the pillows、熱狂のツアーファイナルのライブレポートが到着「オレたちの音楽に意味があったと感じることができたよ」

2019年3月23日 / 18:00

 the pillowsが、3月17日に東京・Zepp Tokyoにて【REBROADCAST TOUR】のファイナル公演を開催した。

 アンコールを終えて、山中さわお(vo、g)は言った。「今年、アニバーサリーだから言っておこう。オレたちの音楽に意味があったと感じることができたよ。ありがとう!」。まさにこの言葉に尽きるツアーだった。かけがえのない、素晴らしいファイナルだった。

 アルバム『REBROADCAST』がリリースされたのが2018年9月19日。1989年9月16日に結成されたthe pillowsがまさに30周年イヤーに突入する時期だ。2018年11月23日長野からスタートしたツアーは全27公演、2019年3月17日のZepp Tokyoでファイナルを迎えた。チケットは当日券も発売されない完全ソールドアウト。BUSTERS(=the pillowsファンの名称)のこのステージに賭ける熱気と想いは、場内に満ち溢れていた。

 オープニングの3曲で、オーバーヒートが心配になるほどの熱狂ぶりでthe pillowsの登場を出迎えるBUSTERS。最初のMCで「東京、久しぶりじゃないか! 来たな、ニンゲンドモ! 今夜オレたちは孤独じゃない、仲良くしよう!」と煽る山中。セットリストは『REBROADCAST』収録曲全てに加えて、アニメ「フリクリ」2作品に書き下ろされ、2018年7月に開催された7年ぶりのアメリカ・ツアーが全会場完売と絶大な人気で迎えられる起爆剤となった「Spiky Seeds」、「Star overhead」の2曲も披露された。30周年記念で制作される劇場用映画のタイトルにもなる「王様になれ」も演奏された。幸いこのツアー3回目の参戦だったが、曲順や曲もツアー前半、中盤のメニューとは異なる編成で楽しめた。真鍋吉明(g)、佐藤シンイチロウ(ds)、サポートの有江嘉典(b)のアンサンブルもツアーを重ねることで抜群のグルーヴを醸し出し、詰め掛けた観客の歓声と揺れを導き出していく。インスト曲「MARCH OF THE GOD」ではミラーボールが華やかに煌めき、自由と王国を手に入れた王様の孤独を描いた曲「プライベートキングダム」の終盤では山中の絶叫が胸を締め付ける。アルバムでも最後に収録の「Before going to bed」では、山中がギターを置きハンドマイクで、英語詞ながら出会ってきた人たちへの感謝を紡ぐパフォーマンス。“Thank you very much, I like you BUSTERS~!”とシャウトして本編を締めた。

 アンコールを始めるにあたり山中は「今日はライブ全てが終了したらアニバーサリー映画のライブシーンの撮影に突入するので、興味あるヤツは残ってくれよ!」とスペシャルな呼びかけ。続いて「『REBROADCAST』は、リアクションという意味ではとても強いアルバムだった。皆の望むthe pillowsはこういうサウンドを演って欲しいんだとか、山中さわおにはこういう歌詞の世界を歌って欲しいっていうのが一致したアルバムだったのかなって思った」と総括。「だがしかし!」。ここからが山中の真骨頂だ。「次もそういうアルバム作ったら皆が喜ぶだろうと、オレがやる訳ないだろう! オレは自分勝手にやっていくよ」と宣言。自分たちのやり方を貫いて辿り着いた地平に誇りを持っていることを示した。そして冒頭に紹介したMCに繋げたのだ。“意味がある”ことを確認し合えたツアー、たまらなく感動と充実感が会場内に満ちていた。10月17日開催の横浜アリーナ公演をはじめ、まだまだ続く30周年のお祝いを一緒に味わっていきたいと強く思った。最高だった。

Text:浅野保志(ぴあ)
Photo:岩佐 篤樹

◎公演情報
【REBROADCAST TOUR】
2019年3月17日(日)
東京・Zepp Tokyo
<セットリスト>
01. Rebroadcast
02. I think I can
03. Freebee Honey
04. Spiky Seeds
05. Binary Star
06. Skim Heaven
07. 王様になれ
08. ニンゲンドモ
09. ぼくのともだち
10. 箱庭のアクト
11. Starry fandango
12. 眩しい闇のメロディー
13. MARCH OF THE GOD
14. WALKIN’ON THE SPIBAL
15. プライベートキングダム
16. About A Rock’n’Roll Band
17. BOON BOON ROCK
18. No Surrendder
19. Before going to bed
EN.1
1. Bye Bye Me
2. Star overhead
EN.2
1. Locomotion, more!more!

◎公演情報
【the pillows 30th Anniversary Thank you, my highlight 05
LOSTMAN GO TO YOKOHAMA ARENA】
2019年10月17日(木)
神奈川・横浜アリーナ

◎公開情報
『the pillows 30th Anniversary Thank you, my highlight 04
「王様になれ』
2019年公開
主演:岡山天音
原案:山中さわお
監督・脚本:オクイシュージ


音楽ニュースMUSIC NEWS

King & Prince永瀬廉、映画『うち執』完成披露試写会に登壇 「これが初主演作で心から良かった」

J-POP2019年4月18日

 2019年5月17日より公開の映画『うちの執事が言うことには』の完成披露試写会が4月18日に都内で行われ、永瀬廉(King & Prince)、清原翔、神宮寺勇太(King & Prince)、優希美青、神尾楓珠、矢柴俊博、村上淳、吹越満 … 続きを読む

ロード、サイモン&ガーファンクルの名曲を地元のチャリティ・ライブでカヴァー

洋楽2019年4月18日

 先月、ニュージーランドのクライストチャーチで起こったモスク銃乱射事件の被害者を支援するために行われたチャリティ・コンサート【You Are Us/Aroha Nui】で、ロードがサイモン&ガーファンクルによる米No.1ヒット「サウンド・オ … 続きを読む

AAAMYYYが北九州の名所を巡る、「愛のため」MV公開

J-POP2019年4月18日

 AAAMYYYの楽曲「愛のため」のMVが、分散型動画メディア「lute/ルーテ」のYouTubeチャンネルで公開された。  「愛のため」は2月6日にリリースされた1stフルアルバム『BODY』の収録曲。MVの制作は北九州市と、北九州市で活 … 続きを読む

シアラ、自身のレーベルよりニューアルバム『ビューティー・マークス』リリースへ

洋楽2019年4月18日

グラミー賞受賞シンガー、シアラが自身で設立したレーベル“Beauty Marks Entertainment”より、7枚目となるニューアルバム『ビューティー・マークス』を6月5日にリリースする。  国内盤ボーナス・トラックには、SNSで注目 … 続きを読む

<コラム>コリーヌ・ベイリー・レイ来日記念特集~「心の歌」で多くの人を魅了し続ける理由-彼女の「痛み」と「喪失」

洋楽2019年4月18日

 筆者が彼女のライブを初めて観たのは、2011年3月8日の渋谷AXでの公演だ。2008年に死去した夫、ジェイソン・レイに捧げた2ndアルバム『The Sea』と、自身の音楽的なルーツに立ち返り「愛」をテーマに選曲したEP『The Love … 続きを読む

page top