AKB48チーム8、それぞれの個性&実力を発揮した結成5周年記念特別公演

2019年4月4日 / 14:10

 AKB48チーム8の結成5周年記念特別公演が、2019年4月3日にAKB48劇場にて開催された。

 冒頭からチーム8の人気曲「挨拶から始めよう」「思春期のアドレナリン」「星空を君に」「生きることに熱狂を!」の4曲で会場を大いに盛り上げ、温まった空気の中、小栗有以が「今日で5周年を迎えることができました。ここまで支えてきてくださった皆さん、ありがとうございます!」とファンのへ感謝の気持ちを伝えた。

 ユニットコーナーでは、小栗有以をセンターに山田杏華と御供茉白での「天使のしっぽ」から始まり、新振り付けでの横山結衣、山田菜々美、中野郁海、下尾みうで「僕たちは戦わない」、公演プロデュースも好調な湯浅順司のギター演奏で、歌唱力に定評のある小田えりな、歌田初夏、立仙愛理での「言い訳 Maybe」、仲良しコンビの倉野尾成美と宮里莉羅での「君と僕の関係」、大人なセクシーさが増してきた佐藤栞、大西桃香、人見古都音での「ジッパー」など、連続で13曲を披露。歌、ダンス、キュート、セクシー、表現力とそれぞれの個性に実力が伴ってきた5年目のチーム8メンバーをたっぷり堪能できるレパートリーとなった。

 5年前、デビュー間もないメンバーたちの初めての試練でもあったネ申す合宿。2014年8月に行われた東京ドームでパフォーマンスするメンバーを決めるため行われた合宿で、見事勝ち抜いた当時の選抜メンバー12名で「10年桜」をパフォーマンス。後のMCでは、番組スタッフを見るたび「合宿!?」と怯えていたことや、小田えりなが「当時、私のファンの人は普通に口に割り箸を咥えてた」(合宿中割り箸を咥えて「いまよりもっと」を繰り返し練習していたことから)など当時の思い出話に花が咲いた。

 アンコール明けは、「蜂の巣ダンス」「夢へのルート」とアップテンポの楽曲でまたまた会場はヒートアップ。続いて最後の曲として、今年のリクエストアワーで悲願の1位を獲得したチーム8のテーマソングとも言える「47の素敵な街へ」を全力でパフォーマンス。岡部麟は「本日 4月3日はチーム8の5回目のお誕生日です!(きちんとしたコメントは)あの会場にとっておくとして、今日はカッコよくサラッと(締めましょう)。これからも頑張りますので応援よろしくお願いします!」と挨拶し、5周年記念公演は幕を閉じた。

(C)AKS

◎セットリスト
【チーム8結成5周年記念特別公演セットリスト】
0 overture –
1 挨拶から始めよう
2 思春期のアドレナリン
3 星空を君に
4 生きることに熱狂を!
5 天使のしっぽ
6 I’m sure.
7 奇跡は間に合わない
8 ハート型ウィルス
9 僕たちは戦わない
10 言い訳 Maybe
11 君だけに Chu ! Chu ! Chu !
12 誘惑のガーター
13 ペラペラペラオ
14 君と僕の関係
15 Faint
16 ジッパー
17 黒い天使
18 10年桜
19 制服の羽根
EN1 蜂の巣ダンス
EN2 夢へのルート
EN3 47の素敵な街へ


音楽ニュースMUSIC NEWS

Novelbright、初の東名阪クアトロにてワンマンツアーを開催

ジャパニーズロック2019年10月17日

Novelbrightが初の東名阪クアトロワンマンツアー『「EN. -アンピリオド-」RELEASE ONEMAN TOUR アンコール編』を開催することが発表された。 “アンコール編”と題した本ツアーは、現在開催中の5大都市ワンマンツアー … 続きを読む

浜田麻里、26年振りの武道館公演を完全映像化

ニュース2019年10月17日

浜田麻里が35周年記念ツアー『Mari Hamada The 35th Anniversary Tour“Gracia”』のツアーファイナルとして、2019年4月に行なった26年振りの日本武道館公演が、12月18日(水)にBlu-ray&D … 続きを読む

きゃりーぱみゅぱみゅ、7年ぶり【早稲田祭】出演決定

J-POP2019年10月17日

 きゃりーぱみゅぱみゅが、早稲田大学の学園祭【早稲田祭2019】に出演することが決定した。  11月2日に早稲田大学戸山キャンパスで行われる本企画は、記念会堂の建て替え後、昨年11月に完成した新たな早稲田のシンボル『早稲田アリーナ』での初の … 続きを読む

エルトン・ジョン、リメイク版 『ライオン・キング』に不満「音楽が台無しだった」

洋楽2019年10月17日

 ジョン・ファヴロー監督によるフルCGリメイク版 『ライオン・キング』が公開されてから数か月が経つが、観客による評価が割れている。幼少時代に見たアニメ作品がまるで実写のような映像に生まれ変わって帰ってきたことを素直に喜ぶ者もいれば、オリジナ … 続きを読む

<ライブレポート>“The King of R&B is Back!”ベイビーフェイス、来日ツアー初日公演レポートが到着

洋楽2019年10月17日

 The King of R&B is Back!80年代から90年代にかけて数多くのヒット曲を手がけ、プロデューサー/ソングライター/シンガーとして100曲以上の楽曲を全米ビルボード・チャートの10位以内に送り込むとともに11度の … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top