衛藤美彩(乃木坂46)、卒業ソロコンサートが大盛況!サプライズ発表も!!

2019年3月20日 / 15:00

3月19日(火)@両国国技館 (okmusic UP's)

乃木坂46のメンバーである衛藤美彩が3月19日(火)、両国国技館にて卒業ソロコンサートを開催した。乃木坂46で興行としてソロでコンサートを行うのは衛藤が初となり、そんなグループ、そして衛藤美彩の挑戦に対し、会場はコンサートが始まる前から既に熱気が漂っていた。

衛藤美彩は乃木坂46の1期生で、選抜入り全15回と乃木坂46の人気フロントメンバーとしてグループを牽引し、ファンの間では“神握手”と言われるほど、握手会での人気はトップレベル。そんな衛藤の卒業ということで、新しい門出をお祝いしようと、8,000人動員の両国国技館には80,000通もの応募が殺到した。

コンサートはVTRと共にいつものOvertureから幕を開け、1曲目は「狼に口笛を」。乃木坂46の聞き慣れた楽曲もバンドセットでアレンジされており、観客も大興奮。衛藤本人が考えたというセットリストだが、ライブは最初から大盛り上がりで、「おいでシャンプー」「自惚れビーチ」等、乃木坂46のライブでは欠かせないライブナンバーで会場を盛り上げる。「せっかちなかたつむり」「シークレットグラフィティー」「思い出ファースト」等ユニット曲パートでも、ソロで歌うことで楽曲の新たな一面を見ることが出来た。

ライブの後半、真っ赤なドレスに衣装チェンジし衛藤が再登場。アコースティックギター1本をバックに「ひと夏の長さより・・・」、ピアノをバックに「今、話したい誰かがいる」とバラードナンバーをパフォーマンス。アイドルとは思えない表現力にオーディエンスもうっとりと見惚れる。

「シンクロニシティ」「サヨナラの意味」と乃木坂46の切ないナンバーを歌い上げると、「このドレスを着て今のブロックを歌ってようやく卒業の実感が湧いて来て、卒業を考えたのは去年からだったんですけど、様々な巡り合わせで両国国技館と言う神聖な場所でやらせて頂けることも奇跡だと思いますし、今日、皆さんは私だけを見に来てくれていて、ソロコンサートをすると言うのは夢の一つだったので、スタッフの皆さんや応援してくれている皆さんには感謝の気持ちしかありません」と、このコンサートに対する気持ちを語った。

衛藤と言えば選抜常連のイメージが強いが、実はアンダーメンバーからのスタート。「まさか7年前の自分が卒業ソロコンサートを出来るなんて思っていなかったですし、本気で何度も辞めようとと思いました。ただやっぱりファンの皆さんが握手会でたくさん支えてくれたから今の私がいると思っています。本当にありがとうと言いたいです! 選抜・アンダーと立ち位置が変わることは苦しいことではあるけど、ポジションが全てじゃないし、皆さんがいたから走り続けて来られて、誇りにも思っているし、そんな私の思いを、私が参加していない楽曲だけど聴いて下さい」と涙と共に様々な想いを込められて披露された「アンダー」は力強く神秘的だった。

そして、最後にまた感謝の気持ちを改めて伝えると「私のために 誰かのために」で本編は終了。ライブはアンコールに突入し、スペシャルゲストとしてキャプテンの桜井玲香と生田絵梨花が登場する。20thシングル「シンクロ二シティ」に収録されたこの3人でのユニット曲「雲になればいい」を披露し、会場のボルテージは加速度的に上がっていく。2曲目は「悲しみの忘れ方」。ここで1期生・2期生・3期生と順番にメンバーが登場すると、笑顔でアンコールを迎えた衛藤も喜びと安堵の涙を浮かべ、そのまま全員で「乃木坂の詩」を披露。

最後はメンバーとも一人ひとりお別れをし、アンコールラスト曲には更なるサプライズ発表があった。本日タイトル名が発表になった4月17日(水)にリリースされる4thアルバム『今が思い出になるまで』に、衛藤のソロ曲「もし君がいなければ」が収録されることが決定したのだ。突然の発表に会場は大歓声を送ると最後に同曲を歌い、感動的な終幕を迎えた。今後の乃木坂46の未来の光が見えるようなセットリストに涙するファンもいた。その興奮と感動は会場全体に響き続け、観客の大声援に答えるようにダブルアンコールで、「ロマンスのスタート」を歌い上げると、本当の本当にライブはフィナーレとなった。

また新たに乃木坂46の歴史が変わった今日。衛藤美彩がこのグループにもたらした輝きを、今日のコンサートを見た人は誰一人忘れることは無いだろう。

【セットリスト】

M0:Overture

M1:狼に口笛を

M2:おいでシャンプー

M3:自惚れビーチ

M4:せっかちなかたつむり

M5:シークレットグラフィティー

M6:思い出ファースト

M7:無口なライオン

M8:立ち直り中

M9:意外BREAK

M10:女は一人じゃ眠れない

M11:欲望のリインカーネーション

M12:ひと夏の長さより・・・(アコギのみ)

M13:今、話したい誰かがいる(ピアノのみ)

M14:シンクロニシティ

M15:サヨナラの意味

M16:アンダー

M17:私のために 誰かのために

<ENCORE1>

EN1:雲になればいい

EN2:悲しみの忘れ方

EN3:乃木坂の詩

EN4:もし君がいなければ(新曲)

<ENCORE2>

WEN:ロマンスのスタート


音楽ニュースMUSIC NEWS

リーガルリリー、1stアルバム収録曲「1997」配信&MV公開

J-POP2020年1月18日

 リーガルリリーが2月5日にリリースする1stアルバム『bedtime story』から、収録曲「1997」が配信開始され、併せてミュージック・ビデオが公開された。  「1997」は、メンバーのたかはしほのか(Vo/Gt)の生まれ年でもある … 続きを読む

阿部真央、アルバム『まだいけます』発売&デビュー11周年を記念したLINE LIVEを配信

ジャパニーズロック2020年1月17日

1月22日(水)に9枚目のオリジナルアルバム『まだいけます』をリリースする阿部真央。同作の発売日の前日であり、2009年1月21日にアルバム『ふりぃ』でデビューした彼女にとってデビュー11周年を迎える1月21日(火)に、アルバム発売&デビュ … 続きを読む

三月のパンタシア、ヨルシカn-buna迎えた新曲「煙」ティザー映像公開

J-POP2020年1月17日

 三月のパンタシアが新曲「煙」のティザー映像を公開した。  「煙」は、コンセプトに“音楽×小説×イラスト”を掲げ、三月のパンタシアが2018年8月にスタートさせた自主企画『ガールズブルー』の最新作『あの頃、飛べなかった天使は』の主題歌。作詞 … 続きを読む

coldrain、アルバム収録曲「SEE YOU」MV&『BLARE FEST.2020』タイテを発表

ジャパニーズロック2020年1月17日

coldrainが2019年8月にリリースしたアルバム『THE SIDE EFFECTS』から、「SEE YOU」のMV公開! 同作を引っ提げた『THE SIDE EFFECTS JAPAN TOUR 2019』のライブ映像を使用したMVと … 続きを読む

THEラブ人間、曽我部恵一らが登場する『下北沢にて’19』のアフタームービー公開

ジャパニーズロック2020年1月17日

2019年12月に開催し、総勢260組のアーティスト出演、10,000人以上の来場で大盛況の末に幕を閉じた『下北沢にて’19』。2019年は10周年を記念した2days公演となっており、当日の様子をまとめたアフタームービーが公開された。 ア … 続きを読む

page top