめたけど、結果的に求めているのは光だったんだなと。そんな前に進む気持ちがいっぱいの曲(「逆光」)」、「絶望の中にいる時に、立ち上がろうと自分に約束した曲です(「EXIT」)」――。立ち止まらずに進み続ければ、道は開ける。身をもってそれを証明してきたのがキリトという人物だ。彼の音楽人生を網羅したステージは、同時に“キリト”という一人の人間の生き様を映し出す一夜となった。そして、彼が何気なく口にした「前だけを向いてやってきたという部分は、何も変わってないなと。今はAngeloというバンドがあるから、安心していろんな形でソロができる。それが昔と違うところかな」という言葉からは、バンドのヴォーカリストとして生き、バンドありきのソロ活動だということ、何より、キリトにとってのAngeloという存在の大きさを再確認することができた。

なお、この日の模様を収めたBlu-rayのリリース、さらに、夏のソロツアー『KIRITO Club circuit 19’「DERIVED」』開催が決定した。また、Angeloとしては4月24日にLIVE DVD&Blu-ray『Angelo Tour 2018-2019「WAVY EFFECT OF RESONANCE」』をリリース、4月30日のTSUTAYA O-EASTを皮切りに『Angelo Tour 2019「THE REACTED WORLD」』がスタートする。変わることのない意志のもと全速力で進み続けるAngelo、キリトの動向から目を離さないでいたい。

【セットリスト】

1. METHOD

2. 拍動

3. Cherry trees

4. Suicide View

5. 毒薬

6. 砂丘

7. ホログラム

8. HILL-幻覚の雪-

9. 誰もいない丘

10. 胎動

11. MOTHER-Sceen II-

12. 再生の朝

13. 逆光

14. 光の記憶

15. PERIOD

16. EXIT

-Encore-

1. CRUELWORLD

2. BIRTHDAY

3. TEAR
【ライヴ情報】

『KIRITO Club circuit 19’「DERIVED」』

8月24日(土) 愛知・名古屋 Electric Lady Land

8月25日(日) 大阪・UMEDA CLUB QUATTRO

8月27日(火) 福岡・Drum Be-1

9月01日(日) 東京・TSUTAYA O-EAST

『Angelo Tour 2019「THE REACTED WORLD」』

4月30日(火) 東京・TSUTAYA O-EAST

5月01日(水) 東京・TSUTAYA O-EAST

5月05日(日) 神奈川・YOKOHAMA Bay Hall

5月06日(月) 神奈川・YOKOHAMA Bay Hall

5月11日(土) 神奈川・CLUB CITTA’川崎

5月14日(火) 東京・マイナビBLITZ赤坂

5月17日(金) 岡山・CRAZYMAMA KINGDOM

5月19日(日) 福岡・DRUM LOGO

5月25日(土) 北海道・札幌 PENNY LANE 24

6月03日(月) 宮城・仙台 Rensa

6月08日(土) 大阪・umeda TRAD

6月09日(日) 愛知・名古屋DIAMOND HALL

6月14日(金) 東京・EX THEATER ROPPONGI

『INTER PLAY MEMBERS PRESENTS ’19 「DOGMATIC PARTY -Metastasis-」』

7月26日(金) 東京・Zepp DiverCity Tokyo

7月27日(土) 東京・Zepp DiverCity Tokyo
Blu-ray『KIRITO Acoustic live 19’「His sight」』
2019年6月26日発売

KIXB-00002/¥8,500+税

※受注生産限定

※CDショップ等での取り扱いはありません、ご注意下さい 。

受付期間:4月6日(土)19:30~6月2日(日)23:59まで

詳細・申込:https://www.ffb.tokyo/kirito/
DVD & Blu-ray『Angelo Tour 2018-2019「WAVY EFFECT OF RESONANCE」』
2019年4月24日発売

【通常盤】(DVD)

IKCB-80026/¥6,800+税


音楽ニュースMUSIC NEWS

映画以上のヒットになるか?! RADWIMPSの勢いを検証【Chart insight of insight】

J-POP2019年8月18日

 この夏いちばんの話題作となった新海誠監督のアニメ映画『天気の子』。7月19日に公開され、観客動員数もダントツの1位を獲得。まさに大ヒット中であるが、音楽を担当したRADWIMPSも負けてはいない。映画公開日にリリースされたサウンドトラック … 続きを読む

【深ヨミ】BEYOOOOONDSとSTU48 ポイント構成比から見る違いとは?

J-POP2019年8月18日

 8月19日付のBillboard JAPAN Top Single Sales(集計期間2019年8月5日~2019年8月11日)で、BEYOOOOONDS『眼鏡の男の子/ニッポンノD・N・A!/Go Waist』が94,375枚を売り上 … 続きを読む

超特急、全国ツアー最終公演は逆境を逆手に取った一夜限りのスペシャルなステージに

ニュース2019年8月18日

超特急が8月17日に沖縄コンベンションセンター劇場棟にて全国ホールツアー『EUPHORIA~Breakthrough, The Six Brave Stars~』の最終公演を開催した。この沖縄公演をもって、結成当初からの悲願である47都道府 … 続きを読む

GLAY、10月2日にニューアルバム『NO DEMOCRACY』をリリース

ジャパニーズロック2019年8月17日

GLAYが8月17日(土)に埼玉県・メットライフドームで開催した『GLAY 25th Anniversary “LIVE DEMOCRACY”』初日公演の終演後、10月2日(水)にアルバム『NO DEMOCRACY』を発売するこ … 続きを読む

赤い公園、配信シングル「凛々爛々」MV公開

ジャパニーズロック2019年8月17日

赤い公園が8月21日(水)にリリースする配信シングル「凛々爛々」のMV(Short Ver.)を解禁した。「凛々爛々」は石野理子をボーカルに迎えた新体制初のシングルにふさわしい楽曲で、外から突き付けられる様々な解釈に流されず、凛と生きていく … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top